文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

食料名彙:柳田國男(231-264)/705

石の挽臼が行き渡らなかった世には、搗臼によって得られる小麦粉の量は少なく、麩になり生麩になる部分が今よりもはるかに多いので、フスマも当然に食料の中に入れなければならなかったのである。

In a world where stone mills have not spread, the amount of wheat flour obtained from Wausu is small, and there is much more flour and raw dough than it is now. It wasn't.

しかしそれをスマという名で呼んだかどうかはまだ明らかでない。

However, it is still unclear if it was called Suma.

コムギシラコ 土佐の高岡郡では、フスマすなわち小麦の皮を水で捏ねて、そのねばりを黐の代りにする。

Wheat Shirako In Takaoka-gun, Tosa, knead bran, that is, the skin of wheat with water, and use that sticker instead of black.

子供が蜻蜒をさすのは、通例はこの小麦シラコであるという。

It is said that the wheat shirako is the one that a child usually refers to.

このシラコも白い色から出た名ではないらしい。

It seems that this Shirako is not the name that comes from the white color.

トドリ 麦を磨いだ磨ぎ汁の底に沈澱するものを、長門の島々ではトドリといい、これに蓬の葉を入れて餅に搗いたのを、トドリ餅という処もある(見島聞書)。

Totori: The thing that settles down on the bottom of polished soup is called Todorii on the islands of Nagato, and there is also a place called Todorimochi, which is a rice cake made from rice with peony leaves.

       ○

ノムギ 信州から飛騨に越える野麦峠の地名なども、この野生の食料によってできた名という(信濃地名考)。

Nomugi The name of the Nomugi Pass that crosses from Shinshu to Hida is also called the name created by this wild food (Shinano place name).

野麦はミヤコザサという一種の笹の実で、普通に篶の実というものの方言である。

Wild wheat is a kind of bamboo fruit called Miyakoza, which is a dialect of the common fruit.

皮は薄赤く、中に白い粉があってやや小麦と似ている。

The skin is light red with a white powder inside, somewhat resembling wheat.

山地の住民はこれを穀物に交えて麺に作って食べていた(伊那一五三号)。

Inhabitants in the mountains mixed this with grain to make noodles for eating (Ina No. 53).

エノコ 隠岐の島前では葛の根をエノコという(昔話研究一巻九号)。

Enoko: In the front of the island of Oki, the root of kudzu is called Enoko (Old Story Study Vol. 9, No. 9).

この名称は他の地方ではまだ聴かない。

This name is not yet heard in other regions.

ズリ 長門の大津郡などで、根から澱粉を採取する野生植物の一つ、「かたくり」のことだというが、西の方でこの名をもって呼ぶのは、山慈姑だけには限らぬようだからまだ心もとない。

Zuri It is said to be one of the wild plants that collect starch from roots, such as Otsu-gun in Nagato, but it is not limited to Yamaji-ji because it is called in the west with this name. I have no heart.

ズリという名は他にもあるかどうか。

Is there another name, Zuri?

ウルネ ウルネカズラという野生植物の根だということで、昔の飢饉年にはこれから片栗粉を取って食べたという話が、紀州の上山路などにはある。

Urune It is a root of a wild plant called Urunekazura, so there is a story in Kamiyamaji, etc. in Kishu that he had eaten potato starch in the old famine year.

カズラという以上は本物の片栗でないことは明らかである。

It is clear that it is not a real potato chestnut rather than a vine.

南河内の山村でカラウまたはウリネというものと同じであろう。

It would be the same as Kalau or Urine in the mountain village in Minamikawachi.

カネ 葛の粉をカネまたはカンネという土地は弘く、九州は一般に葛をカンネカズラというようであるが、果してこの一種に限るか、または根塊類の澱粉をすべてカネというのかは問題である。

Kane: It is said that kudzu flour is called kane or canne, and in Kyushu, kudzu is generally called kanekazura. However, whether it is limited to this type or all root nodule starch is a problem is a problem.

鳥取県の東伯郡などには、蕨のカネという語があり、鹿児島県でも特にクズノカネと明示しているから、少なくとも長門の豊浦郡のように、これをカズネとはっきりと発音し、葛根の語音のごとく考えるのは誤りであろう。

In Tohaku-gun, Tottori prefecture, etc., there is the word warabi-no-kane, and even in Kagoshima prefecture it is clearly indicated as kuzunokane. It would be wrong to think like.

しかし注意して見ると野生のものに限り、栽培品の芋などにはそういわぬらしい。

However, if you look carefully, it seems that only wild ones are cultivated such as potatoes.

全体にこのいわゆるカネを、常食とする風は意外に少ないようである。

Overall, it seems that there are surprisingly few winds that make this so-called money a staple food.

飛騨の白川などは葛の粉はクズネで、カネという語は行われないが、これから製した澱粉はコというものには入れていない。

In Hida and Shirakawa, the kudzu flour is kudzu, and the word money is not used, but the starch produced from this time is not included in ko.

そうして明治の末頃までは、ただ凶年の補食として大事にするのみで、ほとんと常用にはしていなかった(ひだびと五巻六号)。

Until the end of the Meiji era, he only valued it as a supplement for a deadly year, and did not use it regularly (Hidabito Vol. 5, No. 6).

カネの語原はあるいはこういう処にあるのではないかと思う。

I think the word source of money is in such a place.

ハチガツバナ 野生の澱粉をハナという区域はなかなか弘い。

Hachigatsubana The area where the wild starch is called Hana is quite popular.

それが同じ物をカネといわぬ地方にのみ行われているのをみると、あるいはこの二語はもと一つのものかも知れない。

Seeing that the same thing is done only in the regions that are not called money, or these two words may be one originally.

飛騨で八月バナというのは蕨粉のことで、多分は採取の季節から出た名であろうが、だいたいにハナとただいうと、この地方では蕨の粉のことである。

August Hana in Hida is warabi powder, probably because it came from the season of harvest, but when it's just called Hana, it's warabi powder in this region.

しかし信州の伊那遠山などでは、クズノハナというのが葛粉のことであり、東北にはまた特に根バナという名もあるから、元は範囲のずっと弘かった語と想像せられる。

However, in Ina Tozan, etc. in Shinshu, Kuzunohana refers to kudzu powder, and Tohoku also has the name Root Bana in particular, so it can be imagined that the word used to be a much broader range.

ただそれが米・小麦・稗・蕎麦などの、澱粉にまで及んだかどうかは疑問であって、後にこの区別を立てない土地が少しはあっても、それは新たなる延長かも知れぬのである。

However, it is doubtful whether it has spread to starch, such as rice, wheat, bran, and buckwheat, and it may be a new extension even if there is a little land that makes no distinction later.

熊本県の南部等において、人が死ぬとすぐに作る枕団子を、オハナというのは忌言葉であろう。

In the southern part of Kumamoto prefecture, Ohana is a bad word for a pillow dumpling that is made as soon as a person dies.

すなわちこういう必要から、いつとなく米の粉もハナというようになり得るのである。

In other words, because of this need, rice flour can become hana.

タテハナ 飛騨で蕨粉のハナを製する方法は、もうよほど進んでいる(ひだびと七巻二号)。

The method of making warp flour hana with Hate is very advanced (Hidabito Vol. 7 No. 2).

これの水の中に沈澱させる装置をハナ桶、その前に垂れ槽の中で攪拌する櫂のような木をハナ起しというなど、いろいろの道具が具わっている。

There are various tools, such as a tub for the equipment to settle in the water, and a hanger for raising a tree like a paddle that stirs in the dropping tank in front of it.