文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

こども風土記:柳田國男(294-327)/1016

共同の仕事にはもとは青年の役が多く、以前の青年はことに子どもから近かった。

Originally, the role of youth was a lot of joint work, and earlier youth were especially close to children.

故に十二、三歳にもなると、子どもはもうそろそろ若者入りの支度をする。

Thus, at the age of twelve or thirty, the child is about to be ready for youth.

一方はまたできるだけ早く、そういう仕事は年下の者に渡そうとしたのである。

On the other hand, as soon as possible, they tried to pass on such work to younger ones.

今でも九州や東北の田舎で年に一度の綱曳という行事などは、ちょうどこの子ども遊びとの境目に立っている。

Even once a year, tug-of-war events in the countryside of Kyushu and Tohoku still stand at the border with this children's play.

もとは真面目な年占いの一つで、その勝ち負けの結果を気にかけるくせに、夜が更けてくると親爺まで出て曳くが、宵のうちは子どもに任せて置いて、よほどの軽はずみでないと青年も手を出さない。

Originally, it was one of the serious years of fortune-telling.Even if you were concerned about the consequences of losing or losing, you would go out to the grandfather when the night was over, but in the evening, leave it to the child and leave it lightly. Otherwise, the young man will not reach out.

村の鎮守の草相撲や盆の踊などもみなそれで、だから児童はこれを自分たちの遊びと思い、のちにはそのために、いよいよ成人が後へ退いてしまうのである。

That's all the village sumo wrestling and Bon dance, so children think of it as their own play, and eventually the adult eventually retreats.

小児の役目

The role of children

 子どもが大きい人から引継がれた行事と、単なる彼らの遊戯との境目は目に立たない。

境 The borderline between an event inherited by a large child and their mere play is inconspicuous.

ただ年月が経って一方がもうその重要性を認めず、おいおいに起りを忘れてしまうだけである。

However, over the years one has no longer recognized its importance and has forgotten what happened.

中の中の小仏や念打ちなどはよい例だと思うが、今一つだけもう少し手近いのを挙げると、畠作に力を入れる東日本の農村などでは、もぐらもち(オゴロモチ)の害にはいつも弱りきっている。

I think that the small Buddha in the middle and reminiscences are good examples. I'm weak.

見かけたらすぐに退治するが、それだけではとても追いつかぬので、春の初めの一ばん好い日、すなわち正月十五日の早天に、もぐら追いということをしてあらかじめ一年の害を防いで置こうとする。

You will get rid of it as soon as you see it, but it will not catch up with you alone. And

棒で肥桶の腹をこすってキーキーという音を立て、耕地の上を転がしてまわると※鼠が遁げるといって、関東・信越の田舎では、今でも農家の主人が出て行って、このまじないをする風もあるが、別になお一つ簡便な方式を行なっている村もある。

Rubbing the belly of the manure with a stick makes a squeal and rolls over the arable land. However, there are some winds that make this a magic, but some villages have another simple method.

この小獣が海鼠の香を嫌うということは経験であったらしい。

It was an experience that the beast hated the sea rat incense.

それでこの物を繩の端に括りつけて、畠を引張りあるく風習もひろく行なわれており、その時|唱える文句が愉快なので、小児が志願してその役につく場合も多かった。

Therefore, the thing was tied to the end of the rope, and the field was pulled and customs were widely practiced. At that time, children often volunteered for the role because they were pleasant to say.

必ずしも効果があると信じているわけでもあるまいが、久しい仕来りだから、これをせぬと気になるためだろう。

I don't always believe it works, but it's been a long time and I'm going to be worried if I don't do this.

いまでも子どもの無い家からは親爺が出てそれをやっている。

Even now, a grandfather is out of a house without children and doing it.

海鼠が手に入らぬと、その代りに横槌などを引きずり、または東北ではトウラすなわち手束を曳くところもある。

If a sea rat is not available, a hammer or the like may be dragged instead, or in Tohoku, a toura, or hand bundle, may be pulled.

これは海鼠の一名をトウラゴというから代用になると思ったのかも知れぬ。

You may have thought that this would be a substitute for a sea rat, called Torago.

 ところがこの海鼠引きが、多くの土地ではもう純然たる正月遊びになっている。

However, this sea rattle has become a pure New Year's play in many places.

たとえば東北では仙台・気仙沼など、西では近江の彦根でも、また京や大阪のちっとも※鼠などはいない大都市でも、やはり小児が町中を押しあるいて、

For example, in Tohoku, Sendai and Kesennuma, in the west, in Hikone in Omi, and in Kyoto and Osaka, even in large cities where there are no rats, children still push through the town.

おごろもちはうちにか とうらごどんのお見舞じゃ

Oromochi is a visit to our house

おるす おるす

Aurora

というような文句を節おかしく唱える風習が近い頃まであった。

Until the time when customs to reciting such complaints were near.

九州各地の正月のもぐら打ちのごときも、

At the time of the New Year's moles around Kyushu,

もぐらえい、とんとこせ 隣のせっちんもりくやせ(日向)

Mogura Ei, Ton Tokose (next day)

という類の文句は稀に残っているが、今ではすっかり果樹の豊産を祝う式となって、小児はただ竿で地面を叩いて喜んでいるだけである。

Such complaints are rare, but now it is a ceremony to celebrate the full production of fruit trees, and children are just happy to hit the ground with a pole.

鳥小屋の生活

Aviary life

 正月はむしろ子どもには多忙な月であった。

The New Year was rather a busy month for children.

食べねばならぬし、遊ばねばならぬし、そのほかにさらに頼まれてする仕事がもとは幾つともなくあったのである。

They had to eat, they had to play, and there were no other jobs to be asked.

そういう中でも※鼠駆除のなまこ引き以上に、もっと子どもが大悦びで引きうけた役目は鳥追いで、その日の面白さは、白髪になるまで忘れずにいる者が多いのである。

Even more than that, the role that children enjoyed with pleasure was more like bird hunting than that of rat hunting.

その理由の一つは、どんな大きな声で耳の割れるほどわめいてもよかったこと、それから今一つは子どもばかりで、二夜も三夜も屋外の仮小屋に、親を離れて寝起き飲食するということであった。

One of the reasons was that it was okay to scream in any loud voice, and then one was just children, leaving their parents in a temporary hut for two or three nights, sleeping away from their parents and eating and drinking. there were.

楊や白膠木の木を削っていろいろの飾りをつけた祝い棒がこのために銘々に与えられる。

Celebration sticks with various decorations carved out of Yang and glue trees are given for this purpose.

それでたんたんと横木をたたいて、心まかせに鳥を追う詞を唱えるのが、いわゆる鳥小屋の生活であった。

It was the so-called aviary's life to simply hit the rungs and chanting words to follow the birds.

それ故にこの小屋をまたワアホイ小屋・ホンヤラ堂などという類のおかしな名で呼ぶ土地が多いのである。

For this reason, there are many places where this hut is referred to again as a strange name, such as Waahui hut or Hoonyara-do.