文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

地名の研究:柳田國男(76-107)/3905

もちろんアイヌの地名は永田氏の著がその総目録ではあるまい。

Of course, the place name of Ainu is not written by Mr. Nagata.

がとにかくにその広い面積に割り当ててもきわめてわずかのもので、しかもその中には驚くべき類似と重複とがある。

However, it is extremely small even if it is allotted to that large area, and there are surprising similarities and duplications among them.

これに反して内地の方の地名の数はこれに数百千倍している。

On the contrary, the number of place names in the inland area is hundreds of times higher than that.

何山とか何川とか言う山川の名前は別として、単にある一定の地域に附与せられた名称のみでも四十六府県七十市五百余郡のほかに、いわゆる新町村の数がまず一万二千、その町村の大字が多い町村と少ない所とあるが、明治十九年の表によるとだいたい十九万はある。

Aside from the name of Yamakawa, such as how many mountains and how many rivers, the number of so-called new towns and villages is not only the name given to a certain area There are 12,000 towns and villages with large and small villages, but there are about 190,000 according to the table in 1891.

その他に東京、京都のごとき大市街の町の数が約一万ある。

In addition, there are about 10,000 large cities such as Tokyo and Kyoto.

右の十九万の町村大字はすなわち以前の村であって、さらにこれが字に別れている。

The large village of 190,000 on the right is the former village, which is further divided into letters.

字はごく概括的の話をすると多い村には一箇村に百ぐらい、少なくても三四十を下る所はないのである。

In general terms, there are no more than one hundred villages in most villages, and at least thirty forty villages.

ほぼ平均五十と仮定しても全国に約百万の字があるのである。

Even assuming an average of fifty, there are about one million characters nationwide.

その字の下には地方によっては小字がある。

Below that letter, there are small letters in some regions.

それがまた一つの字に五つも六つもある。

There are also five or six in each letter.

あるいはもっとある所もある。

Or there are more places.

また小字を中字と名づけ、さらにその下に十くらいの小字のある地方もある。

In addition, there are regions where small letters are called middle letters, and there are about ten small letters below them.

 これら地名の数はもちろん人口の多少と比例しているものであろう。

The number of these place names will of course be proportional to the size of the population.

北海道には事実上の人跡未踏の地が今日でもあるということだが、内地では富士山の絶頂までもいずれかの町村の大字に属している。

It is said that there are virtually unexplored areas in Hokkaido today, but even in the inland area, even the peak of Mt. Fuji belongs to one of the large villages.

ゆえにかくのごとく多いのである。

Therefore, there are so many.

しかしなお別にまだ有力な理由がなければならぬ。

But there must still be another strong reason.

それはいうまでもなく土地利用の状態いかんである。

Needless to say, this is the state of land use.

たとえば定住産業に従事せぬ人民は土地を区劃する必要がないので、土地の命名は等しく生活の必要に基くとしても、狩猟や採取またはそのための旅行の目的のみに土地を使用している者には、地名を附ける必要は単に目標用である。

For example, people who are not engaged in the settlement industry do not have to divide the land, so even if the naming of the land is based on the need of living, those who use the land only for the purpose of hunting, harvesting or travel for that purpose. The need to have a place name is just for the purpose.

甲の地と乙の地とを区別しておけばそれでよろしいのである。

It is all right if you distinguish the land of A and the land of Otsu.

これに反して一段進んで定期の占有を必要とする職業、たとえば林業・農業等に従事する者に至って、初めて細かな地名を附けて、忘れないでおくという必要が生ずるのである。

Contrary to this, it becomes necessary for those who are more engaged in regular occupations, such as those engaged in forestry and agriculture, to give detailed geographical names and remember them.

 従って第二に考えなければならぬことは、命名の目的の複雑さということである。

Therefore, the second thing to consider is the complexity of the purpose of naming.

一例を言うなら同じ一つの谷川の落合でも、猟のためにその附近に出掛けるくらいの者であれば、これに川合とか川俣とかいう簡単な名を附けておけばよろしい。

For example, if one person goes to the same Tachikawa Ochiai to go out for hunting, he may give it a simple name such as Kawai or Kawamata.

数の観念がこれに加わっても一ノ沢・二ノ俣というような名で済ましておくのである。

Even if the idea of numbers is added to this, the names such as Ichinozawa and Ninomata will be used.

またもう少し観察力が細かくなったところで、その辺の草木に注意して三本松とかウルイ沢くらいの名を附けておけば十分である。

Also, when the observation power becomes a little more detailed, it is enough to pay attention to the plants and trees around it and give the name of Sanbonmatsu or Uluizawa.

それが今一段進んでその辺で炭を焼く、石灰を焼くとかいう段になるとそれでは済まぬのであるいは炭焼沢であるとか灰谷であるとか七之助|竈であるとかいう名を附ける。

If it goes to the next stage and burns charcoal, lime, etc., that's not enough, or the names such as charcoal-burning pond, Haitani, and Nananosuke | Kana are added.

次いで権兵衛なるものが来て切替畑を作るようになると、権兵衛切、権爺作り、権ヶ|藪などの名が起ろう。

Next, when Gonbei came to make a switching field, the names such as Gonbei Kiri, Gonji-making, Gonga | Yabu will come up.

また川を渡るのに初めはびちゃびちゃ水の中を歩いているが、それでは不便であるから橋を架ける。

In order to cross the river, I first walk in the water, but since it is inconvenient, I build a bridge.

すなわちその橋の側であるゆえ新しい地名は橋本である、柴橋である。

That is, the new place name is Hashimoto, Shibabashi because it is on the side of the bridge.

ある時馬が柴橋から落ちて死んだから馬|転ばし、その馬の供養に馬頭観世音をまつると観音岩、そこに行者でもいれば行者谷というような名が附く。

One day, a horse fell from Shibabashi and died.

さらに後世風流な隠居・坊さんなどが隠居して茶でも立てて呑むようになると、とうとう村の者にも意味の分らぬ紅葉菴だの寒月渓などという名が附かぬとも限らぬ。

Furthermore, when retired retirees and priests retired and started drinking tea and drinking it, the villagers finally got the name "Kangetsukei," which makes no sense for the autumn leaves.

その中にはいろいろの原因の組合せからあるいは新しい名に人望が集まり、あるいは依然として古い名を記憶していることもあって、結局同じような地形に向って新旧種々な地名が生じ一人旅の地理学者が即座に地名の意味を会得することができるという点においては、とうていわが北方の同胞に及ばぬこととなり、さもさも物体の特性を弁別する才能を欠く者のごとく批評せらるるに至ったのは是非もなき次第である。

Among them, people's desire gathered from a combination of various causes or a new name was gathered, or the old name was still remembered. In terms of the ability of the geographer to immediately recognize the meaning of the place name, it was far from the North Korean compatriots, and it was criticized as a person who lacked the talent to discriminate the properties of objects. It depends on the situation.

 地名とはそもそも何であるかというと、要するに二人以上の人の間に共同に使用せらるる符号である。

▽ What is a place name? To begin with, it is a code used jointly by two or more people.