文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

こども風土記:柳田國男(206-236)/1016

東北ではこれも小さな木の枝の鉤で、それ故に主としてこれに用いられるしなの木などを、今も子どもはカギヒコノキと呼んでいる。

In Tohoku, these are also the hooks of small tree branches, and the child trees that are mainly used for this purpose are still called by children Kagi-Hinoki.

この遊びをする日が、特に正月の松の内となっているのは、由来の久しいことかと思う。

I suppose that the day of this play, especially in the New Year's pine, has been its origin for a long time.

他の地方に行くと春もたけてから、路傍の車前の茎を折曲げて引懸け引張り、または菫の花の馬の首のようになった部分を交叉して、むしろその首のたやすくもげて落ちるのを、笑い興ずるようになっているが、二つは最初から別々の遊戯であろうとも思われない。

In other parts of the country, after spring, the stalks in front of the roadside car were bent and pulled, or crossed the violet-shaped horse-like part of the horse. It is laughing to fall easily, but it is unlikely that the two will be separate games from the beginning.

すなわち、子どもの遊びには遠い大昔の、まだ人間が一般に子どもらしかった頃に、まじめにしていたことの痕跡があるのである。

In other words, there are traces of children's play in the distant past, when humans were still generally childish and serious.

念木・ねんがら

Nenki / Negara

 こういう話をしていると、自分の幼いころが際限もなく思い出される。

て い る Speaking like this, I remember my childhood endlessly.

秋の末に稲が刈り入れられて、水田の土がまだじくじくと柔かい時分に、日が暮れて寒くなるまで家に帰ることを忘れ、着物をよごして来てよく叱られた遊びがある。

At the end of the fall, when the rice is harvested and the soil in the paddy fields is still ticking, there is a play where people forget to go home until the sun goes down and it gets cold, and they often come to the kimono and get scolded.

関東ではひろくネッキともネンボウとも呼んでいるが、それがまた木の鉤のさきを尖らしたものを、柔かい田の土などの中に打込んで、相手の立てたのを倒す遊びであった。

In the Kanto region, it is widely referred to as Necki or Nenbo, but it was also a game in which a pointed wooden hook was struck into soft field soil, etc. to defeat the opponent's standing.

 ちょうど片仮名のイの字を逆さにしたような棒で、現在は鉤の全く取れたただの木切れを尖らせて打つ地方も多いようだが、私などは鉤が有るために面白く打てたのだと今でも思っている。

It seems that there are many areas that just hit a piece of wood that was just hooked up with a bar that was just inverted katakana a character, but I hit it funny because of the hook. I still think that.

庭や畠で遊ぶと叱られるから田へ行くだけでなく、全く刈田の頃合の柔かさを、捜してでも子どもはそこへ集まったのである。

Not only did they go to the fields because they were scolded when playing in the garden or in the field, but the children gathered there even if they searched for the softness that was perfect in Karita.

打ちかたの巧者によっては自分のネンボウは深く刺され、同時に敵のをはね出して倒す。

Depending on the skill of the hammer, his Nenbow is deeply stabbed, and at the same time, leaps out the enemy and defeats it.

そうするとその棒をこちらへ取ってしまうのである。

Then you take the stick here.

いろいろと工夫をして自分の得手に合うようなのを削り上げ、それには名前をつけておいたりする子どももある。

There are children who make various adjustments to make them fit their own strengths and give them names.

勝った獲物を二抱も三抱も、物置の隅にしまっておいて、風呂のしたに焚かれてがっかりした記憶も自分にはある。

I have a memory of disappointed that I kept the winning game in the corner of the shed, both in the corner and in the corner of the storeroom.

 この遊戯は以前は全国的のものだったのである。

This game used to be nationwide.

したがってそれを詳しく説明する必要はまだないかも知れぬが、ここで私の考えようとするのは名称であって、それが不思議なほど南北に共通しているのである。

So it may not be necessary to elaborate on it yet, but what I'm thinking here is the name, which is mysteriously common in the north and south.

もっとも東北の端の方だけは笄打ち、またはツクシ打ちという名もありその他にも少しずつちがった地方名はあるけれども、だいたいにおいてネンという言葉が行き渡っている。

However, at the end of the Tohoku region, the word "nen" is widely used, although there are other names, such as tsutori or tsukushi.

関東平野でもネン棒があり、またネン木と謂ったところもある。

In the Kanto Plain, there are Nen sticks, and there are also places called Nenki.

ネッキ・ネックイは根木・根杭であろうと、字を学んだ子どもはおよそ想像しているが、実は枝のさきを切って作るので、ただ土の中へ刺し込む点が、根と呼ぶのにややふさわしいだけである。

The child who learned the character is imagining that Necki Necki is a root tree or a root pile, but in fact it is made by cutting the branches, so the point of stabbing into the soil is called the root. It is only somewhat appropriate.

言葉はこういう風に形と心持とが、別々に移り動くものであるらしく、また必ずしも、学者によって吟味せられてもいない。

Words seem to move in a different way in their form and feeling, and they are not always examined by scholars.

私の心づいたのは、このネンは別に起りがある。

What I realized was that this linen had a separate occurrence.

或いは念の字の音であって、やはり中古から言い始めたのかも知れない。

Or maybe it's just the sound of a reminiscence, and it may have started from used ones.

そうするとこの名前よりも遊びの方が古く、またもう一つ前の名があったにちがいないのである。

Then the play was older than this name, and there must have been another name before it.

燈台もと暗し

Lighthouse dark

 いわゆる根ッ木の問題には限らず、我々がお互いに話し合ってみないために、覚るべきことを覚らずにいる場合ははなはだ多い。

限 ら Not limited to the so-called root tree problem, there are many cases where we do not talk to each other and remain aware of what we should be aware of.

私がこんな小さなことに力を入れるのも、目的はもっと自分の中にある「日本」を見つけ出してもらおうがためである。

The reason I focus on such small things is to find more "Japan" in myself.

各地から寄り集まっている人々の話題を、できるだけ朗かな楽しいものにしたいからである。

This is because we want to make the topic of people gathering from various places as cheerful and fun as possible.

 まちがっていたら正してもらうようになるべく多くの地名を掲げる。

を List as many place names as possible so that you can correct them if you make a mistake.

尖った木の棒を土の上に突き立てて相手の立てたのを倒し合う競技を、関東とその周囲の県ではネッキという者が多く、またネンボウという名も伊豆あたりまで行なわれている。

In the Kanto region and surrounding prefectures, there are many people called Neki, and the name Nenbo has been held around Izu.

それよりももっとひろいのは、北陸では能登の七浦村などでいうネンガラウチで、ここでは村の鎮守の御祭の日の遊びだが、西の方に行くとそれが子どものただの遊びとなっている。

Even more widespread is Nengarauchi in Hokuriku, such as the village of Notoura in Noto, where the play of the village's guardian festivities is played, but going to the west is just a child's play. .

たとえば鳥取市の附近の村でもネンガラ、ここでも稲刈後の田へ出て遊ぶ。

For example, in the village near Tottori City, you go to Nengara, where you can go to the rice field after harvesting.