文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

地名の研究:柳田國男(173-206)/3905

何|久手・何沼・何々ドブという地名も田地になる前の湿地の地名を踏襲したものである。

What|Kute, Whatuma, and Dobu are the names of the wetlands before they became rice fields.

以前の人口のごく稀薄な平原に入って開墾するとか、または今までなかった海岸・寄洲に埋立新田を開くというような場合に至って、始めて新たに字・小字を製造する必要を見たのであった。

I saw the need to manufacture new letters and small letters for the first time, such as when I entered a very thin plain of the previous population and cleared it, or when I opened a landfill Nitta on the coast / Yasu that was not there before. It was.

最初の土着者は他日人口が殖えて分区・分村の必要を見るまでは、地名などのために心力を費すだけの余裕がない。

The first indigenous people cannot afford to spend their energy for a place name, etc. until the population of another day grows and the needs of the subdivisions and subdivisions are seen.

無造作を専一とした。

Randomly dedicated.

村の字の多くがいわゆる客観的地名と似ている理由は、まったく右の拡充性と踏襲性との致すところである。

The reason most of the characters in the village look similar to the so-called objective place names is that they are quite expandable and conformable to the right.

 しかるにこの類の地名の中にも今日となっては意味の分らぬものがたくさんになって来た。

However, there are a lot of place names of this kind that I don't understand today.

その原因は一言もってこれを蔽えば単語の忘却である。

The cause is oblivion of a word if it is covered with one word.

老人の物忘れである。

The old man forgets.

日本語の中にも山川地形を現わす言葉はまさしくその目的物の数だけあって、また相応に些細な特色について区別的命名をすることは怠らなかったのである。

In Japanese, there are exactly the same number of words that express the Yamagata terrain as the number of objects, and it was inevitable to make distinctive naming of trivial features.

ただいかんせん京都附近の地形は比較的単純で、北野とか東山とか、名のみ立派でも変化に乏しくかつ小規模であった。

However, the terrain around Kyoto is relatively simple, and it was small and small on the scale of Kitano, Higashiyama, and just fine.

しかも著述でも世に遺そうという人に、忠実なる旅行家が不幸にしてなかったのである。

Moreover, even in his writing, the loyal traveler did not make him unfortunate to leave the world.

藤原|実方が歌枕を見て参れと奥州へやられた事実は非常に悲しむべき不幸と考えられた。

Fujiwara: The fact that he was sent to Oshu to see the song pillow was considered a very sad misfortune.

歌枕を見て来るとは、和歌に用いられる地学上の用語を実物と比較して研究することであって、今日の学問から言えばむしろ名誉なる事業であるが、実方はそのために恨み死をして雀になったのである。

Looking at the song pillow is to study the geological terms used in waka by comparing it with the real thing, which is rather an honorable business from today's academic discipline, but for that reason And became a sparrow.

この状態であるから『新撰字鏡』とか『和名鈔』とかいう平安朝の語彙の中には、山扁土扁などの語ははなはだ少ないので、せいぜいで五十か七十はあろうが、それすら後世の文章や歌などには半分も使用されておらぬ。

Because of this condition, there are few words in the Heian dynasty, such as "Shinsenjigami Mirror" and "Wamansho," such as Yamabuchi Doho, so there may be at most fifty or seventy at most. Even half of it is not used in later writings and songs.

しかし田舎に行ってみるとかくのごとき名詞はまだ口語としてたくさん残っている。

However, when I go to the countryside, many nouns like this still remain as colloquial words.

ただ口語であるために地方的の異同がかなり烈しい。

However, because it is a colloquial language, the local differences are quite intense.

のみならずこの種の地方語はいわゆる田舎言葉としておいおい擯斥せらるるようになった。

Not only this type of local language has come to be known as a so-called rural language.

今日でも府県郡の教育会の人たちの中には、単に東京のごとき新しい砂原の中で使用せられておらぬということを理由として、ややもすれば地方在来用語の使用を廃してしまおうとするのである。

Even today, some people in prefectural education associations try to abolish the use of local native terms, simply because they are not used in new sand fields such as Tokyo. is there.

いわゆる方言|矯正の事業はいかにも有害な殺伐なるありがた迷惑極まる事である。

So-called dialects | The correction business is a nuisance that is extremely harmful.

それがためにせっかく地学の研究は発達しても、諸君はまずもって漢語を二字ずつ繋いで使うために、非常なる難儀を見なければならぬ。

That is why even if research on earth sciences develops, you must first see a great difficulty in connecting and using two Chinese characters.

新しい学問を国語で学ぶというありがた味は、何だか大分減少するようである。

The appreciation of learning new disciplines in the Japanese language seems to diminish somewhat.

 もっともよく気をつけて見ると、今日からでも地理学の教科書に採用して頂きたい言葉が全国にわたってたくさん残っているのである。

Looking carefully, there are still many words across the country that I would like you to adopt in geography textbooks even today.

それは今晩の問題ではないが、ホンの一二例をいうと、たとえば河内・水内等という語である。

It's not a matter of tonight, but to name a few examples of Hong, it's the words Kawachi and Mizuuchi.

河内はコウチ・カワチ・カッチなどと発音して、地方により音韻上の小異はあるけれども、意味は常にいわゆる盆地すなわち渓間の小平地をいうのである。

Kawauchi is pronounced as kouchi, kawachi, kutch, etc., and although there are slight differences in phonology depending on the region, the meaning is always the so-called basin, that is, the valley between the mountains.

タワ・タオ・トウというのは山峯続きの中で、両側の谷の最も深く入り込んで嶺のそのために低く残っている部分、従って山越に便なる箇所である。

The Tawa Tao Tou is the deepest part of the valley on either side of the mountain peak, which is the deepest part of the valley and the low remaining part of the ridge, and thus the flight to the mountain.

陸軍などの人は御職掌がらか鞍部と言われている。

People such as the Army are said to be saddles or saddles.

タワ・タオのごときはいわゆる標準語として承認せられたことのある語で、『新撰字鏡』にも出ている。

Tawa Tao is a word that has been approved as a so-called standard word, and it is also found in "Shinsenjikyo".

それから川底の低下によってできた谷の両側の高い平地、諸君が段丘などといいあるいは外国語のままでテラッセなどと仰せある所、あれはハナワまたはウワノである。

Then, the high plains on both sides of the valley formed by the decline of the riverbed, where you are referred to as terraces, or where you say Terrasse etc. in a foreign language, that is Hanawa or Uwano.

塙と書き上野とも書く。

Also written as Hanawa and Ueno.

それから海岸でも山の中でも水流の屈曲によって造ったやや広い平地で、従って耕作居住に適した所をふくれるという意味から福良といっている。

It is also called Furaya in the sense that it provides a suitable area for cultivating and living on a fairly wide flat land created by the bending of water currents on the coast and in the mountains.

それと同じように水の動揺によって平らげた岸の平地を由良とか由利とかいっている。

Similarly, the flat land on the shore flattened by the shaking of water is called Yura or Yuri.

すなわちユラグ、ユルなどという言葉が転じたのである。

In other words, the words Yurag, Yul, etc. have changed.

それから山中で少しく平らな所をナル・ナロと呼ぶ。

Then, a little flat place in the mountains is called Naru Naro.

ナラスということで、大和の奈良を平城と書くのも同じことである。

It is the same as writing Nara in Yamato as Heijo because it is naras.