文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

地名の研究:柳田國男(139-172)/3905

 これと似たのはいわゆる客観的地名すなわち外部の指称の勝利、これに対する主観的地名の敗北である。

❖ Similar to this is the so-called objective place name, that is, the victory of the external designation, and the defeat of the subjective place name.

これは交通の盛んでない時代には、ほとんと経験するあたわざりし現象であった。

This was a hot phenomenon that we would really experience in times of low traffic.

一例を言うと出羽の庄内鶴ヶ岡である。

One example is Dewa Shonai Tsurugaoka.

これはツルガオカであるが、諸方から入り込む人がツルオカと呼ぶために今では土地の人までも自らツルオカというようになってしまった。

This is Tsurugaoka, but people from all around call it Tsuruoka, and now even the local people have come to call it Tsuruoka.

大和の月ヶ瀬のごときも月瀬が本当であろう。

Tsukase will be true even when it is like Tsukigase in Yamato.

拙堂の文章などから誤られたのかも知れぬ。

It may have been erroneous from the texts of my temple.

山陽の紀行が一たび出てからは、豊前の山国谷は土地の車夫までが耶馬渓というようになった。

After Sanyo's travelogue once appeared, Yamakuni Valley in Buzen became even the land owner's carman Yabakei.

小豆島の寒霞渓なども神掛とはいう者が少なくなったろうと思う。

I think that the number of people who call Kamikagake in the Kankakei Valley on Shodoshima has decreased.

木曾の福島はフクジマと濁って上声にいうべきであるが、今日は岩代の福島などと同じになってしまった。

Kiso's Fukushima is cloudy with Fukushima and should be said loudly, but today it is the same as Iwashiro's Fukushima.

人の苗字にも同じような誤りがいくらもある。

There are many similar mistakes in a person's family name.

誤って呼ばれるのは迷惑千万であるがつまりは商売人や宿屋の亭主の身としてはやたらに言葉|咎めをしては商売が繁昌せぬゆえに、よんどころなくお客の良い加減な判断に従ってしまうので巧みなる土地繁栄策の一つかも知れぬ。

It is a nuisance to be called wrongly, but in short, as a merchant or owner of an inn, the words are unreasonable.| It may be one of the prosperity measures for the land.

今一つの理由としては田舎の人はとかく自信がなくて、古く自分どもの呼んでいる言葉も、都人士が呼ばぬところを見ると、あるいはいわゆる訛言葉かも知れないとすこしく心細くなって、他人の言うに従ってしまうということもあり得るのである。

Another reason is that people in the countryside are not very confident, and when they see the words that they used to call themselves when they are not called by the Tokyo Metropolitan, or they may be so-called accent words, they feel a little disappointed. It is possible that he will obey.

ところが外部の人ことに一知半解の旅客などの地名の呼び方は勝手至極なものであって多くは文字に基いて智慧相応の呼び方をしている。

However, the names of places such as passengers who are sensible and ill-advised by outsiders are extremely selfish, and many call them appropriately based on the letters.

たとえばここに有名なある一つの金沢がカナザワと唱えていると、他の金沢でカネザワ、コガネザワ、キンザワというべき所があっても、ことごとく皆これをカナザワと言ってしまって、そのために本来の意味の分らなくなることがずいぶんある。

For example, if one famous Kanazawa sings Kanazawa here, even if there are places like Kanezawa, Koganezawa, and Kinzawa in other Kanazawa, they all call it Kanazawa, and for that reason the original meaning is There are quite a few things I don't understand.

元来|字や小字の名は久しい間人の口から耳に伝えられていたもので、適当な文字はなかったのである。

Originally, the letters and small letters were handed down to people's mouths for a long time, and there were no proper letters.

しかるに地図ができて文字を書き入れなければならぬようになって村の和尚などと相談してこれをきめた。

However, I had to create a map and had to write in the letters, so I consulted with the village's Osho and decided on this.

その文字は十中の八九までは当字である。

The character is right up to 89.

しかも大小種々なる智慧分別をもって地名に漢字を当てたのは近世の事業であって、久しい間まずは平仮名で通っていたものである。

Moreover, it was a business of the early modern period that applied kanji to the place name with different wisdom and wisdom.

しかるによし来たと『康熈字典』を提げてその解釈に従事せられるのは聞えぬ。

I can't hear that he was brought to me, but he was able to put up the "Kanjijiten" and engage in its interpretation.

自分等が少し珍しい地名を人に言うと、誰も彼もいい合わせたようにそれはどんな字を書きますかと聞かれる。

When we tell a person a place name that is a bit unusual, we are asked what kind of letters it will write, just like everyone and he did.

そのどんな字がはなはだ怖ろしいのである。

What kind of letters are so scary.

 以上列挙したほかにもまだいくらも理由があろうが、要するにその意味の不明に帰しやすいことしかもその不明に帰しやすき意味を討究する面白味の多種多様であるのは、一定の地域に与えられた名称である。

There are many reasons other than those listed above, but in short, it is given to a certain area that it is easy to attribute the meaning to the unknown and there is a wide variety of interesting things to investigate the meaning that is easily attributed to the unknown. The name.

自然の地形に与えられた名称でなく、人の考えをもって区劃した若干の面積に対して与えられた地名である。

It is not a name given to the natural topography, but a place name given to a small area divided by the idea of a person.

厳格なる意味における土地経営の始まってから後のものである。

It is after the beginning of land management in a strict sense.

すなわちアイヌのいまだ到達せざる境涯における命名である。

In other words, it is the name of the Ainu that has yet to be reached.

two

 私が説きたいのは主としてこの種の地名であるが、順序としてその前にすこしく第一期の地名のことをいいたいと思う。

≪I would like to explain mainly this kind of place name, but before that, I would like to mention the place name of the first term.

何ゆえにそれを言わなければならぬかというと、地名には一種の拡充性ともいうべきものがあるからである。

The reason why I have to say that is because the place name has a kind of expandability.

最初は一地点または一地形に附与した名前を、これを包含している広い区域にも採用して行く風習があるのである。

At first there is a custom of adopting the name given to one point or one terrain to the large area that contains it.

たとえば女夫岩という二つの岩の屹立している所があると、それに接続している数町歩の田畑または村里の字をも女夫岩という。

For example, if there are two rock formations called Mefuiwa, the letters of Tabata or Murasato in several towns connected to them are also called Mefuiwa.

ドウメキ、ザワメキ、ガラメキなどはもと水の音を形容した地名であるが、瀬の早い川の岸にある部落または田畑で百目木、沢目鬼などという例はいくらもある。

Doumeki, Zawameki, and Garameki are names of places that originally describe the sound of water, but there are many examples of villages on the banks of the fast-moving river or in the fields, Hyakumeki, Sawameki.

その次に今一つの特性として開墾の後までも、その土地の経営が始まらぬ前からある地名を踏襲して行く風がある。

Next, as another characteristic, there is a wind that follows a certain place name even before the management of the land has started even after the settlement.

踏襲性ともいうべきものである。

It should be called followability.

すなわち久木野とか柚原とかいう村はもとその名の原野があって、開墾土着の後まで旧地名をそのまま採用したのである。

In other words, there was a village called Kukino or Yuzuhara, and there was also a wilderness with that name, and the old place name was adopted as it was until after the settlement.