文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

こども風土記:柳田國男(902-967)/1016

問いの言葉に格別の興味をもち、節をつけて唱えているのが一般であるのを見ると、これはこの方を主としていたのが、後おいおいに相手を馬にして飛び乗る挙動の方へ移って来たのではないかとも思う。

Seeing that the words of the question were of particular interest and generally chanted with clauses, it turned out to be mainly from this person, but later on to the behavior of jumping with the opponent as a horse. I think he came.

佐賀県の例では始めからの申し合せもなく、不意に後から乗りかかって指の数を問う戯れもあるという。

In the case of Saga prefecture, there is no agreement from the beginning, and there is a play that asks the number of fingers suddenly afterwards.

これなどはいよいよ背なかを叩く方が元の形ではなかったかを考えさせる。

This makes me think that it wasn't the original form to hit the back.

 次には指の数を問う文句であるが、これにはことに面白い変化がある。

The next question is about the number of fingers, but this has an interesting change.

全体に鹿・鹿・角・何本とくぎって、はっきりと言う者が少なく、九州などは、

The whole is deer, deer, horn, and how many, and there are few people who say clearly, such as Kyushu,

しか/\何本

Shika / \ how many

またはシカナンボというのが普通で、それが鹿だということを今始めて気づいたという人も多かった。

Or many people say it's a normal deer and it's the first time they realize that it's a deer.

鹿の角を明らかに言っているのは、九州では博多と京都郡とただ二ヵ所だけで、その他はシタシタ何本と謂ったり、またはチカチカ何本という者が方々にある。

There are only two places in Kyushu where deer horns are clearly mentioned: Hakata and Kyoto-gun. Others call it "Sitasita" or "Tikkaika".

広島市などでは、

In Hiroshima City,

チケチケワンボ

Chikechike Wanbo

とさえ謂っている。

Even so-called.

紀州の日高郡でもチカチカこれ何本、京都ではまた、

In Hidaka-gun, Kishu

ペスペスこれ何本

How many Pespes this

 つまり鹿の遊びだということはもう忘れているのである。

I have already forgotten that it is a deer game.

 愛媛県の方に来ると、鹿の角何本というのがまだ処々に残っているが、一方には色々の言いかえが始まり、それも九州ほどには統一していない。

来 る When you come to Ehime Prefecture, there are still many deer horns left, but on one side, various rephrasing has begun, which is not as unified as in Kyushu.

最も簡単な、しかしかなんぼ以外に、たとえば、

The easiest, but apart from anything else, for example,

しかいちなんぼ(喜多)

Shikaichi Nanbo (Kita)

しかんちょなんぼん(松山市等)

Shikancho Nanbon (Matsuyama City, etc.)

しかしかなんちょう(温泉)

However, what (chosen)

しかやんなんぼ(越智)

Shikayan Nanbo (Ochi)

しか/\しかの年なんぼ

The year of Shika / Pikashi

 その他の珍しい変化が現われている。

Other unusual changes are appearing.

是は運動の間拍子とも考え合せて見るべきものであろうが、とにかく意味もわからぬ語が永く伝わるには、別にそれぞれの理由が隠れて存するものと見てよい。

It should be considered in consideration of the time signature during the exercise, but it can be seen that each reason is hidden in order for words whose meaning is not understood to be transmitted for a long time.

注意すべき点はなお幾つかあるが、九州でも大分郡と別府の町とだけに、

There are still some points to note, but in Kyushu, only in Oita and Beppu towns,

レイボン何本

How many Ray Bones

と言ってきく例がある。

There is an example to say.

是は下の児の答えが当らなかった場合に、それを打消して「三本! 何本」と畳みかけて問う言葉ともみられるが、一本も出さずに握り拳で出すことを、零本というのは少し出来過ぎている。

If you do not get the answer of the child below, you can cancel it and fold it as “three! That's a bit too much.

ところが遠く離れて滋賀県の犬上郡でも、同じ遊びは背の上から指を立てて、

However, even in Inukami-gun, Shiga, far away, the same play raised his finger from the back,

レイボン、鹿の角何本、鹿の足何本

Raybon, how many deer horns, how many deer feet

というのがあって、土地の人は零本と解しているようだが、是などは問いの始めだからことに妙に聞える。

Therefore, it seems that the local people understand that it is zero, but it seems strange that this is the beginning of the question.

何か原因のまだ捉えられぬものが有るのではないか。

Isn't there any cause that still can't be caught?

小さなことのようだが手掛りはこんなところに潜んでいると思う。

It seems to be a small thing, but I think the clues are lurking in such places.

 それからもう一つ、是は同じ滋賀県の大津などできく問答の言葉に、

Another thing is that you can ask questions like Otsu in Shiga prefecture,

鹿のつの/\何本あるや

Deer's // There are many

三本あるわ

There are three

よう当てた

Guessed

というのがある。

There is.

「あるや」は児童の平語でないだけに、自然には生まれなかったもののように思われる。

It seems that "Ariya" was not born naturally because it is not a child's plain language.

大津から京都へ越える山中の村でも、

Even in a village in the mountains that goes from Otsu to Kyoto,

鹿よ鹿よ角何本

Deer and deer

九州方面でも朝倉郡に、

Asakura-gun in Kyushu area,

鹿々何本なりや

How many deer

福岡市では、

In Fukuoka City,

鹿の角何本なるか

How many deer horns will be

豊前の京都郡には、

In Buzen's Kyoto-gun,

鹿の角々何本なりや

How many deer horns

三本なァり

Three books

などという問答があるというが、是が飛び飛びに広い地域に及んでいる。

It is said that there is a question and answer, but it is spread over a wide area.

少し煩わしいけれども列挙してみると、たとえば香川県の三豊郡では、

If you enumerate it a little annoying, for example, in Mitoyo-gun in Kagawa Prefecture,

鹿よ鹿よ立てたる角は何本か

Deer, deer, how many horns stand

同じく多度津では、

Also in Tadotsu,

鹿よ鹿よ汝の角は何本あるか

Deer, deer, how many horns are there?

東海道の方に来ても浜松市は、

Hamamatsu City, even if you come to the Tokaido

鹿々何本の角ありや

How many deer horns

相模の海岸では、

On the coast of Sagami,

鹿々汝の角は何本よ

How many deer horns are you

と問い、甲州の北巨摩郡では、

In Koshu County, Koshu,

鹿よ鹿よ鹿の角は幾本なりや

Deer, deer, deer horns

富山県の入善地方においても、

In the Irish region of Toyama prefecture,

鹿よ鹿よ汝の角は何本なりや

Deer, deer, how many horns are there

と謂っている。

It is called.

こうした一致に至っては偶然ではありえない。

Such agreement cannot be accidental.

或いは最初外国にあったものを直訳に移したかという想像も成り立つのである。

Or it can be imagined that what was originally in a foreign country has been translated.

 外部に独立した証拠のないかぎり、そう断定してしまうことはもちろんできない。

Unless there is independent outside evidence, it is of course impossible to conclude.

我々の一つの仕事は明治以前の文献の中に、これを記したものが全く無いということを確かめることであるが、それは容易ではないだけでなく、記録に無いということは実はまだ当てにはならない。

One of our tasks is to make sure that none of the pre-Meiji literature mentions this, but it is not only easy, but it is still not really true No.

平凡なる日常の生活は、筆に表わされずに幾らでも伝わっているので、他の多くの児童遊戯とても、必ずしも何かに出ているとはきまらぬからである。

This is because many ordinary children's games cannot always be said to be in something, because ordinary everyday life is transmitted in many ways without being represented by a brush.