文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

食料名彙:柳田國男(402-439)/705

十分乾燥してから貯えておいて、春さき副食物の乏しくなった頃、湯でもどしておかずにするという(大阪民俗談話会報一〇)。

It is said that it should be stored after it is dried sufficiently, and when spring side foods become scarce, it will be boiled in hot water (Osaka Folklore Bulletin Bulletin 10).

土佐では多くは餅にして食べるというが、あるいは切る前に一度蒸しておいて、菓子代用にする薯切乾しも他にはある。

In Tosa, most of them are said to be mochi and eaten, but there is also yakiri-dried, which is steamed once before being cut and used as a substitute for sweets.

ホシカという語は一般に、肥料用の干鰊の名になっているので、こちらを誤用のように解する人もあろうが、実はその肥料のホシカとても新らしい名であり、またその由来も明白でないのである。

The word hoshka is generally used as the name for dried fertilizer for fertilizers, so some people may think of it as misuse, but in fact, hoshka is a very new name for fertilizer, and its origin is clear. Not.

カチイモ 静岡県|気多の山村などでカチ芋というのは、普通の里芋、この辺でエゴ芋というものの乾したのである。

Kachiimo Shizuoka Prefecture | In potato villages such as Kachiimo, the normal potatoes are normal taros, and the ego potatoes around here are dried.

最初に一度蒸し、火棚へ上げて十分乾燥させてから、臼で搗いて外皮を去ったもの、すなわちこのカチは搗栗のカチであった。

First, it was steamed once, put on a fire shelf and dried sufficiently, and then was mashed with a mortar to remove the rind.

俵につめて何俵となく貯蔵し、五十年前まではこれがこの地方住民の主たる食糧であった。

It was stored in bales, and it was the main food for the local people until fifty years ago.

今も堅い家では若干はこれを続けている。

Even now, some solid homes continue to do this.

ケイモ 宮崎県の一部には、里芋をそう呼ぶ処がある。

Keimo In some parts of Miyazaki Prefecture, there is a place to call taro.

ケ芋のケはハレに対するケ、すなわち日常用ということで、以前はこの芋が単なる副食物でなかったことを推測せしめる。

Keimo's ke is for the hare, that is, for everyday use, which makes us speculate that it was not just a side dish before.

ワンナ 千葉、茨城二県の農村で、芋殻一名ズイキの乾したのをワンナといっている。

Wanna In the farm villages of Chiba and Ibaraki prefectures, Iwana refers to the dried potatoes of the potato shell.

今では語原を知る者はないが、割菜であろうと思う。

Nowadays, no one knows the original word, but I think it's a split vegetable.

多くのナの中でこの物だけが、裂いて細くして食べるものだった時からの名と見られる。

Among many na, this is the only name from the time it was torn and thinned and eaten.

備中の笠岡あたりでは、産後いちばんの食物は白味噌の汁にズイキを入れたもので、これをワリナと呼び、古血を下す効があるといっていた。

Around Kasaoka in Binchu, the most post-partum food was a mixture of white miso soup with squid, which was called warina, and was said to have the effect of bleeding old blood.

紀州の熊野の太地辺でも、旧十月十五日のこの神祭の供物には、この割菜と鯨の皮とを入れた味噌汁を、今でも必ず供えることにしている。

Even in the Taiji area of Kumano in Kishu, we always offer the miso soup containing this split vegetable and whale skin to the offering of this Shinto festival on October 15th.

ワンナもおそらくは乾して貯えるものに限らず、以前はもっと弘く用いられた食料だったらしい。

Wanna is probably not limited to those that can be dried and stored, but it seems that it was used more widely in the past.

イモジ 里芋の茎を蔭乾しにしたものを、信州下伊那地方ではイモジという。

Imoji In the Shimoina district of Shinshu, the dried taro stems are called imoji.

五月頃野菜ものの乏しい際に、これを出して味噌あえなどにして食べる(日本農業雑誌二巻一三号)。

Around May, when vegetables are scarce, they are served as miso and eaten (Japanese Agricultural Magazine Vol. 13, No. 13).

茎立ちをクモジといった類とも考えられるが、イモジは古くは鋳懸屋のことであった。

It can be thought that the stem standing is a kind of spider, but imoji used to be a hanging house.

多分はこの名に托して食物のわびしさを紛らそうとしたのであろう。

Perhaps this name was used to try to distract the abundance of food.

鋳物師をオイモヤサンと戯れた手毬歌なども処々に残っている。

There are also some poems played by the founder playing with Oimoyasan.

ダツ 愛知県の市郡から飛騨にかけて、芋殻すなわち里芋の茎をダツといっている。

Datu: From the city of Aichi Prefecture to Hida, the stalks of potatoes, or taro, are called datu.

名の起りはまだわからない。

The origin of the name is still unknown.

フワイ 喜界島では今でも芋田があって田芋を作っている。

Fuwai Kikaijima is still home to potatoes, making it.

芋餅は五月五日の定まった食物にもなっているが、別にその茎を食料にすることも栽培の一つの目的であるらしい。

Imochi is also a regular food on May 5th, but it seems that one of the purposes of cultivation is to use the stem as food.

この芋茎をフワイというのは(同島食事日誌)、くわい(すなわち慈姑)の転用のようにも見られるが、どちらが前であったかは実はきめられぬのである。

This sweet potato stem is called wai (the same island food diary), and it is also seen as a diversion of kuwai (that is, a kindergarten).

タホド 津軽では慈姑を田ホドといっている。

Tahod In Tsugaru, the name of the kid is Tahod.

野生のホド芋は見たこともない人が多くなったが、阿波の剣山周囲その他の山村では、これを掘って食った記憶が新らしく、ほとんと馬鈴薯に逐われたと言ってもよい。

Many people have never seen wild potatoes in the wild, but in Awa's Kenzan area and other mountain villages, the memories of digging and eating them were new, and it can be said that they were almost completely destroyed by potatoes.

東北の瓜子姫昔話には、通例爺と婆とのホドを掘って来て食わせる一条を伴のうている。

In the Tohoku Urikohime old tale, there is usually an article that digs the hod of grandpa and grandma and feeds it.

ギワ 黒くわいというものの別名、まだ実物を見ていない。

Giwa: Another name for black walnut, I have not seen the real thing yet.

子供がその球根を掘って食う地方がある(岡山方言)。

There are regions where children dig and eat the bulbs (Okayama dialect).

ツシダマ 阿波の祖谷山で、菎蒻玉のことをそういっている。

Tsushidama: I mentioned the konjac balls at Iwayama in Awa.

これも野生の一種ではないかと思う。

I think this is also a kind of wild.

チブシ 箒草の実というが、あるいは特に食用に適した一種があるのかも知れない。

Chibushi is known as broomgrass, or there may be one that is particularly suitable for food.

字には地膚子などと書いているけれども、少しも宛てにならぬ宛て字で、多分は歯に当ってツブツブとする感じの形容であろう。

Although the word "jimiko" is written in the letters, it is a letter that is not addressed to anything at all, and probably it is a feeling that it touches the teeth and makes it smooth.

東北ではかなり人望のある食品で、味噌で煮たり、またはわさび醤油や大根おろしで味を附け、飯の上に載せて食べる。

In Tohoku, it's a popular food, and it is boiled in miso or seasoned with wasabi soy sauce or grated daikon radish and placed on rice to eat.

三戸郡などの狭い区域に限られるもののようにいうのは誤りで(旅と伝説九巻四号)、土地によって少しずつ名称がちがっているのである。

It is an error to say that it is limited to a narrow area such as Sannohe-gun (Travel and Legend Volume 9, No. 4), and the names are gradually different depending on the land.

秋田県の南部に来るとこれをトンブリという。

When you come to the south of Akita Prefecture, this is called Thonburi.

トンブリを七日七夜煮ると、馬の眼玉ほど大きくなるという話もあるから、だいたいにさっと煮て食べるものと思われる。

There is also a story that if you boil thonburi for seven days and seven nights, it will grow to the size of a horse's eyeball, so it is likely that you will boil it and eat it.