文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

食料名彙:柳田國男(550-582)/705

九州はだいたいにトウガラシをコショウという地域であり、その南部にはコウレエグス、すなわち高麗胡椒の名がある。

Kyushu is a region where pepper is called pepper, and in the southern part of it, there is the name Kouregusu, or Koma pepper.

その他の地方では東海道の一部から北陸・奥羽の全体にわたって、ナンバンまたはナンバがあの赤い蕃椒のことである。

In other parts of the country, from the part of the Tokaido to the whole of Hokuriku and Ou, Namban or the number is the red peppercorn.

トウガラシという地域は、全国の五分の二にも足りない。

The area called capsicum is less than two-fifths of the whole country.

ツブカラシ 会津地方では、蕃椒をもとカラシと呼んでいた。

Tubu Karashi In the Aizu region, it was called Karashi because of the pepper.

これに対して標準語のカラシに当るものを、特にツブカラシというそうである(新篇風土記)。

On the other hand, it is said that the one that corresponds to the standard word mustard is particularly called Tsubara-karashi (New Edition Fudoki).

アキビアブラ 秋田県|鹿角地方では、「あけび」の種子から油を搾って食用にした。

Akibiabura Akita Prefecture | In the Kazuno region, oil was squeezed from the seeds of "Akebi" for edible use.

小正月には特にこの油をもって附け揚げをこしらえて仏さまに上げた(民俗学二巻二号)。

During the New Year holidays, this oil was used to make a deep-fried dish for the Buddha (Vol. 2, Vol. 2).

メダレ 以前の食塩は製し方が粗末で「にがり」が多くこれを貯蔵することが容易でなかった。

Before the medare, salt was poorly prepared and had a lot of "nigari," making it difficult to store.

越後地方では木を刳って作った塩槽の上に塩を叺のままで置き、その底にたまる滷汁をメダレと呼んでいた。

In the Echigo region, salt was placed in a salt tank on a salt tank made of wood, and the soup stock that accumulated at the bottom was called medare.

メダレの用途は土臼を巻く粘土の中に入れ、または除雪用のコイスキに塗って雪の凍み付くを防ぎ、あるいは皮膚の水虫よけに塗ったりしたが、別に食用としては豆腐の製造にこれを利用したそうである。

The use of medare was to put it in clay wrapped in a mortar, or apply it to Koisuki for snow removal to prevent freezing of snow, or apply it to athlete's foot repellent of the skin, but for edible use it is used for manufacturing tofu. It seems that they used.

スマシ 現在は醤油で調えた汁だけがスマシで始めから澄んでいるのだが、以前は濁った汁を澄ましたものが醤油であって、味噌と醤油とは本来は別々のものでなかったのである。

Sumasi: Currently, only soup prepared with soy sauce is clear from the beginning, but in the past, the cloudy soup was soy sauce, and the miso and soy sauce were not originally separate. ..

あるいはこのスマシを取るために、始めからやや水分の多い味噌を仕込んだこともあるらしいが、普通には味噌を水で薄めてから、布の袋を二度ぐらい透してオスマシの汁を作っている。

Or, it seems that some miso with a little water content was added from the beginning to remove this sushi, but usually, the miso is diluted with water and then a cloth bag is pierced twice to make osmashi soup. ing.

秋田県北部などではその袋をスマスブクロといい、また味噌漉しという一種の竹籠も、そのために作られたと思われるから、スマシとはいっても十分に澄明なものではなかったはずである。

In northern Akita Prefecture, etc., the bag is called Sumabukuro, and a kind of bamboo basket called miso strainer seems to have been made for that purpose.

しかしこれだけでは今日の醤油のように、濃淡を自由にすることはできない。

However, with this alone, it is not possible to make shades free like soy sauce today.

それで今一種のタマリという方法があって、味噌桶の中へ細長い竹笊をさし入れておき、仏事の日などにはその筒形の中に溜ったものを汲み出して使ったのである。

So, there was a method called tamari now, in which a long thin bamboo sash was put into a miso tub, and on Buddhist affairs day, etc., it was pumped out and used.

中部地方などで醤油屋をタマリ屋という語が今でもなお行われているのは、この方式のよほど久しく続いていたことを意味する。

The fact that the soy sauce shop is called the Tamari shop in the Chubu region still means that this method has continued for a long time.

シラトリ 醤油の表面に浮ぶ白い黴を、上方ではシラトリまたはシラトという者が多い。

Shiratori The white mold that floats on the surface of soy sauce is often called Shiratori or Shirat above.

関東から奥羽地方へかけてはこれをササミという。

From the Kanto region to the Ou region, this is called chicken fillet.

語原はわからぬがササミとシラトとはもと一つの語だったようである。

I don't know the word source, but it seems that chicken and shirato were originally one word.

きたない例だが虱をシラミ、その虫の子をキサザなどといい、東北では今でもシラミをシヤメと発音する人が稀でない。

It is a messy example, but 虱 is called a lice, and its insect cub is called a kiss, and in Tohoku it is not uncommon to pronounce lice a lice.

コシ 鹿児島附近では黴も麹もともにコシといい、またいろいろの皮膚の病にもコシ・コセカキ・コシキヤマイという語がある。

Koshi In the vicinity of Kagoshima, both mold and koji are called koshi, and various skin diseases have the words koshi, kosekaki, koshikiyamai.

麹を今の仮名遣いでカウヂと書いているのは、最初からの名ではなかったかも知れぬ。

It may not have been the name from the beginning to write koji as kauji in the present pseudonym.

各語それぞれの独立した起原は考えられぬからである。

The independent origin of each word is unthinkable.

トモゲ 岡山方言に、トモゲは麹の種のことだと報じている。

Tomage: The Okayama dialect reports that moss refers to koji seeds.

トモはこの種を米にまじえると皆麹に化するから、仲間にするという意味で、トモという語も同じであろうが、ゲという語がまだ判らぬ。

Tomo will all become koji when this seed is mixed with rice, so the word tomo may be the same in the sense of making it a companion, but the word ge is still unknown.

あるいはコウジの旧語であろうか。

Or is it the old language of Koji?

以前の麹作りは今よりも一段と神秘なもので、たとえば壱岐島のテモヤシのごとく(民間伝承一巻八号)、家はそれぞれの口伝があって、空中の酵母の自然に来たり着くに任せていた。

The making of koji before was more mysterious than it is now. For example, like Timoyashi on Iki Island (folklore 1 vol.8), each house has its own oral tradition, letting you come to the nature of yeast in the air. Was there.

従っていわゆるトモゲの経験は、食物文化の一つの進歩であった。

The so-called Tomage experience was thus an advance in food culture.

アマカス 甘酒はもとは堅練りが普通であったらしい。

Amakas Amazake seems to have been normally hardened.

東日本ではこれを甘粕または甘粥という名が弘く行われている。

In eastern Japan, this is popularly referred to as the "rice cake" or "rice cake".

秋田県の男鹿半島の甘粕の製法は一つの例だが、米をケメシ(粥飯)に煮て甕に入れてさましてから、同じ量の麹を入れてかきまぜ、何か被せものをして二日ほど置いてから食べるという(農民日録)。

One example is the method of making amazume from the Oga Peninsula in Akita Prefecture. However, after boiling rice in kemeshi (rice porridge) and putting it in a jar, stir it with the same amount of koji and cover it with something else. It is said to be eaten after about a day (farmer's daily record).

水にうすめて湯にして飲むのが普通だが、諏訪の古い祭では、これを木の葉に包んで供えたことが記録に見えている。

It is common to dilute it in water and drink it, but at the old festival in Suwa, it was recorded that it was wrapped in leaves and served.

アマリ 酢をアマリということは、上方では夜分の忌言葉として残っているだけだが(民俗学四巻六号など)、中国・九州に行くとこれが普通の名であり、鹿児島県と南の島々ではまたアマンともいっている。

Amari Vinegar is the only word left over in the upper part of the night (Folkology No. 4, Vol. 6, etc.) Then it is also called Aman.