文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

こども風土記:柳田國男(686-729)/1016

 いわゆる児童文化は孤立した別個の文化ではない。

The so-called child culture is not an isolated and separate culture.

国にそのような離れ離れのものが、並び存するわけがないとすると、単に一国一時代の文化相が児童を通して視ればまたちがった印象を与えるというまでの意味しかない。

If such distant things cannot exist side by side in the country, it only means that the cultural ministry of the country and era will give a round impression when viewed through children.

そういう心持をもって皆さんと自分は、この児童文化を少しばかり見なおした。

With that kind of feeling, you and I considered this child culture a little.

児童は私が無く、また多感である故に、その能力の許す限りにおいて時代時代の文化を受け入れる。

Children are impersonal and sensitive, so they accept the culture of the times as far as their abilities allow.

古く与えられたものでも印象の深さによって、これを千年・五百年の後に持ち伝えるとともに、いつでも新鮮なる感化には従順であった。

Depending on the depth of their impressions, even those that were given in the old days, they would carry them after millennia and 500 years, and were always obedient to fresh inspiration.

そうして常に幾分か親たちよりも遅く、無用になったものを棄てることにしていたらしい。

He seemed to always discard what was no longer needed, somewhat slower than his parents.

ことに国語のうるわしい匂い・艶・うるおいなどは、かつて我々の親たちの感じたものを、今もまだ彼らだけは感じているように思う。

In particular, the scent, luster, and moisture of the Japanese language seem to be what our parents once felt.

こういうところに歴史を学ぼうとする者の反省の種が潜んでいる。

Here lies the seeds of remorse for those who want to learn history.

 どうしてこのように無心な者の言葉が、聴けば身に沁むのかということを考えて見るのもよい。

It is also good to think about why the words of such a mindless person permeate themselves when heard.

風のない晩秋の黄昏に町をあるいて、

There is a town in the late autumn twilight without wind,

大わた来い/\まゝ食わしょ

Come Oiwata / Pamama Food

まアまがいやなら餅食わしょ

If you're wrong, you should eat rice cake

という歌を聴いて、涙がこぼれたことも私にはあった。

I heard the song, tears were spilled on me.

或いは白髪の翁が囲炉裏の脇で、膝の子の小さい手をおさえながら、

Or a white-haired old man holding a small hand of a knee child beside the hearth,

ひいひいたもれ

Terrible leak

火が無い無いと

Without fire

この山越して

Over this mountain

この田へおりて

I'm here

などと歌ってきかせているのも、単なる昔なつかしの情を超えて、我々を教訓しまた考えさせる。

The singing of such a thing also makes us learn and think beyond just the old days.

火もらいは燧石の普及よりも、もう一つ以前の世相であった。

Fire sting was one more precedent than the spread of flint.

それが奥州の昔話や信濃の山村の子守歌だけには残っている。

It remains in the old tales of Oshu and the lullabies of Shinano's Yamamura.

老人の記憶にはまた一つもとの子どもがある。

The old man has another child in his memory.

言葉が面白いために消えてしまうことができなかったのである。

The words were so funny that they could not disappear.

霞ヶ|浦の湖岸の村にも、

Kasumiga | In the village on the shores of Lake Ura,

ひいころ火ころ

Hiiro fire

火は無い無いぞ

There is no fire

おばたの下で云々

Under the aunt

というような歌がある。

There is a song like that.

東京では年少の者を罵るのに、ヒイヒイタモレという語があった。

In Tokyo, the word hihiitamore was used to abuse young people.

すなわち元はこの土地にも同じ歌が、幼い人々に口ずさまれていたのである。

In other words, the same song was originally hummed by young people here.

鹿遊び

Deer play

 鹿・鹿・角・何本の遊びが、近江と筑後の二ヵ所にあったということを、物珍しそうに書いておいたところが、たちまち全国から百七十何通の手紙が来て、自分の土地にもあると告げられたのにはびっくりした。

I wrote that the deer, deer, horn, and how many games were in two places, Omi and Chikugo, seemed to be unusual, but immediately, one hundred and seventy letters came from all over the country, I was surprised to be told that it was also on the land.

この御礼の方法は別に考えなければならぬが、とにかく大要をここに載せて、読者におことわりをする義理が私にはある。

I have to think of this way of giving thanks differently, but I have a step-in-chief here and I'll give the reader a touch.

 この遊戯が近ごろまで行なわれていたのはだいたいに九州と四国、ことに福岡と愛媛の二県は、各郡市残らずというほどに分布しているが、東の方も千葉県の東海岸、越後佐渡にまで及んでいた。

This game was held until recently in Kyushu and Shikoku, and especially in Fukuoka and Ehime. It reached Echigo Sado.

報告のなかったのは奥羽六県と富山以西の日本海側の諸県および長野・岐阜の中部二県だけで、近畿・東海にもぽつぽつとあるが、やはり瀬戸内海のまわりが多い。

There were no reports in Ou Roku Prefecture and other prefectures on the Sea of Japan west of Toyama and in the two central prefectures of Nagano and Gifu. There are also lots in Kinki and Tokai, but again around the Seto Inland Sea.

百七十何通といっても、同じ土地から幾人もの知らせがあったのだから、総数にして二十四の市と五十五の郡と、五つの島との計八十四ヵ所に、現在もなお行なわれ、またつい近年まで確かに行なわれていたのである。

Even though there were several hundred news from the same land, there were a total of 84 cities, 55 counties, and 5 islands. It is still being done, and it has been done until recently.

報告者はいろいろの年齢の人で、いずれも十年・二十年の前に自分が携わっていた記憶を喚び起してなつかしいと言っておられる。

The reporters are people of all ages, all of whom are eager to recall the memories of their involvement ten or twenty years ago.

若いおかあ様たちを読者に予期していたのだが、こういう意外な人までが見ておられたのである。

I was expecting young moms from readers, but even such a surprising person was seen.

なるほど新聞はよいものだなと、改めてまた経験したことであった。

Indeed, it was another experience that newspapers were good.

 そんな話よりも、遊戯のどう変って来たかということを、あらましだけでも述べておかねばならぬ。

よ り Rather than such a story, it must be stated in an outline only how the game has changed.

このごろの鹿遊びは、いったいに男の児の荒々しい運動となり、女が参加することはできぬようになっている。

Deer play these days has become a violent exercise for boys, and women cannot participate.

一人がうつむいて馬になることは外国のも同じだが、遠くから走ってきて木馬のように飛び乗り、足が地についたり、乗りそこねたりするのを負けとしている所さえある。

It is the same in foreign countries that one person turns into a horse, but there are places where they run from a distance and jump like a wooden horse, and lose their feet on the ground or miss them.

それでいて例の鹿々何本を、まだ掛声のように唱えているのだから、考えてみると子どもは面白い。

Still, the children are interesting because when they think about how many of the deer in the example are still screaming.

伊予などでは胴乗りと称して、幾人もの子どもが帯をつかまえて繋がり、長い馬になって組を分けて乗りっくらをしているのもあるが、やはりまだ鹿何ちょうなどと、数を当てさせる言葉を使っている。

In Iyo and so on, there are a number of children grabbing a belt and connecting them, sometimes forming long horses and riding groups, but there are still many deer I use words that make me guess.