文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

こども風土記:柳田國男(397-427)/1016

ところが昔の村の人たちなどは悠長で、そう大して気にもかけずに子どもにはいいたいことをいわせて、おかしいことをいえばただ笑って、古い仕来りの少しずつ変って行くのを、自然のままにまかせていたのだから面白い。

However, the old villagers are eternal, so don't worry too much and let the children do what they want to do, just laugh and talk about the funny things It's interesting because I left it natural.

おかげでまだ色々の昔が子供の間に残っている。

Thanks to this, various old days still remain among children.

千艘や万艘

Thousands and thousands

 東北では正月の春田打ち、または田植と称する行事が、土地によっては今もまだ少年少女の領分である。

In the Tohoku region, the event called Haruta or New Year's rice transplanting is still the responsibility of boys and girls depending on the land.

明きの方から早乙女が参った

Saotome came from the dawn

といったり、または、

Or

田人に来たよ 小苗ぶちが来いした

I came to the people.

などといって、彼ら自身もなんのことだか知らずに、ただまわってあるけば餅が貰えるものだと思っている。

However, they don't even know what they mean, and think that if they just go around, they can get mochi.

それに相応の受け答えをして、心よく用意の餅を出して与えるのみか、それが来なくなるのをなんとなく淋しく思っている家もまだ多い。

There are still many homes that just give a reasonable answer and give out a prepared rice cake and give it away.

正月はもちろん田植の季節でないが、もとは一年のはじめに一通りそのわざを演じて、農作成功のまじないとする風があって、それには外部からこういって来る者のあることを、一つの瑞相として歓迎したのであった。

The New Year is, of course, not the season of rice planting, but originally there was a wind that played its part at the beginning of the year, and that it was a wonder for successful farming. He was welcomed as one of the three ministers.

ところが他の土地ではもうそのための職業団体ができたり、または貧しい人たちが顔を包んで、門に立ったりすることがはじまって、なんだか品の悪いものとして、親も学校も制止するようになり、子どもの正月の楽しみはまた一つ失われた。

However, in other lands, professional groups were established for this purpose, or the poor began to wrap their faces and stood at the gates, deterring their parents and schools as something bad. , The child's New Year's fun has been lost one more time.

 これと似よった例は四国の粥釣りや御祝いそ、中国地方のコトコト・ホトホト、またはトロベイ・トヘイなどというもの、九州・奥州の両端にあるカセドリなど数えきれぬほどの種類を私は知っている。

Similar examples include porridge fishing and celebration in Shikoku, Kotokoto and Hotohot in the Chugoku region, or Trobey and Tohei, as well as countless types of skewers at both ends of Kyushu and Oshu. I have.

起源は少しずつちがっているかも知らぬが、いずれも正月に子供の口から、めでたい言葉を聴こうとした趣意は一つで、もしもはじめから賤しいと見られる所作であったら、真似をするはずもないのだから、いわば児童はお株を取られたのである。

I don't know if the origins are a little different, but they all have one intent to listen to the happy words from the child's mouth during the New Year, and if the work seems to be low from the beginning, imitate it Because there is no way, the child has taken stock, so to speak.

 もとよりこの変化は近ごろのものではない。

Of course, this change is not recent.

東京などでもまだ江戸といった昔、町の子どもが数人で小さな船の形をしたものをかかえ、商家の店さきに来て入船の祝言を唱えていたということが、多くの書き物に残っているが、これなどもやはりいろいろの段階において今も諸国の船着場には行なわれている。

It remains in many writings that even in Tokyo and other places such as Edo, a few children in the town were holding small boat-shaped ones and came to a merchant's shop to celebrate the immigration. However, these are still being carried out at various stages at piers in various countries.

たとえば津軽の鰺ヶ|沢の柱かつぎ、筑前博多のセンザイロウなどはまだ子どもの管轄に属している。

For example, Tsugaru's Ajiga | Sawa no Pillar or Tsukizen Hakata's Senzairo is still under the jurisdiction of children.

そんな話を聴けば珍しがるだろうが、東京人の中でも小さな児をかかえゆさぶって、

If you listen to such a story, it will be rare, but even if you have a small child among Tokyo people,

千ぞや万ぞ お船はぎっちらこ

Thousands and thousands of boats are tight

などと唱えているのが、やはり古い文句の記憶であり、幼い者がそれを楽しんでいるのも、幽かながらその相続であった。

It is still a memory of old complaints, and it is the inheritance that little ones enjoy it.

猿ちご問答

Monkey Chicken Question

 今は東京市内になった高井戸あたりの子どもが、もとは甲州街道に出て富士登りの道者に、

子 ど も The children around Takaido, who are now in the city of Tokyo, originally went out on the Koshu Kaido and became

お撒きやれお道者 御山の天気もよかろうに

Sorry for the mischief.

と、銭を撒くことをねだり、もし撒かずに行くと後から、風吹け雨降れというような悪口をしたということが、百年ばかり前の紀行に見えている。

One hundred years ago, it seemed that he asked for sprinkling coins, and if he did not do so, he made bad tales such as wind and rain later.

百年も以前に行なわれていたものならば、古来の風習だろうと即断する人がないとは言えぬが、私には一つの零落の姿としか思われない。

If it had been done a hundred years ago, it would be hard to say that it was an ancient custom, but I can only imagine it as a single zero.

見ず知らずの旅人が村を通って、遠くへ物詣りをするような場合がそう早くからあったはずもなく、またどこに行っても見られる出来ごとでもないからである。

It is unlikely that a stranger would have traveled far and far in the village, and would not have been seen anywhere.

なにかもとづくところがあったろうとまでは考えられる。

It is possible that there was something based on it.

しかし少なくともこういういやなことをするようになったのは、別に新たな誘因があったのである。

But at least there was another incentive to do this.

 しかも道行の多い街道筋、ことに大きな神社や霊場に参詣する路では、今も時々は旅客の袂について施しを求める風儀が残っているぐらいで、もちろん江戸近郊だけの特例ではなかった。

In addition, on the roads where there are many roads, especially on the roads that visit major shrines and sacred sites, there is still a way to ask for a parting of passengers, and of course it was not a special case only near Edo.

私などがこれについて思い出すのは『参宮名所図会』にも出ている「さるちご問答」その他、旅人が最初馬鹿にしてかかった路傍の小児から、あべこべに遣りこめられるという話で、わが邦ではこれを西行上人や宗祇法師の逸話として、妙に数多く各地に伝えている。

What I recall about this was the "Saruchi question and answer" featured in the "Sangu Famous Visitors' Zou", and the story that a traveler on a roadside, who was ridiculed for the first time, was sent to Abekobe. Then, as an anecdote of the priest of the West and the priest S 宗 gi, he tells strangely many places.

知らぬ人も少なかろうがこの例を一つだけ挙げておこう。

Let's just give one example of this, though few people may know.

伊勢では櫛田川のほとりのある村で、可愛い童子が樹の上にいるのを見て、

In Ise, in a village on the banks of the Kushidagawa, I saw a cute doji on a tree,