文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

こども風土記:柳田國男(612-638)/1016

村によってはオンバッコもしくはウンバージというところもあり、そのウンバージも姥爺だろうという。

Depending on the village, there are places called Ombakko or Umbaj, and it is said that the Umbaj is also a Ubaya.

主人夫婦のことをオジンバ(土佐幡多、近江|伊香)、オンジョウンボ(鹿児島県)、バオジ(出雲)、ウバグジ(陸前栗原)などといい、または熊手と高砂の絵から思い寄って、ジョウトンボという土地もあるのだから、ゴコトンボも決して不思議な名ではない。

The husband and wife are called Ojinba (Tosahata, Omi | Ika), Onjoumbo (Kagoshima Prefecture), Baoji (Izumo), Ubaguji (Rikuzen Kurihara), etc. Goko Dragonfly is no strange name.

 ただし女の児の遊戯に出て来るゴコは、ただの年若い娘ではなく、花嫁御のことであったかと思う。

However, I guess that Goko who appeared in the play of the girl was not just a young girl, but a bride.

常の日には見られぬような化粧をして、里で散々練習をして来たよい口上で、新たな家の姥と対談している姿を、眼をまん円くして傍聴していた小娘たちが、それを自分たちの遊戯の名とし、または中心としようとした気持は、神事のわざおぎが近世のただの芝居になって来た経過と、何だか似よったものがあるような気がする。

She is wearing a makeup she can't see on a regular day, and she practiced in the village. The pupils who tried to make it the name or center of their play seemed to resemble the process in which the ritual work became a free play in the early modern era. I feel like

食物の調理を中心とした古い遊戯がしだいに眼で視、耳で聴く楽しみに移って来たのは、必ずしも明治以来の新文化の影響だけではなかったと私は思っている。

I think that it was not necessarily the influence of the new culture since the Meiji era that the old games centered on food cooking gradually shifted to the pleasure of seeing and hearing with eyes.

鬼事言葉

Demon language

 人形がおままごとに参加したのは、遠い対馬の阿連村の例はあるが、一般にはずっと新しいことで、今ある姉様遊びに伴うてひろまったものらしい。

There is an example of the dolls participating in the play house in Asen-mura, a distant Tsushima town, but it is generally much newer and seems to have become more popular with the existing sister play.

姉様遊びの姉さまが新嫁の別名であったことは、あの顔より大きな髪飾り、紅の衣裳の染模様を見てもわかるが、その花オカタが古いオカタと同居して、特に姉様と呼ばれて区別せられる必要などは、元は少なくとも村落にはなかったのである。

It can be seen from the look of the hair ornament larger than that face and the dyed pattern of the red costume that the sister playing with the sister was another name for the new bride, but the flower Okata lived with the old Okata, especially the older sister. Originally, the village did not need to be distinguished by being called a state.

 この姉様人形が入って来たころから、ままごとはしだいに食べる遊びでなくなった。

か ら Since this sister doll came in, it was no longer a play to eat home.

三宅島のネザンバなどはどうかしらぬが、子どもは人形を相手にして遊び出すと、急におしゃべりになるか、そうでないまでも言葉の楽しみを味わう力ができてくる。

It's no wonder Nezamba in Miyakejima, but when children play with dolls, they can talk suddenly or, if not, have the power to enjoy the pleasure of words.

大人が傍にいるうちは黙っているが、それでも独言や心の中の言葉が数を増して、感情のようやく濃やかになって行くのがよくわかる。

It is silent while the adult is nearby, but it is still clear that the words of words and words in my heart have increased in number and finally become richer like emotions.

やたらに切り刻んだものを食べさせまいとする、衛生おかあ様の心遣いはなくとも、文化が進めばままごとは文芸化せざるをえなかったのである。

Even if there was no hygiene mom's care to keep the chopped food from eating too much, as the culture progressed, the house had to be turned into a literary art.

私は実は人形の普及がこれを促した大きな力ではなかったかと思っているのだが、その説明をしだすとまた長たらしくなるから、今回は見合せておく。

I suppose that the spread of dolls was actually a big force that encouraged this, but I'll postpone it if I explain it, so this time it will be longer.

とにかくに日本の子ども遊びは、全体に込み入ったものが多くなり、かつ文句が面白くまた繁くなって、言葉の楽しみというものが親たちの近ごろの会話よりも大きかったのである。

In any case, Japanese children's play became much more complicated, and the complaints became more interesting and prosperous, and the pleasure of words was greater than their parents' recent conversations.

 そういう中でも特によく発達しているのは鬼ごとであろう。

中 で も Of these, the ones that are particularly well developed are probably demons.

これも名称が自ら語るごとく、最初は神社仏閣の鬼追い行事に、少年を参加せしめたのが起りと思われるが、今日は野球の規則の一部を採用したアブト鬼というのまでが各地にはやっている。

As the name itself says, it seems that at first the boys participated in the demon championship of the shrines and temples, but today there are many abuki demon that adopted a part of the rules of baseball Is doing.

内田武志君の『静岡県方言誌』の一冊が、丹念にこの種類を集めている。

Takeshi Uchida's "Shizuoka Dialect" is a collection of this kind.

全国各地の児童界にも、親がこしらえて与えたとは思われぬ色々の鬼事術語が、土地ごとに制定せられている。

In the children's world around the country, various landmarks that are unlikely to be given by parents are enacted for each land.

 たとえば何かの理由で一人だけがタイムを要求する合図の語に、ミッキ・ミッコ・ニッキ・モンキ・マッチ・チョマ・ゴイロ・ゴイ・ゴー・タンマ・タンコ・テンマ・タエマ・オヒマ・マヒ・ドッパ・ベン等、さては幼少な者を加えて特別扱いにすることをチャチベ・アブラボウズ・カワラケ・ナベコ・ヒデコ・ミズッコ・スボノコ・ロッパ等々、一々土地を挙げその由来を考えようとしたら、読者が困ってしまわれるだろうほども数多くできているのである。

For example, the signal word that only one person requests time for some reason is Micki Mikko Nikki Monki Match Choma Goiro Goi Go Tamma Tanko Tenma Taema Ohima Mahi Doppa If you want to consider the origin of Ben, etc., and then treat the special treatment by adding a young person to Chachibe, Aburabouzu Kawarake, Naveko, Hideko, Mizukko, Subonoko, Roppa, etc. There are so many things that will be done.

狐あそび

Fox play

 信州|小県郡の民謡集に、鬼遊びの童詞が七章まで載っている。

州 Shinshu | Seven chapters of children's songs of demon play appear in the folk songs of Oguni-gun.

鬼の来るまで 洗濯でもしやしょ

Until the demon comes.

鬼の来るまで 豆でも炒りやしょ

Fry the beans until the demon comes

がら/\がら/\ 石臼がら/\

ら / \ \ / \ stone mill \ / \

豆はたきとん/\

Bean Hatakiton / \

 鬼を激昂させる手段として、東京でも洗濯だけはいうが、こうなると、もう一つの演劇であって、しかも作者は土地の子どものほかにありえない。

洗濯 Washing is the only way to excite the demon in Tokyo, but this is another drama, and the creator can only be found in local children.

あるいは文句を他所から聞き覚えて、呪文のようにそれを守り、または若干の作意を加えたものが鬼きめの言葉には多い。

Or many of the demon words often hear the phrase from elsewhere, defend it like a spell, or add some ingenuity.