文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

地名の研究:柳田國男(33-75)/3905

昭和十年十二月

December 1945

地名の話

Place name story

one

 三年ばかり前のことであった。

It was about three years ago.

山上氏の手紙の中に、確か神保氏の話であったかと思うが、日本の地名には意味の不明なものがはなはだ多い。

In Mr. Yamagami's letter, I think that it was Mr. Jimbo's story, but there are a lot of unknown place names in Japan.

アイヌなどとは大いに違うと平生いっておられるということを聞いた。

I heard that he is a normal person and is very different from Ainu and others.

この一言は予にとっては感謝すべき刺戟であった。

This word was a gratitude for Yo.

又聞きであるからもちろん趣旨を間違えているかも知れぬが、自分はこの言葉をこう解した。

Of course, since it's a listening question, I might be mistaken for the purpose, but I understood this word as follows.

日本内地における地名の大多数は、今まで学者先生の研究ではまだ説明することができないものが多い。

The majority of the place names in Japan are unexplained by scholarly research so far.

これをだんだん研究し説明して行くならば、将来地理学上・言語学上むしろ広く文化史学上に大なる利益があるであろう。

If we study and explain this gradually, there will be great benefits in terms of geography and linguistics rather broadly in cultural history.

おそらくはこういう意味かと解釈した。

Perhaps it was interpreted as having this meaning.

申すまでもなく地名は人の附けたものである。

Needless to say, the place name is attached to a person.

日本の地名は日本人の附けたものである。

The place name of Japan is attached to the Japanese.

前住民が附けたとしても少なくとも吾々の採用したものである。

Even if it was attached by the former inhabitants, it was at least adopted by us.

新たに附けるのも旧称を採用するのもともに人の行為である。

It is a human act both to attach a new name and to adopt an old name.

すでに人間の行為であるとすれば、その趣旨目的のないはずはない。

If it is already a human act, it cannot be without its purpose.

近世のいわゆる風流人の中には退屈の余りに、何々八景とか何々十二勝とかいう無用の地名を作った人もずいぶんあるが、未開人民にはそんな余裕がない。

There are quite a few modern so-called people who made useless place names such as eight scenic spots and twelve wins, but the savage people cannot afford it.

すなわちもともと人の必要から発生した地名であるとすれば、人間生活との交渉が何々八景・何々十二勝よりもいっそう痛切であるべきはずである。

In other words, if a place name originally originated from human needs, negotiations with human life should be even more painful than the eight scenes and twelve wins.

またかりに前住民の用いたものを踏襲したとしてもその相続は吾々が野原で矢の根石を拾うなどとは事変り、幾度か耳に聞いてこれに習熟しなければならぬ。

In addition, even if you follow the one used by the former inhabitants, its inheritance is different from the fact that we pick up arrow root stones in the field, and you have to listen to it several times and become familiar with it.

すなわち二個の民族が同じ土地に共棲しておったことを意味するのである。

In other words, it means that two ethnic groups lived in the same land.

非常に重大なる史実を傍証するものである。

It proves a very important historical fact.

語を換えていえば、意味がないという事実は、とりも直さず大なる意味を含んでいるものといい得るのである。

In other words, the fact that there is no meaning can be said to have a great meaning.

 しかしながら、国民も個人と同様に、年を取ると物忘れをする。

However, people, like individuals, forget things when they get older.

今ここに吾々が僅々百部内外の古書、『日本紀』とか『古事記』とかの古い書物を持たぬとすると、千年以前の日本人の生活の中で、今日吾々の記憶し自覚し得るところのものは果して幾許であろうか。

If we don't have old books such as "Nihonki" and "Kojiki", which are inside and outside of Japan, we will remember and remember ourselves today in the lives of the Japanese before 1,000 years. What is the limit of what can be done?

しかもその世に遺っていた古書とても決して普遍周到な全国民の記述ではなかった。

Moreover, the old books that were left in the world were not the universal description of the entire nation.

社会の上層下層に平均してはおらぬ。

On average, we do not belong to the upper and lower layers of society.

いわば都会に濃厚で田舎に稀薄であること、昔は今よりもいっそう甚だしいのである。

So to speak, it is rich in the city and rare in the countryside. In the old days, it is even more serious.

ゆえに昔は最も通俗の日本語であったのを、吾々がとんとどう忘れをしているものがあるかも知れない。

Therefore, we may forget what used to be the most popular Japanese language in the past.

従って一つの地名が一見して意味が分らぬといっても、すなわち自分の所有物と言う記憶がないからといっても、これによってただちに他所からの借物であると断言することは、注意深き老翁のあえてなさざるところであると思う。

Therefore, even if one place name doesn't make sense at first glance, that is, because it doesn't remember to own it, it is careful to assert that it is borrowed from another place immediately. I think it's a place where the old man does not dare.

しかるに現代語ですら解釈のできる地名さえ、とかくよそからの借物と認めたがる人の多いのは不思議な現象である。

However, it is a mysterious phenomenon that many people want to recognize even place names that can be interpreted even in modern languages as borrowed from outside.

 自分は永田方正氏の『蝦夷語地名解』を熟読した。

 I read carefully the “Ezo language place name solution” written by Mr. Masamasa Nagata.

なるほどアイヌの地名の附け方は単純にして要領を得ている。

Indeed, the way the Ainu place names are added is simple to get the point.

彼等は長い地名をも意とせずに附けている。

They don't even care for long place names.

十シラブル十五シラブルの地名を無頓着に用いている。

Ten syllables The fifteen syllable place names are used indifferently.

これに反して吾々の祖先は、夙くから好字を用いよ嘉名を附けよという勅令を遵奉して、二字|繋がった漢字、仮名で数えても三音節、ないし五六音節までの地名を附けねばならなかった。

Contrary to this, our ancestors obeyed the decree to use good letters and attach Kana from the beginning, and it was two characters | connected kanji, kana in kana, or trisyllabic or syllable I had to attach the place names up to.

そのために元来はさほど下手でなくても、いかにも痒い所に手の届かぬというような、多少|謎に近い地名の附け方をするようになったのかも知れない。

For that reason, it may have come to use place names that are somewhat mysterious, such that even if the person is not very poor at the beginning, he/she cannot reach the itch.

たとえば横田という地名がある。

For example, there is a place name called Yokota.

それは何の横にあるのかまた田地が横に長いというのか分らぬ。

I don't know what it is next to or that the fields are long horizontally.

つまり主たる語を二字とか三字とか合わせただけであるために多少|曖昧な地名が多くなった。

In other words, there are a lot of ambiguous place names because the main words are only two or three letters.

日本の地名の意味が分りにくいのは、一つは法令の結果だろうと思う。

One of the reasons why Japanese place names are hard to understand is probably the result of laws and regulations.

 しかしながら二種の民族の地名の明不明は、決してそう無造作な理由のみで説明することはできない。

However, the uncertainties of the place names of the two ethnic groups cannot be explained solely because of their randomness.

もっと根本的の理由がなければならぬ。

There must be more fundamental reasons.

試みに彼と此とを比較してみるに、第一に考えねばならぬのは地名の数である。

When comparing him with this in an attempt, the first thing to consider is the number of place names.