文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

こども風土記:柳田國男(764-799)/1016

指の数を当てさせて、はずれたとき、ちがうという代りに正しい数をいい、「三本何本」と畳みかけて問う風は九州にもあるが、大分県の方には最初から、

There are winds in Kyushu where the number of fingers is applied and the correct number is used instead of the difference when it comes off.

レイボン、何本

Raybon, how many

という妙な問いかたがあって、それを零本のことだと解しているらしい。

He seems to understand that it is a zero question.

滋賀県の犬上郡でも、

In Inukami-gun, Shiga Prefecture,

レイボン、鹿の角何本

Raybon, how many deer horns

鹿の足何本

How many deer feet

などという聞きかたがあるという話だが、このレイボンなどが、或いはなんらかの手掛りではあるまいか。

It is said that there is a way to ask, but I wonder if this rabon etc. is or some clue.

私はなお他の地方の変った事実に、これからも気をつけていたいと思っている。

I still want to be aware of the strange facts of other regions.

ネンガラの鉤

Nengara Hook

 念木・念棒の問題についても、二十何通の通信を私は受取っている。

I have received twenty dozen communications about the problem of Nenki and Nenbar.

遊びの方式はどこの土地もほぼ一様で、ただ細かな規則に少しずつの差異がある。

The method of play is almost the same everywhere, but there are small differences in the detailed rules.

名称は隣どうしの村々でもちがっていて、しかも不思議に遠い地方との一致が認められる。

The name is different between neighboring villages, and it is also consistent with a mysteriously remote region.

あまり数が多いので私も全部は列記しなかったが、やはり一ばん多いのはネンで、その中でもネンガラ・ネンガリなどがひろく行なわれている。

I didn't list them all because there were so many, but the most common was Nen, of which Nengara Nengari was widely performed.

木とか棒とかクイとかいうものの、今一つ古い言葉がカラではなかったかと私は思う。

I guess the old word was not empty, though it was a tree, a stick, or a kui.

 ネンガラには元はみな鉤枝がついていたろうというのが、私の新しい意見であって、これにはまだ同意の人が少ないように思われた。

It was my new opinion that Penengara would originally have had hooks, and it seemed that few people still agreed.

しかし自分が鉤のある念棒を用いていたというためでなく、本来は二叉に岐れた木の枝というものが、特別に霊の力があるもののように、我々の祖先には考えられていた。

But not because he was using a hooked memorial stick, but originally a forked tree branch was considered by our ancestors as something specially spiritual. I was

その心持が今も子どもの中に伝わっているごとく感じたからである。

I felt that my feelings were still being transmitted to the children.

二また大根などは近頃の話だが、もとは「またぶり」という股になった杖を、旅の聖などは皆ついていた。

Nittata daikon, etc. was a recent story, but originally the crawling stick called "agaburi" was attached, and all the saints of the trip were attached.

西洋で占いの杖というのも皆これで、金鉱・地下水の発見の技術も、また北アジア名物の宝捜しも、もとはすべてこの枝によったのであった。

This is the fortune-telling cane in the West, and the technology of gold mining and groundwater discovery, as well as the treasure hunt of North Asia's specialty, all depended on this branch.

ネンガラの童戯が果して私の想像のように、最初子どもらしい大人の占いの方法に出たものならば、必ず鉤があるわけだと私は思っているのである。

I believe that if Nengara's children's play, as I guessed, first comes into the way of fortune-telling of childlike adults, there is always a hook.

 ところが関西のネンガラにはもう一般に鉤がない。

ネ ン Nengara in Kansai, however, generally has no hooks.

ないのが当り前のようにいう人が多いので、少しばかり弱っていると、これも幸いに実例が出てきたのである。

There are many people who say that there is no such thing, so if it is a little weak, fortunately an example has come out.

九州でも中央の山地にはまだ鉤のあるネンがあるらしい。

Even in Kyushu, there are still hooked linens in the central mountains.

豊後の玖珠地方のものは久留島武彦氏が図示してくれられた。

Bungo's Kusu region was illustrated by Takehiko Kurumejima.

ただしここのは関東とちがって、小枝の方を長くして把手にしている。

However, unlike here in Kanto, the twigs are longer and have a handle.

それでは力の入れかたが我々とは異なっていたろうと思うが、とにかく呼吸だから、覚え込んだものが伝わっているのである。

I guess the way we put our power in was different from ours, but because we were breathing anyway, what we remembered was transmitted.

或いは鉄で打たせたものもあって、これも棒ではなく、よほど曲っているのが面白いと思った。

Or it was ironed, and I thought it was interesting that it was not a stick but a very bent one.

山口県の一部では、キリコまたはネコというのが、鉤のある念木の特別品であった。

In some parts of Yamaguchi Prefecture, Kiriko or cats were a specialty of a hooked tree.

佐賀県および豊前の一つの報告では、ネン木は通例は直ぐな棒だが、時には枝附きのものを大事にして持っておる子がある。

In one report from Saga Prefecture and Buzen, nenki is usually a straight stick, but sometimes there are children who take care of those with branches.

この方が勝負に強く、相手に打たれてもくるっとまわって容易に倒れぬからということであった。

This is because he is stronger in the game and even if he is hit by the opponent, he turns around and cannot fall easily.

鹿遊びの分布

Distribution of deer play

 朝日新聞の「こども風土記」の中に鹿・鹿・角・何本の遊戯のことを書いておいたら僅か七、八日の間に、驚くべし百七十余通の手紙|葉書が到着し、それがいずれも近年までこの遊びをしていたという、関係者自身からの知らせであった。

If you wrote about deer, deer, horns, and how many games in the "Children's Fudoki" of the Asahi Shimbun, in just seven or eight days, surprisingly more than 170 letters have arrived | It was news from the parties concerned that they had been playing this game until recently.

この方面においては民間伝承の会はまだ無識であり、かつ怠慢であったことが明らかになったから、罪滅しのためにその資料を整理して、同志諸君に報じ、またこの問題を起してくれたアメリカの学者に通信し、同時に各地の書状の主に感謝の意を表したいと思う。

In this direction, it was revealed that the folklore society was still ignorant and negligent, so he organized the materials for his eradication, reported to his comrades, and raised this problem. I would like to communicate to the American scholars who have made it, and at the same time thank the Lord of the letters in each region.

一々その氏名を掲げるのが本意だが、あまり数多いのでそれができない。

I really like to name each one, but I can't do that because there are so many.

ただ次の二十四市・五十五郡と五つの島、合せて八十四ヵ所以上の土地に、ほんのわずかずつの変化をもってこの鹿遊びが行なわれていたということを、お互いに知ってもらい、かつそれを比較し綜合してみると、こういうことが考えられるというまでの報告をもって、私の答礼に代えたいのである。

However, let each other know that this deer play was being carried out on the following twenty-four cities, fifty-five counties and five islands, in a total of more than 84 sites, with only slight changes. When I receive it, compare it, and put it all together, I would like to substitute my report with a report up to this point.

 まず最初に現に鹿々の遊戯が行なわれ、または近い頃まで行なわれていたことの、確かなところは次の通りである。

First of all, it is certain that the game of deer was actually being played, or was being played until very soon.