文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

こども風土記:柳田國男(237-266)/1016

次には山口県の豊浦郡でもネンガラ、海を渡って筑前の大島でネンガラ、これも遊びかたは同じだが、注意すべきことには御産のあった家の前で、子どもがこの木を組んで産屋というものを立てるという。

Next, Nengara in Toyoura-gun, Yamaguchi Prefecture, Nengara in Chikuzen's Oshima across the sea, and the same way to play, but it is important to note that children build this tree in front of the house where the birth was born. It is said that they build up a birthplace.

しかしもう一度尋ねてみなければ詳しいことは言えない。

But I can't tell you more unless I ask again.

 それから西へ廻って長崎県の下五島にもネンガラ打ちの遊びがあり、さらに熊本県の天草下島でも旧十一月|丑の日の山の神祭の前に子どもが、手頃の木を伐って来て、このネンガラを作っておいて祭の日に遊ぶというのは、いよいよ信仰上の儀式であったことを思わしめる。

Then, going to the west, there is also a play of Nengara beating on Shimogoto Island in Nagasaki Prefecture, and even in Amakusa Shimojima in Kumamoto Prefecture, old November | Children fell a handy tree in front of the Ox Day Mountain Gods Festival, Making this negara and playing it on the day of the festival reminds me that it was finally a religious ceremony.

同じ遊びはまた阿蘇郡の山村にもあるが、ここでは少しかわってネンゴロといっている。

The same play is also found in the mountain village of Aso-gun, but here it is called Nengoro a little differently.

鹿児島県の甑島へ行くと上甑の方ではネンガラまたはネンガネ、このカネはベロベロの神をカネジョというのと同じで鉤のことらしい。

If you go to Koshikijima Island in Kagoshima Prefecture, you can see Nengara or Nengane in Kamiokishi, which is the same as Kanejo, the god of Velobello.

下甑の手打港などはこの遊びをネンウチ、それで遊び道具の方をただネンと呼んでいるが、起りの一つであったことは疑いがない。

Shimokoshiki's Teuchi Port and others refer to this play as Nenuchi, and the playground equipment is simply Nen, but there is no doubt that it was one of the origins.

昔は九月九日の節供の日の子ども遊びであったというが、今ではもう常の日にもすることがあるらしい。

It used to be a fun day for children on September 9th, but it seems that there are times when they are always on the day.

奄美大島のような遠い島にも、やはり古くからそのネンウチの遊びはあり、その木をネンと呼び遊びかたもよく似ていた。

Even on distant islands such as Amami Oshima, there has been a play of Nenuchi since ancient times, and the tree was called Nen.

人のネンを打倒して手の幅一つだけ離すことができれば、それを取って自分のものとしたという。

He said that if he could defeat Nen and only release one hand, he took it.

ただこれらのネンを絵にかいたのを見ると、関西各地のものには私たちの重要視している鉤の枝のないものが多い。

However, looking at the paintings of these linens, many places in the Kansai region do not have hook branches, which we value.

いつからないのか考えてみたいと思っている。

I want to think about when it will not happen.

ねぎごと

With green onions

 ネンウチは念打と字に書くのが本の意にかなうものかと思う。

I think that writing in Nenuchi fits the meaning of a book.

或いはあまり念が入りすぎるかも知れぬが、もう少しばかり他の土地の例をならべると広島県の海岸地方にも、ネンがありまたネンウチの遊びがある。

Or maybe you're too careful, but if you look at a little more of the land, there's also Nen on the coast of Hiroshima prefecture and Nenuchi play.

倒して相手のネンを取るほかに、はじめから下手で地面に立たなかったものも次の番の児の所得になる。

In addition to taking down the opponent's nene, those who did not stand on the ground from the beginning also earn the next child's income.

どういうわけでか、それをグッソウと子どもはいっている。

For some reason, Gussou and the child have said it.

ネンギリという名前が備後の府中などにはある。

The name Nengiri is found in Fuchu and other places in Bingo.

打つという代りに切るともいっていたのか、或いはまた別の言葉だったかも知れぬ。

It might have been said to cut instead of hitting, or it might have been another word.

豊前の築上郡などではこの木の棒をネンギ、伊予の宇和島ではこれをキネンといい、またネンガリともいうのは日本海側のネンガラと似ている。

In Tsukigami-gun in Buzen, this wooden stick is called Nengi, in Iyo Uwajima it is called Kinen, and Nengari is similar to Nengara on the Sea of Japan side.

 近いところでは神戸にも、このネンガラという語が行なわれていた。

は The word Nengara was used in Kobe nearby.

現在はもう木を尖らしたものでなく長さ四、五寸の鉄の棒の、さきの尖ったものを用いるというが、もちろん今はもう見られぬであろう。

Nowadays, instead of using a sharpened tree, he uses a pointed iron rod four or five inches long, but of course he will no longer see it.

私などもまだ播州にいたころ、大きな西洋釘に紙の総を附けたものを、地面に打付けているのを見たことがあるが、危いといって持つことを許されなかった。

When I was still in Banshu, I saw a large Western nail with a piece of paper hitting it on the ground, but I was not allowed to hold it.

しかしああいうものではとても関東などの根木打の面白さは味わえなかったろう。

However, such a thing would not have been able to taste the fun of rooting in Kanto.

以前の競技は青年も加わり、それよりももっと複雑な、かつ興味の深いものではなかったかと思う。

I think the previous competition was more complex and interesting, with the addition of youth.

 有馬郡|有野の唐櫃神社に伝わっているネングイというものなどは、正月二日の鬼打神事の一部で、はじめに的射の式があってそれの終った後、弓を地上においてその弓弦の前と後とに、櫨の木で作った杭を六本ずつ二度、合せて二十四本打ちこむ。

Arima-gun | Nengui, which is transmitted to Karato Shrine in Arino, is part of the Oniuchi ritual on the second day of the New Year. Before and after, twenty-four piles made of hazy wood are punched twice, six times each.

閏年には二十六本、すなわち十三本の倍数を打つというから、多分はこれに由って月々の吉凶または晴雨を卜したのだろうと思うが、現在はもう自信がなくなったものか、それぞれ適当の場所に手を持ちそえて刺しこむことにしている。

In a leap year, he hits 26, i.e., a multiple of thirteen, so I guess he probably died every month due to this, but now he is no longer confident. They hold their hands in the appropriate places and stab them.

そういった変化は他の土地の、的射の式などにもおりおりに見られる。

Such changes can be seen in other land's target shooting ceremonies.

 つまりは成人の間ではただ形だけを残し、その面白さの方は子どものみが相続しているのである。

In other words, only the form is left among the adults, and only the children inherit the fun.

尾張の知多半島などでこの遊びをネギゴトといい、それに使う木の棒をネギというのも、同じ念木という語の地方音だったかも知れぬが、別にこれを願いごとまたは禰宜事と解してもよいような感覚がなお残っていて、二つの心持が融合したものとみられる。

This play is called Negigoto in Chiwara Peninsula in Owari, etc.The wooden stick used for it may be a local sound of the same word, Negiki, but it is understood as a wish or negiri separately. It still seems to be a good feeling, and it seems that the two minds have fused.

ことに小児は単純だから、毎度こういう思いちがいをしやすいのである。

In particular, because children are simple, it is easy to make such mistakes every time.