文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

こども風土記:柳田國男(328-363)/1016

ワアホイはもちろん鳥を追い散らすおどしの声、ホンヤラも後から駆り立てる声だったとみえて、二月・十二月の風の神送りなどにも、こういう囃しを用いている例がある。

It seems that Waahoi, of course, was a terrifying voice that disperses birds, and that Hoonyara was also a voice that urged him later.

ただ正月の雪の中では、まだ駆逐すべき害鳥が眼の前にはいないのだから、当の本人たちがかえって言葉の意味を理解せず、今はもうむやみに興奮して騒ぐだけになっているのである。

However, in the snow of the New Year, there are no harmful birds in front of the eyes yet, so the people themselves do not understand the meaning of the words, and now they are just excitedly excited and making noise It is.

 村の鳥追いの詞は誰が考えだしたかしらぬが、よほど古くから今あるものが行なわれていた。

Who might not have guessed the word for the bird chasing in the village, but something that has existed since ancient times has been practiced.

それを少しずつ子どもはまちがえて歌うのだが、

Children will sing it incorrectly little by little,

朝鳥ほほほ 夕鳥ほほほ

Asato Hohoho Asuka Hoho

長者どのゝ垣内は

The elder who is Kakiuchi

鳥もないかくちだ

No birds

やいほいばたばた

Flap

 こういった文句が東北には広く分布する。

These complaints are widely distributed in Tohoku.

そうして現在でもやはり朝早くと、日の暮れ方とにはことに大声でわめくことになっている。

And now, even now, early in the morning, the way of sunset is to be shouted.

山形県の海岸一帯から越後の粟生島あたりにかけて、この「夕鳥」をまたヨンドリほいともうたい、それで小児が手に持つ木の棒を、ヨンドリボウと呼んでいる土地がある。

From the coastal area of Yamagata Prefecture to around Aoshima Island in Echigo, there is a land where you can find this "Yoshitori" again, and call the wooden stick that your child holds as "Yondoribou".

名前は土地ごとにというほども変っているが、日本全国どこの隅に行っても正月はこの棒を持たぬ子どもはなく、しかも鳥追い以外にもこの棒の大きな力は、一般に今なお承認せられており、それで彼らはまた正月の任務を欣々然として引受けていたのである。

Although the name changes so much from land to land, there are no children who do not have this stick during New Year's holiday anywhere in Japan, and the great power of this stick other than bird chase is still generally accepted. So they were also happy to undertake New Year's duties.

祝い棒の力

The power of the celebration stick

 小児は全体に木切れを持って遊ぶを好み、それを持つとかならず少しばかり昂奮する。

Children like to play with a piece of wood as a whole, and always have a little excitement when they have it.

なんでもないことのように我々は考えがちだが、実は隠れたる由来のあったことかも知れぬのである。

We tend to think as if nothing, but in fact, it may have been of a hidden origin.

ことに目にたつのは正月の十五日前で、これを子どもが持つと、ちょうど神主さんの笏や扇子と同じく、彼らの言葉と行ないに或る威力がある、という風に昔者は今も感じている。

The old man is still fifteen days before the New Year's Day, and when a child has it, just like the scepter or fan of the priest, there is a certain power in their words and actions. I feel.

単に目に見えぬ害鳥虫をあらかじめ駆逐し、または果樹を叩いてその木を豊産になしえたのみならず、若い女性の腰を打てば、みごとな児を生むとさえ信じていた時代があった。

In those days, they believed that not only could invisible birds and insects be destroyed in advance, or that the trees be bred to fruition by tapping the fruit trees, but that even striking the waist of a young woman would produce a wonderful child. there were.

だから、

So,

大の子小の子十三人|云々

Thirteen children of large children and small children |

という歌があって、この祝い棒をダイノコと呼ぶ土地もあり、または、

In some places, this celebration stick is called a dinoco, or

男ぼっこ持ちやがれ

Man boy

などという悪口に近い詞さえもあった。

There was even a word that was close to evil.

東部日本ではヨメツツキまたは嫁叩き棒、九州の各地でハラメン棒、対馬でコッパラなどといったのも、すべてこの正月の祝い棒の名で、集めているときりがないが、いずれもこの木切れに女を孕ませる力があると思っていたからの命名である。

In the eastern part of Japan, you can also find all sorts of things such as a beetle stick or a whip stick, a harem stick in various parts of Kyushu, and a koppara in Tsushima. This is because I thought I had the power to conceive.

祝い棒にはいろいろの装飾が施されていた。

The celebration bar had various decorations.

色紙を貼ったり彩色をしたり、または左巻きと称して樹の皮を巻き、燻して型をつけたものもあるが、最も古風なのは精巧な削り掛けがしてあった。

Some are painted or painted with colored paper, or wrapped in tree bark, called left-handed, and smoked to form. The most old-fashioned ones were finely cut.

それを手に執ると、実際もう常の心ではおられなかったのかと思う。

When I pick it up, I guess it wasn't really an ordinary mind anymore.

 鹿児島県の一部などでは、この棒をダシヤレ棒ともいっている。

一部 Some parts of Kagoshima Prefecture call this stick a dash stick.

大歳または十四日の年越の晩に、家々の門に来てこれを振りまわし、ダシヤレダシヤレ、またはハーラメダーセ、すなわち孕み女を出せとわめくのである。

On the New Year's Day or the 14th of New Year's Eve, come to the gates of the houses and wield them, and cry out for dashyare dashyare, or harlamedase, the conceived woman.

現在はたいていお菓子や餅を与えて帰すだけだが、固い家では表口に俵をならべその上に花嫁を坐らせて、尻を打つまねをしてもらう土地も他県にはあり、または子のないのを歎く女が、所望して打ってもらうという例さえ稀にはあった。

At present, they usually only give out sweets and rice cakes, but in hard homes there are places in other prefectures where there are bales on the front door and the bride sits on it and imitates hitting the buttocks, or There were rare cases where a woman who was crying for having no children had her desired hit.

『枕草子』には宮中の人たちが、隠れて女を打とうとしたことが面白く書いてあるが、無論こういう行事は戯れになりやすく、小児はまた決していたずらが嫌いではない。

It is interesting to note that people in the palace tried to hide and try to beat the woman in Pillow Soko, but of course such events are easy to play, and children do not dislike mischief again.

だから中央部がはじめで、しだいに今日の公認せられた悪戯となったのである。

Therefore, the central part was the first and gradually became the official mischief of today.

あるいは粥杖というので別もののごとくにも見えるが、それもまた一つの祝い棒の役目から出た名であった。

Or it looked like another because it was a porridge, but it was also the name of one celebration stick.

力あることば

Powerful words

 正月十五日の前の晩に、子どもが人の家の前に来てわる口を言う風習が、稀にはまだ農村には残っている。

晩 On the evening before the fifteenth day of the New Year, the custom of saying that children come in front of a person's house is still rarely left in rural areas.

羽後の飛島などではそれが必ず両の手に一本ずつ、ヨンドリ棒を持っていてすることにきまっていた。

In Togoshima, Ugo, etc., it was always decided to have a young bird stick in each hand.

家の男女の一年間の隠しごとを、随分と露骨にいってしまうのだが、それを黙って囲炉裏ばたで首を垂れて聴いているのだそうである。

He says that he secretly listens to the secrets of the men and women in the house for a year, but he listens with his head hanging down on the hearth silently.