文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

食料名彙:柳田國男(583-617)/705

米の飯や薯なども余りの物を、壺の中に貯えて作るからと、五島あたりでは説明しているが、やはり酸くなる前にいったん甘くなるので、アマリといったのではないかとも想像せられる。

I explained that around Goto, because too much rice and yam are stored in a jar, but I think it might be Amari because it becomes sweeter before it gets sour. Sent.

腐るをアメルという動詞も東北にはある。

There is also a verb in Tohoku that says rotten is Amel.

カキズ 熟柿を甕の中に貯えて作る酢があって、広島県ではこれを柿酢と呼んでいる。

Kakizu There is vinegar made by storing ripe persimmons in a pot, and in Hiroshima Prefecture this is called persimmon vinegar.

柚を関西ではただユウといい、九州ではユース、東の方ではユズという者が多いのは、柚子という漢語の音読ではなく、この果実から最も簡単に酢が取れるからの名であったことが、これによって類推し得られる。

In the Kansai region, Yuzu is called just Yu, and in Kyushu youth and in the east many people are called Yuzu. , Which is an analogy.

橙をコウブツなどというのも、最初はカブスではなかったかと思う。

I think that Kobutsu and oranges were Cubs at first.

カブは九年母とも書いてもとは外来語らしい。

It seems that Kabu was originally a foreign language when written with her 9th-year mother.

シバス 柴酢。

Shibasu vinegar.

徳島県|奥木頭の山村で、ユルデすなわち白膠木(ぬるで)の葉から酢を搾りそれをそう呼んでいた(人類学雑誌一九〇号)。

Tokushima Prefecture | In a mountain village in Oku-Kizu, I called it by squeezing vinegar from the leaves of Jurde, a lumber tree (anthropological magazine No. 190).

何か簡単な酢が手に入るようになれば、当然にこういうものは忘れられて行くのである。

Of course, when something simple vinegar becomes available, such things will be forgotten.

オコウ 味噌は製法の地方差以上に、名称が各地区々である。

Oko Miso is named for each district, more than the regional differences in the manufacturing method.

オムシまたはムシというのが中央部には弘く行われているが、佐賀県ではオコウ、鹿児島県でもオコ、そうしてその語の起りはまだわかっておらぬ。

Omushi or Musi are widely used in the central part, but in Saga prefecture, they are also in Kagoshima prefecture.

八丈島ではこれをダシ(八丈の寝覚草)、東北では気仙郡でオエンソというのは塩噌の古称である。

In Hachijojima this is dashi (Hachijo no Nezakuzo), and in Tohoku Kesen-gun Oenso is the old name of salt miso.

津軽ではまたジンゴベイという名もある。

In Tsugaru, there is also the name Zingo Bay.

ジンダミソ 甲州では陣立味噌と書き、また一夜味噌ともいって、武田信玄の古法だという説がある(続甲斐昔話集二八九頁)。

There is a theory that it is written by Shingen Takeda in Jinmiso Koshu, and it is written as Jintai Miso, and is also called Miso overnight (2nd page of Kai Kai Old Story).

小麦粉の花つけ(麹)を戦場に携え、塩と水とを合せて、これをジンダを掻くといったというが、他の地方の例を見比べると、これではまだ一般の解説にならぬ。

He said that he brought flour flour (koji) to the battlefield, combined salt and water, and scratched Jinda.

たとえば岩手県の稗貫郡では枝豆餅、すなわち若い豆を潰して餅につけて食うのをジンダ餅とよび、飛騨でも大豆を煮てつぶしたのをジンダという、中世の記録に糂※などの字をあてたのは、多くは米の粉糠を塩に合せて醗酵させたもの、今日のいわゆる糠味噌のことをいうようである。

For example, in Hikanuki-gun, Iwate Prefecture, edamame mochi, or mashed young beans and eaten with mochi, is called Jinda-mochi. It seems that most of them are so-called bran miso today, which is made by fermenting rice bran with salt.

糠味噌は現在は単に漬物の床であるが、もとはこれをも食料に供した土地が多かったようである。

Nukamiso is currently just a floor for pickles, but it seems that many of them originally used it for food.

ヒナタミソ 広島県の一部では、「ひしお」のことをそう呼んでいるという。

Hinata Miso is said to be called "Hishio" in some parts of Hiroshima Prefecture.

醤のヒシオの「ヒ」も日であって、かつては日温をもってこれを促成していたゆえの名ではないかと思う。

I think that the name “hi” of the soybean histio is also a day, and that it used to be the daytime temperature that encouraged this.

ナッツ 納豆ともと一つの言葉であろうが、秋田地方には別にナッツと称して、塩辛と鮓とのあいの子のような食物がある。

Nuts Natto may be a word, but in the Akita region, there is another food called nuts, such as salt and spicy aiko.

製法はまだ我々にわからぬが、何か穀類を使って醗酵させたものらしく、これに川魚や草などを漬けて貯蔵するという(旅と伝説八巻六号)。

We don't know how to make it, but it seems that it was fermented using some kind of grain, and it is said that river fish, grass, etc. are soaked in it and stored (Travel and Legend No. 8 vol. 6).

いわゆる納豆にも豆を使わなかった時代があるのではなかろうか。

There may be times when so-called natto was not used.

ナットノオトコ 越後の各郡では歳の暮に納豆を寝せるのに、藁を引き結んだものをその苞の中に入れ、これを納豆の男といっている。

Nat Notoko In each Echigo county, to put natto to sleep at the end of the year, he put the one tied with straw in the bracts and calls it the natto man.

この「男」を入れると納豆がよくできるというのは実験であろう(越後三条南郷談)。

It would be an experiment that this "man" can be used to make natto better (Echigo Sanjo Nango story).

薩摩の黒島でも焼酎醸造の際に、笹を結んで麹の上に刺すのをムスビという。

Even in Kuroshima, Satsuma, when making shochu, it is called Musubi that tie the bamboo and stab it on the koji.

ムスビを多くさすほど焼酎の出来がよいという(くろしま一四八頁)。

The better the shochu, the better the shochu (Kuroshima page 148).

数千年間のバクテリヤは、こんな簡単な方式をもって伝わっていたのである。

Bacteria for thousands of years were transmitted in this simple way.

ミソカスモチ 東北ではスマシを取った味噌の搾り滓に蕃椒や山椒の実を入れて摺り、それを丸く平たく握って乾したものを、味噌滓餅といって貯えておき、炙って飯の菜にしている(鹿角方言集)。

In the Tohoku region, in the Tohoku region, squeeze of miso that has been removed is used to squeeze the fruits of Japanese pepper and Japanese pepper into a smash and squeeze it. (Kazuno dialect collection).

ヨカンベイ 酒の粕は酒の価が高くなると、湯に解いて酒の代りに飲む者がますます多くなる。

As yokanbay sake lees become more expensive, more and more people will dissolve it in hot water instead of drinking sake.

東北では一般にドベという。

In Tohoku, it is generally called Dobe.

山上憶良のカスユ酒もやはりこれであろう。

This is the case with Kasyu liquor from Yamara Omura.

福井県の坂井郡などで、酒の粕をヨカンベイというのは、やはりこの用途のためにできた名で、隠語でないまでも、恥を包む戯語であろうと思う。

In Sakai-gun, etc. in Fukui Prefecture, the sake lees yokanbay is a name that was created for this purpose, and I think it would be a shameful playground, if not a secret word.

ナンバンショノカス 越後では我々のいう味醂粕のことをそう呼んでいる(出雲崎)。

Namban Shonocus Echigo is what we call mirin rice cake (Izumozaki).

ナンバンショはすなわち南蛮酒で、この酒製法の輸入の際にできた名である。

Nambansho is, in other words, Nanban liquor, which is the name created when this brewing method was imported.

トウライ 味噌豆の煮汁の底に澱んだものを多くの土地では、アメ、美濃の徳山村ではトウライと呼ぶ部落がある。

Torai: There is a village called Miso bean simmered at the bottom in many places called Ame, and in Tokuyama village in Mino called Tourai.