文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

こども風土記:柳田國男(492-519)/1016

すでに一人前の知識・感覚を持っているぞということを示そうとする態度がよく見られる。

There is often an attitude to show that they already have the knowledge and sense of one's own.

穏当でないか知らぬが親も祖父も、みんな一度は通って来た関門であった。

I don't know if it was moderate, but my parents and grandfathers were all barriers that I had once passed.

それがただ少しずつ濫用せられていただけである。

It was just abused little by little.

女児のままごと

As a girl

 あんまり男の子の荒々しい話に片よったから、今度は方面をかえて「おままごと」の問題を考えてみよう。

か ら Because we talked a lot about the boys' violent story, let's turn now and think about the problem of "home playing."

この遊びが日本では特別によく発達しているということを、皆さんは多分まだ心づいておられぬだろうが、同じ年をとった人たちの所作を真似るという中でも、ままごとのお手本はそう手近いところにはないようだ。

You probably haven't yet realized that this play is particularly well-developed in Japan. It doesn't seem close.

そうして男の子の鳥追いやもぐら打ちと同様に単なる遊戯という以上に、まだ一部分は村の公務といってもよい状態が残り伝わっているのである。

Thus, more than just playing like a boy's bird chasing or whipping, a part of the village's public affairs still remains.

 これを発見するには最初にまずこの遊びに、季節または機会があるかどうかを注意して行くのがよいかと思う。

発 見 To discover this, first consider whether there is a season or opportunity in this play.

カマクラと称する秋田県の雪小屋などは、以前の鳥追歌や御火焚棒がまだ残っているにもかかわらず、今では女の児が火鉢なんか持込んで、静かに煮炊きをして楽しむ場所になっている。

The snow hut in Akita Prefecture, which is called Kamakura, is a place where girls can bring in a brazier and enjoy boiling calmly, despite the fact that there are still bird poems and fire boilers. It has become.

他の地方の正月小屋でも、餅を焼いて食べ、または世話をする宿があって、子どもばかりの食事をするのが彼らにとっては重要な事務であった。

In other local New Year huts, there was an inn where baking and eating or caring for rice cakes, and eating children's meals was an important affair for them.

ただしこれだけは女の子を入れない。

However, this is not the only girl.

 或いは天竜川筋の雛送りのように、三月|節供の日に川原に蓆を敷き、火を焚いて飲み食いを中心にした少女の集まりがあるが、もとは東京の近くの馬入川筋の村にもあった。

Or, like a chick-feeding of the Tenryu River, there is a gathering of girls mainly laying lacquerware on the river in March | There was also.

ままごとの地方色はいろいろある中に、若狭の常神村などでカラゴトというのが、やはりその川原事であったらしい。

It seems that Karagoto was one of the rivers in Wakasa's Tsunegami Village, among others, with various local colors.

ただし三月の雛遊びの日に限らず、盆に川原に出て川原粥・川原飯を炊いて食べる方が、むしろずっとひろい風習であった。

However, it was a much more customary practice to go to Kawahara in Bon and cook and eat Kawahara porridge and Kawahara rice, not only on the day of the chick play in March.

 場所は川原でなくとも磯ばた・海のほとり、または遠くの見える丘の上・橋の袂などを選ぶこともあった。

In some cases, the location is not the riverside, but sometimes it is on the shores of the sea, on the hills where you can see in the distance, or on the side of a bridge.

とにかくに屋外で食べるだけでなく、調理までをするというのが一つの特色で、それによって辻めし(美濃)、門飯(五島)、門まま(紀州)などの名があり、またたいていは中元の行事であったゆえ、全国を通じて盆かまど・ボンクド・盆飯・盆粥という例が多いのである。

Anyway, not only eating outdoors but also cooking is one of the features, which is why it has names such as Tsuji Meshi (Mino), Kamon (Goto), and Monma (Kishu), and usually Because it was the original event, there are many examples throughout the country: Bon furnace, Bonkdo, Bon rice, Bon porridge.

食べ物を野天でこしらえるということは、大人でも興味を持つほどの珍しい事件なのに、ましてやこれに携わった者がいつの世からともなく女の童であった。

Cooking food in the open air is a rare event that may be of interest to adults, but even more so, those who have been involved have been female children since no time.

どうしてこういうことをするのかは彼らにはわからぬ。

They don't know why they do this.

ただその面白さを忘れることができなくて、折さえあればその形をくりかえして、おいおいと一つの遊びを発達せしめたのである。

However, I couldn't forget the fun, and if it broke, I repeated the shape and developed a play with the sword.

精霊飯

Spirit rice

 ままごとは親が見ても静かでしおらしくまた他日の修練にもなって、同情のもてる遊びであったが、それが最初から遊戯として生まれたものでないことは、盆のままごとの一つの例を見てもわかる。

Playing was quiet and ugly for the parents, and it was also a training for other days, and it was a sympathetic play. You can tell by looking at it.

浜名湖周囲の村々ではショウロメシ、瀬戸内海のある島では餓鬼飯とさえいう通り、盆は目に見えぬ外精霊や無縁ぼとけが、数限りもなくうろつく時である故に、これに供養をして悦ばせて返す必要があったとともに、家々の常の火・常の竈を用いて、その食物をこしらえたくなかった。

In the villages around Lake Hamana, there is a shrine, and on the island with the Seto Inland Sea, even a gakihan. He needed to return with pleasure, and he didn't want to prepare the food using the usual fires and ordinary kilns in his homes.

それが門・辻・川原等に、別に臨時の台所を特設した理由であり、子どもはまた触穢の忌に対して成人ほどに敏感でないと考えられて、特に接待掛りの任に当ったものと思われる。

That is the reason why special kitchens were specially set up at gates, tsujis, Kawaharas, etc., and children were also considered to be less sensitive to the annihilation of touches than adults, so they were particularly assigned to entertain. I think that the.

 お盆飯の材料は家々から持寄り、米などは貰い集め、野菜ものは畠から取って来てもよい。

盆 You can bring the ingredients for Obon rice from your home, collect rice, etc., and bring vegetables from the field.

或いは大角豆だけは勝手に畠に入ることを許していたという土地があるのも、私には意味のあることに思われる。

Or it seems to me that there is a land where only Ozu beans allowed themselves to enter the field.

盆に来る精霊は、大角豆畠にしばらく隠れて居るというような言い伝えもあるからである。

There are legends that the spirits coming to the Bon Festival have been hiding in Ozu Bean Hat for a while.

地方によっては盆棚の供物、ことに水のこまたは水の実と称して、茄子をこまごまと刻んで水と米とにまじえたものを、家々から貰って来て味をつけて煮ることもある。

Depending on the region, it may be called a tray shelf offering, especially a water saw or water fruit. is there.

箸にはかならず精霊様の麻稈を折って用い、めいめいが喰べる前にまず辻々で無縁ぼとけを祭り、または少しずつ近所の家に配ってまわるという例も多い。

In many cases, the chopsticks are always made from the spirit-like hemp culm, and before being eaten by the creatures, they are first handed out with a tsuji-to-no-mune, or distributed little by little to nearby houses.