文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

食料名彙:柳田國男(331-364)/705

雪国では野菜が嫩く柔かくて、今でも副食用として採取せられる山の青物が多い。

In snowy regions, vegetables are slender and tender, and even now there are many mountain greens that can be collected as side dishes.

ミズ・アイ・ホナ・シオデの類、算え上げると二十種以上もあるが、これはすでに『分類山村語彙』に載せたから、ここには再び説かない。

There are more than 20 kinds of Ms. I Hona Shiode, which I have added up, but since I have already put this in "Classification Yamamura Vocabulary", I will not explain it again here.

中部以南の暖かい土地にも芹とかヨメナ・タンポポというような栽培せぬ野菜は今も存外多く、またヒユナやアカザの類の、特別の場合だけに食用とするものも若干ある。

There are still many uncultivated vegetables such as sardines and yomena dandelions in warm lands south of the central part of the country, and there are also a few Hiyuna and Akaza, which are edible only in special cases.

アオカテ 陸中|東磐井地方で青カテといっているのは、大根の葉の塩漬にして貯えられたもののことである。

Aocate Rikuchu | In the Higashi-Iwai region, what is referred to as Ao-cate is salted pickled radish and stored.

これを小さく刻み大根とともに米の飯に交えて食べる(岩手藤沢誌)。

Eat this in small pieces with rice and radish (Iwate Fujisawa).

大根の葉は乾しても貯蔵し、これを赤葉というから、それに対した語であろう。

The radish leaves are stored even when they are dried, and this is called the red leaf.

アオモノトリ 野菜のもと野生であったことは文字からでもわかる。

Aomonotori It can be seen from the letters that it was wild under vegetables.

それをまた青物といっていたのは、雪の多い地方としては最も自然の名であった。

It was once again called "bluegrass", the most natural name for a snowy region.

越後北蒲原地方の山の青物には、アズキナ・コゴミ・ミズ・シドケ・小ウルイ・本ウルイ等があり、信州北安曇郡ではこの以外に、ウトウブキ・ウド・アザミ・蕨や筍までをその中にかぞえている。

There are azkina, kogomi, mizu, sidoke, small ului, and book ului in the greenery of mountains in the Echigo Kitakanbara region. ing.

そうして青物採りという語は東北からこの地方にまで及んでいた。

So the word "green picking" spread from Tohoku to this region.

一時に大挙して採り集め、これを塩にしておいて年中に食料にした。

I picked them up in large numbers at one time, salted them, and made them food for the rest of the year.

それでまた「無塩の青物」という珍らしい言葉もあるのである。

Therefore, there is another rare word, "unsalted blue fish."

漬物という特色ある食品の日本に発達したのも、起原はまったくこの青物採取の期間が、畠とはちがって甚だしく短いからであった。

The unique food called pickles developed in Japan because the origin of the pickled vegetables was extremely short, unlike the case of Hatake.

アオヤ 栽培する蔬菜にも青物という名を延長し、これを鬻ぐ店を青物屋ということは、東日本一般の風であったが、東京などはいつの間にかこれをヤオヤというようになった。

Aoya: The name "Ao-ya" was also extended to the vegetables that were cultivated, and the store called "Ao-Aya" was a popular wind in East Japan.

種類が多いから八百屋だと解する人が多いが、それは後からのこじつけである。

Many people think that it is a greengrocer because there are many types, but it is a prudent work afterwards.

会津の若松などは今でも青屋といっている。

Wakamatsu in Aizu is still called Aoya.

実は今一つ青屋という職業があって、それは一つの下り職であったゆえに、まちがえられては困るのでヤオヤと言いかえたのかと思う。

Actually, there is another profession called Aoya, and since it was one downhill job, it would be a problem to make a mistake, so I think it was called Yaoya.

アオクサヤ 加賀の金沢などは、いわゆる八百屋を青くさ屋といっている。

Aoksaya, such as Kaga's Kanazawa, calls the so-called greengrocer's green shop.

多分は青物をもと青クサともいったのである。

Perhaps he also referred to blue grass as a bluegrass.

クサは食品のことだったから、この方が一段と具体的だったともいえる。

It can be said that this was more concrete because the kusa was about food.

シャエンモノ 徳島・愛媛の二県などには、蔬菜類をシャエンモノという語がある。

Chaenmono In the two prefectures of Tokushima and Ehime, there is a term for vegetable vegetables called chaenmono.

シャエンは菜園の漢字音だけれども、そちらはもう使わずに、略してシャエンといってもやはり蔬菜のことであった。

Chaen is a kanji sound in the garden, but I didn't use it anymore, and I'd say Chaen for short.

佐渡の島でもいわゆる野菜の意味にサエンという語を使い、これに伴のうてサエン畠・サエン売りなどの語があった(方言集)。

Even on the island of Sado, the word "saen" was used to mean so-called vegetables, and along with this, there were words such as "saen-hata" and "saen-selling" (dialects).

大和|宇陀郡などで野菜をサイクサというのも、事によると一度このサエンという語を通って来ているのであろう。

Yamato | In the Uda-gun and other areas, vegetables are said to have once come through the word Saen.

センザイモノ これも東京附近で蔬菜のことをいう名である。

Sensai Mono is another name for vegetables in the vicinity of Tokyo.

前栽は中世の上品な新語で、もとは庭園のことであったのだが、農家では屋敷に接した汁の実用の畠を、この前栽の名で呼んでいたのである。

Maize was an elegant new word in the Middle Ages, which originally used to be a garden, but farmers used the name of this maize to call a practical soup made of soup in contact with a mansion.

デアイモノ 季節の食物という意味に、出合い物という語を使っている土地がある(但馬大杉谷)。

Dai-Imono: There is a land that uses the term encounter in the meaning of seasonal food (Tajima Osugiya).

魚類にもあるが植物にはことにシュンまたはスということを重んずるのは、もともと採取の時期が限られていたからかと思う。

Although it is found in fish as well, I think that the importance of shun or sui is especially important for plants because the time of harvest was originally limited.

フクタチ 茎立すなわち蔬菜の春になって薹に立つことであるが、それをククタチと呼んだのは古く、東北ではまた一般に始めのクをハ行に発音していて、時としては畠の菜をすべてフクタチという人さえある。

Fukuchi: Standing, that is to say, it is to stand in the spring when it is spring, but it was called Kukutachi for a long time, and in Tohoku, the first K was commonly pronounced as Ha, and sometimes Hatena There are even people who call it all.

雪の中から急いで伸びるので、野山の青物も同じように、ことに寒国では菜の茎が柔かいのであろう。

Since it grows quickly from the snow, it seems that the stalks of greens in Noyama are also soft, especially in cold countries.

しかし中国の方でも、稀には小松菜をフクタチナという処もあるから(岡山方言)、名の起りは新しいものでない。

However, even in China, there are rare places where Komatsuna is called Fukutachina (Okayama dialect), so the origin of the name is not new.

クキナ 山形県の多くの郡では菜漬をクキナ、これを細かく刻んで味噌で煮たものをクキニともいう。

Cukina In many counties in Yamagata prefecture, pickled pickled vegetables are called chopped minced meat and boiled in miso.

茎立の菜には限らず、生えてまもない大根をまびいたのも、デコグキといい、また大根葉の乾したのをクキバともいっている。

Not only rooted vegetables, it is also called Dekoguki that sprinkles freshly radish, and it is also called Kukiba when the radish leaves are dry.

いずれも他の地方同様に味噌汁に入れ、または煮付けて食べる。

Both are put in miso soup or boiled and eaten like other regions.