文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

食料名彙:柳田國男(365-401)/705

(土の香一六巻二号)。

(Soil incense Vol. 16 No. 2).

島根県の邑智郡などでいうクキタチも、必ずしも薹に立った菜だけではなく、三月頃麻じりの畠に残っている蕪菜を抜いて漬けておくもののことであり、もとは田植の頃の食物となっていた。

Kukitachi, which is said to be in Ochi-gun in Shimane Prefecture, is not only a vegetable that stood in a pot, but also the pickled bean that remains in the hemped halves around March. It was the food of the time.

そうして漬物用の菜を一般にヒラグキとも呼んでいる(粒々辛苦)。

The vegetables for pickles are generally called hiraguki (grainy bitterness).

能登の舳倉島の海女がフキといっているのは薩摩薯の蔓のことで、これを塩漬にしまたはフキ汁にして食べるそうである(島二巻)。

The sailor of Noto's Hegurajima is said to be fluffy, which is the vine of Satsuma yam, which is said to be salted or salted into soup stock (Island 2).

カンヅケ いわゆる沢庵漬のことを、九州北部では一般に寒漬とそういう。

Kanzuke is what is called Sawaan-zuke, which is generally called Kanzuke in northern Kyushu.

今では菜類にも冬に入ってから貯蔵にとりかかるものが多くなっているが、以前の野菜は春の終りに漬けて、古くしてから食べなければならなかった。

Nowadays, many vegetables are used for storage after winter, but old vegetables had to be pickled at the end of spring and eaten after a long time.

同じ漬物でも寒漬の方が、まだ若干の新鮮味を保っていたので、これも食物文化の一つの進境であった。

Even with the same pickles, cold pickles still kept some freshness, so this was also one of the advancements in food culture.

ヤタロウ いったん塩漬にしたものを出して、甘酒の中に酒粕を入れたものへ漬け直すのを、どういうわけでかヤタロウという土地がある(富山市近在方言集)。

Yatarou For some reason, there is a land called Yatarou where salted ones are picked up and then soaked in sake lees in sweet sake (Toyama city dialect collection).

こういう漬物にもいろいろあるが、いずれも新らしい方法かと思われる。

There are various kinds of pickles like this, but it seems that all are new.

トウブンヅケ 大根や茄子を塩少なく漬けたものを当分漬(出雲方言考)、味はよいが長くは貯えられぬ。

Tobunduke: Pickled radish and eggplant with low salt for the time being (Izumo dialect), the taste is good but it can not be stored for a long time.

あるいは当座漬または浅漬という処も多い。

There are also many places called Tozazuke or Asazuke.

つまり漬物は年を越すように塩辛くつけるのを、本則としていたのである。

In other words, the main rule was to pickle pickles with salt over the years.

カンダイコ 大根も寒中にいったん煮て、凍らせて乾して貯える風が東北にはある。

There is a wind in Tohoku that daikon daikon is boiled once in the cold, frozen, dried and stored.

これを春さきの汁の実に入れるのである(旅と伝説一一巻九号)。

This is put in the fruit of spring Saki (Travel and Legend Vol. 9, No. 9).

カケダイコ 正月|歳神様や恵比須大黒様に、掛大根と称して二本、ちょうど掛の魚のように竿に掛けて上げる地方がある(岡山県川上郡など)。

Kakedaiiko New Year | There are two regions, called Kake Daikon, which are used by Toshigami and Ebisu Daikoku (Kawadai-gun, Okayama Prefecture).

一つは美観であろうが、もとはこういう短期の貯蔵法も、暖かい地方にはあったのである。

One is aesthetics, but originally there was such a short-term storage method in warm regions.

いわゆる沢庵漬の大根は今でもただ掛けて乾している。

So-called sardine pickled radish is still hung and dried.

ツルクシダイコ また単にツルクシともいうは乾大根のことである(愛知県|碧海郡誌)。

Tsurukushi Daiko, also known as Tsurukushi, refers to daikon radish (Aichi Prefecture | Bikumi-gun magazine).

土地によってはこの簡単な方法によって、貯蔵に堪えるものを作ることができるのである。

Depending on the land, this simple method can make something that can be stored.

しかし現在はただツルクシまたはツルシといえば、乾柿を意味する処の方が多い。

However, at present, simply speaking of "Tsurukushi" or "Tsurushi" means "dry persimmon".

サキボシ 岐阜県東部などに、乾大根をサキボシという語があるのは(民族一巻三号)、裂き乾しである。

Sakiboshi: In the eastern part of Gifu prefecture, the word “sakiboshi” refers to dried radish (Ethnic Vol. 1, No. 3) as it is ripped and dried.

小さく切って乾すかわりに、株の根もとを一つにして取扱いに便にしたのは、小さいながらも近世の考案であった。

Instead of cutting into small pieces and drying, it was a small but early modern idea to use the roots of the strains as a single unit for convenient handling.

ミノボシ 大根の切乾しのことだと報ぜられているが(信州上田附近方言集)、起りは美濃乾しまたは蓑乾しであって、やはり一本のままで纏めて乾すように、竪に長く割いたものかと想像する。

Minoboshi is reported to be the dried radish (Shinshu Ueda-komi dialect collection), but the origin is either Mino or Minato, and it is still like a single dry Imagine it was a long time.

タコノテ 山口県の一部で乾大根をそう呼んでいる(阿武郡誌)。

Takonote: In some parts of Yamaguchi prefecture, that is called daikon (Abu-gun magazine).

これも蛸の手のように竪に割ってあるからの戯語であろう。

This is also a play word because it is divided into vertical lines like octopus hands.

ムジン 越中の五箇山では、刻み乾大根をムジンという。

Mujin At Gokayama in Etchu, chopped dried radish is called mujin.

語原はわからぬ。

I don't know the word source.

カッポジ 信州でカッポジというのは蕪の切乾しのことである。

Kaposi In Kashu, Kaposi is the cutting and drying of turnips.

蕪乾しかと思うが確かでない。

I think it's only Kabuto, but I'm not sure.

カンコロ 薩摩薯の切乾しをそう呼んでいる地域は、九州北部から島々にかけてはなはだ弘い。

Kankoro Hiroshi Hanahada is the area that calls Satsuma yam dry and dry from northern Kyushu to the islands.

名の起りはまだ明かでないが、そう古くからの食品でもないから、あるいはほかの物からの転用とも考えられる。

The origin of the name is still unknown, but it is also considered to be because it is not an old food, or diverted from other things.

現に馬鈴薯にも、はやまたカンプラ薯の名ができているのである。

In fact, potatoes have the name of Campra yam.

薩摩の伊唐島ではこの切乾しをコッパ、この名も相応に弘く知られているが、これは手斧のはつり屑を、東京あたりでそういうのと同じに、木の葉のこととも解せられる。

In Satsuma's Itara island, this cutting and drying is known as Coppa, and this name is also well known, but this is the same as that of the hatchet's shavings in Tokyo, but it can also be understood as a leaf.

同じ地方ではまた大根を薄く切って乾したものを、切る前にしばらく塩水に漬けておくので、カンヅケと呼んでいる例もあるから、あるいはこういう方面から移った名とも見られる。

In the same region, sliced and dried daikon radish is soaked in salt water for a while before cutting, so there are cases where it is called kanzuke, or it can be seen as a name transferred from this direction.

いずれにしても語音に人望のあったために、記憶しやすくまた流布しやすかったことは争えない。

In any case, it is arguable that it was easy to remember and disseminated because the sound of speech was popular.

ホシカ さつま薯を皮のまま切って乾したものを、土佐ではホシカという処がある。

Hoshika Satsuma yam is cut and dried in Tosa, and there is a place called Hoshika in Tosa.

大和吉野郡の天川村あたりにも同じ名は行われ、ここでは皮は剥いているが、適宜の薄さに竪に切って、大根や串柿と同様に、軒に下げて乾しているのが眼につく。

The same name is used around Tenkawa village in Yamatoyoshino county, where the skin is peeled, but it is cut into appropriate thin pieces and dried like hanging radish and kushi persimmon on the eaves. Is in the eye.