文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

こども風土記:柳田國男(579-611)/1016

ままごとの地方名としては米沢でもオフルマエゴト、伊豆の半島でもフルミヤッコ、遠く飛び離れて肥前の小値賀島まで、ホンミヤナンドという語が行なわれている。

The local name of the house is Ophrumaegoto in Yonezawa, Furumiyakko in Izu Peninsula, and Honyanando, which is far away from Ozengashima in Hizen.

そうして多分もうその理由が忘れられているだろう。

And maybe the reason has been forgotten.

おきゃく遊び

Playful

 上州の桐生附近ではオキャクサンヤッコ、信州|諏訪地方でオキャクボッコ、またはオキャナンコというのが東京などの御客遊びに該当する。

Okaku Sanyako, Shinshu near Kiryu in Joshu | Okaku Bokko or Ochananko in the Suwa area correspond to visitor play in Tokyo and other places.

九州でも熊本県の球磨郡をはじめ、ままごとをキャクナンドというところは多いようである。

In Kyushu, there are many places in Kuma-gun, such as Kuma-gun, where the home is called a cannando.

遊戯中心の移るにつれて、新しい名も次々に生まれている。

New names are born one after another as the game center shifts.

大垣の附近にはゴチソウサンゴト、信州でも上田地方にはヨバレッコもしくはオンバレコ、これは新旧二つの方言のたがいに接近して紛れやすくなった例である。

In the vicinity of Ogaki, Gochisou-sangoto, and in Shinshu in the Ueda region, Jovalecco or Ombareco are examples of the two old and new dialects becoming more confusing.

一茶の『方言雑集』にオバチコとあるのが、多分北信の例であろう。

Obachiko in Issa's Dialect Miscellaneous Collection is probably the example of Hokushin.

子ども遊びに柿など切り刻みて、呼んだり呼ばれたりすること也とあるが、これは呼ばれごとでなく、姥ごとの方から出ているかと思う。

There are things called persimmons that are chopped in children's play and called or called, but I think that this comes not from every call but from every uba.

 御客遊びをオクサンゴッケンと呼んでいる例が、大分市にはあるというが、越後のどこかにもオカサマゴッチョという名ができていて、この方はかなり起りが古い。

例 There is an example in Oita City where customers play as Oksangokken, but there is a name called Okasamaggotcho somewhere in Echigo, and this person is quite old.

たとえば『甲斐の落葉』にはオカダッコ、食物調理の真似をして遊ぶこと、すなわちままごととあるが、南大和の方言集にも、雛遊びをここではオカタサンゴトというとある。

For example, Kai no deciduous has a play of imitating food cooking and playing food, that is, a homemade game. In the Minamiyamato dialect collection, chick play is also referred to as Okatasangot here.

宮城県はほとんと全国を通じて、オカカブツ・オカカボチといった記録がある。

Miyagi Prefecture has records of Okakabutsukakabochi throughout most of Japan.

主婦をオカタというのは中世以後の標準語であって、それを小児があどけなく発音したのが、今日のカアサマ・カカサン・カカ・オッカーなどの語を作っている。

The housewife, Okata, is a standard word since the Middle Ages, and the child pronounced it innocently, which is what makes Kaasama Kakasan Kaka Ocker today.

彼らの功労は国語の先生よりも大きいかと思う。

I think their service is greater than that of Japanese language teachers.

 ままごとの主役はおかっぱの主婦だったのである。

The protagonist of the house was an odd housewife.

だから主婦の名が変ればそれについてままごとの名も変って行くのである。

Therefore, if the housewife's name changes, the name of the house changes with it.

母をオウカチャマという越後の新発田辺ではオガチャマゴト、主婦がジャジャと呼ばれる秋田県の北部ではジャジャボッコというのがままごとのことである。

The mother of Okachama is Ogachamagoto in Echigo's new birthplace, and the housewife is Jajaja in the northern part of Akita prefecture where the housewife is called Jaja.

ジャジャは中世の茶々の局などのチャチャと同じく、もとは緑児が母を呼ぶ声から出たものらしい。

Jaja seems to have originated from the voice of a green child calling her mother, similar to the chacha in the tea bureau of the Middle Ages.

今では父をチャンと呼ぶ方が多くなっているが、越前の福井附近でままごとをジャジャンコ、紀州の熊野でチャチャボコというのも、かつては母をそう呼んでいた名残りかと思う。

Nowadays, many people call their father Zhang, but I think Jamaco is a play house near Fukui in Echizen, and Chachaboko in Kumano, Kishu, and I think it is a remnant of what used to be my mother.

そういう例ならば外にも求められる。

Such an example is also required outside.

山形県のオバコは今日は未婚の女のことだが、米沢地方ではままごとをオバコダチ、中国地方のオバサンは他家の婦人のことなのに、但馬ではこの遊びをオバサンゴトと呼んでる。

Obaco in Yamagata Prefecture is an unmarried woman today, but in the Yonezawa region, the house is Oba Kodachi, and the Obasan in the Chugoku region is a woman from another house, but in Tajima this play is called Obasangoto.

それはみな家々の主婦をウバといったころの遺物なのである。

They are all relics of the housewives at home.

ゴコトンボ

Goko Dragonfly

 主婦をオカタという語が、上流に限られている時代には、常人の家ではそれをウバといったのである。

In a time when the word housewife, Okata, was limited to the upper reaches, it was called Uba in the house of ordinary people.

その語もまだ残って東北ではアッパ、沖繩ではアンマがあるが、一般に呼名は許される限り上級へと登って行って、裏長屋にも奥さんは多くなったのである。

The word still remains, and there is an upper in Tohoku and an amma in Okinawa, but in general the nickname climbed to the upper limit as far as permitted, and the number of wives also increased in the back row house.

これから考えて行くと信州松本附近のように、御客遊びをオバゴトといっているのは一時代古い頃の形ということができる。

If you think about it, it can be said that, like Shinshu-Matsumoto's neighborhood, the term “Obagot” is used to refer to patrons as a time ago.

静岡県でも西の方によるとオンバゴトがある。

According to the west, there is Ombagoto in Shizuoka prefecture.

村によって発音は少しずつ変りオンバイゴトなどという児もあるから、もう主婦の真似ということは忘れているかも知れぬ。

Depending on the village, pronunciation may change little by little, and some children may say on-by-goto, so you may have forgotten to imitate a housewife.

 九州の端々でも上五島でバッジョ、薩摩の下甑島ではバッコーというのが、ともにままごとを意味している。

で も Baggio on Kamigoto Island and Bakko on Shimokoshijima Island in Satsuma on both sides of Kyushu mean both homes.

それよりもさらにわかりにくいのは紀州|東熊野の尾鷲あたりで、ナンコビまたはゴコトンボというのが同じ遊びの名である。

Even more confusing is Kishu | Owase in Higashi Kumano, where Nankobi or Goko Dragonfly is the name of the same play.

ナンコビの方はまだ不明だが、他の一方は私には説明できる。

Nankobi is still unknown, but the other can explain to me.

ゴコというのは中国で、若い女性を意味するよい言葉であるが、そのゴコと姥との応対を真似たことが、ゴコトンボの名の起りであった。

Goko is a good word for a young woman in China, but it was the name of Goko Dragonfly that imitated the response of Goko to the Uba.

それによく似た例は伊豆七島の三宅島の一部で、ままごとをネザンバまたはネタンバアということで、これは「ねえさん婆さん」の意味だということを、島の人もまだ知っている。

A similar example is part of Miyakejima on Izu-Nanashima, where the house is called Nezamba or Netanbaa, and people on the island still know that this means "Nesan-san".