文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

地名の研究:柳田國男(207-244)/3905

また谷川の両岸の山の狭まっている所をホキ・ホケ・ハケという。

The narrowing of the mountains on both banks of the Tanigawa is called Hoki Hoke Hake.

これは今中国四国などに残っているが大分広い区域にわたっている。

This remains in Chugoku and Shikoku, but it covers a large area.

吉野川の大ボケ小ボケなどはその一例である。

One example is the large and small bokeh of the Yoshino River.

東北その他の地名にノゾキという地名がある。

Tohoku and other places have a name of Nozoki.

山形県の最上から羽後の院内へ越えようとする所の小さい停車場などもその一つであるが、ノゾキは本来野のソキすなわち境上の原野ということである。

One of them is the small stop where you try to reach the inside of Ugo Hospital from the top of Yamagata Prefecture, but Nozoki is essentially the wilderness of the field, that is, the wilderness of the precincts.

こういう言葉はまだたくさんにある。

There are still many such words.

おいおい再度の採用を願いたいと思う。

I would like to ask you to recruit again.

あるいはそんな古臭い言葉は新しい学問に適しないといわるればそれまでであるが、支那でも日本でも流行せぬ新熟字の漢語を苦しい思いをして案出するよりは少しばかり賢くはないかと思う。

Or, if it is said that such old-fashioned words are not suitable for new studies, I think it might be a little smarter than devising a hard-to-understand new Chinese character that is not popular in China or Japan. ..

これらの地理上の語は今日普通名詞として存在する地方ではいずれもかなり適切にこれを地名に用いている。

All of these geographic terms are fairly common in today's local nouns and are used fairly well in place names.

この事はアイヌなどとよほど似ているのである。

This is very similar to the Ainu.

すなわち最初普通名詞として無邪気に用いていたのが、いつとなく文法書にいわゆる固有名詞と変って行きつつあるのである。

In other words, what was innocently used as a normal noun at first is gradually changing to a so-called proper noun in the grammar book.

吾々が始めて土地に名を附けた時には名詞の普通・固有の区別などはなかった。

When we first named the land, there was no distinction between ordinary and unique nouns.

たとえば海岸に近く島が一つあるとそれを島と呼ぶが、二つ並んでいると区別をしなければならぬので、大島・小島とか東島・西島とか区別する。

For example, if there is one island near the coast, it is called an island, but if two are lined up, it must be distinguished, so distinguish between Oshima/Kojima and Higashijima/Nishijima.

また木のある方をその色で黒島、ない方を土の色で赤島、黒島に二つ村ができれば南黒島・北黒島などと、だんだんいわゆる固有名詞らしい地名になって行く。

In addition, the names of trees with that color are Kuroshima, those with no trees are the colors of Akashima, and if there are two villages on Kuroshima, Minami-Kuroshima and Kita-Kuroshima will become the so-called proper name.

市場などでもそうである。

The same is true of markets.

一つならばどこへ行く、市へ行くまたは町へ行かぬかなどといえばよろしいのであるが、二つになると布市・馬市とかあるいは市日によって三日市・四日市などというようになって、それが一つの固有名詞になる。

If there is only one, you can say where to go, whether to go to the city or go to the town, but when it becomes two, it will be cloth city, horse market, or by city day, such as Mikkaichi, Yokkaichi, etc. It becomes one proper noun.

開墾に際して新たにできた地名とても皆同じことで、初めはアイヌと同じくきわめてナイブなもので、目的は単に他と区別をすればよろしいのだから、別に装飾的意匠を必要としない限りはこれらの普通名詞の前後へちょっと何か区別の語を添えればよかった。

The names of the new places created during the clearing are all very similar, initially very naive like the Ainu, and their purpose is simply to distinguish them from others, so unless you need a separate decorative design these ordinary I should have added some sort of distinctive word before and after the noun.

それが占有の思想が発達していよいよ細かな分割を必要とするようになるか、または大規模の開発で一時に数十百の区劃を設けなければならぬとなるととうていあり合せの地名だけでは間に合わず、是非なくできる限りの手軽なる方法、便利なる工夫を尽して地名を決定したのである。

The idea of possession is well developed, and it requires finer divisions, or in large-scale development, hundreds of sections must be established at one time. So I couldn't make it in time, so I decided to decide the place name by using the easiest and most convenient method.

 元来開墾の歴史は日本ほどの狭い国でも長くかつ複雑なものを有っている。

Originally, the history of reclaimed land is long and complicated even in a country as small as Japan.

一つの谷一つの入に何回も何回も開墾が繰り返されていることもある。

Clearing may be repeated many times for one valley and one entrance.

屋敷田畑はしばしば捨てられて素地の状態に復した。

Yashiki Tabata was often abandoned and restored to its original condition.

これはいくらも証拠がある。

There is some evidence for this.

ところがいずれの村でもその土着の年代の古いのをもって名聞とするから村の伝説は皆田村将軍以前からとなっている。

However, the legend of the village is from before Minamura Shogun, because all the villages are famous for their old age.

しかしおよそいつ頃の開墾であるかは多くの場合に地名がそれを証明するのである。

However, it is often the place name that proves when it was cultivated.

等しく開墾を意味する言葉であっても、その時代と場合の異なるに従ってその名称が数十通りある。

There are dozens of different names for words that even mean clearing, depending on the time and the case.

北海道に行くと何々農場という地名ができている。

When I go to Hokkaido, there are many farm names.

那須郡などの大字の地名に何々開墾というのがある。

There is a large number of place names such as Nasu-gun in the large area.

これらは最も新しい固有名詞である。

These are the newest proper nouns.

それより以前最も普通のものは何々新田という地名である。

Before that, the most common one was the place name Nitta.

新田の中でも何村新田というのは村事業としての開墾で、何右衛門新田というようなのは個人の事業である。

Among Nitta, what village Shinta is a cultivated settlement as a village business, and what is Heemon Shinden is an individual business.

徳川幕府領ではたしか享保度に大きな新田|検注があった。

In the Tokugawa shogunate, there was certainly a big Nitta |

ゆえにいわゆる天領・旗本領ならば新田といえばその頃以後の土着であることがわかる。

Therefore, in the case of so-called Tenryo/Hatamoto territory, Nitta is known to be indigenous after that time.

越後の方では新田より一段古い新田で、古新田、外新田などという村がある。

In Echigo, it is one step older than Nitta, and there are villages such as Koshinden and Sotoshinden.

すなわちいずれも徳川期に入って後の経営に違いないがその年代に区別がある。

In other words, both must be management after the Tokugawa period, but there is a distinction in their age.

越後ではこれら新田と併立して何々|興野という地名がある。

In Echigo, there is a place called "Keno" in parallel with these Nitta.

これはやはり開墾地を意味する語で、山形県・秋田県にも大字の地名が多い。

This is also a word that means cultivated land, and there are many large place names in Yamagata and Akita prefectures.

宮城県に行ってあるいは同じ音で高野と書き、関東の二三地方で幸谷という文字を用いているのも同じことで、その本来相当の漢字は荒野である。

It is also the same as going to Miyagi prefecture or writing Takano with the same sound and using the character Kotani in the 23 regions of the Kanto region, and the original kanji equivalent to that is the wilderness.

これらは僧侶が学問を独占した時代あるいはそれより以前の旧ハイカラの所為で、在来の日本語を漢字のまま音読する、今も絶えない一種の趣味である。

These are old hokkaido eras when the monks monopolized the scholarship, and even before that, they are a kind of hobby that continues to be read aloud in traditional Japanese with Kanji.