文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

地名の研究:柳田國男(524-551)/3905

一つだけ例を挙げると、屋敷の名に何|垣内という例は、大和では今も普通だが、以前にもこれがよく用いられている。

To give just one example, the name "Kakiuchi" in the name of the mansion is still common in Yamato, but it has been used often before.

家の周りに竹を多く栽えて要害に宛てたかと思う竹の内という屋敷名は、古く溯れば武内宿禰以来かとも想像せられるほどに、中世には数多いものであった。

The name of the house called Takenouchi, which I thought was planted with lots of bamboo around the house and addressed it as a cause of harm, was so many in the Middle Ages that it could be imagined even if it had been in ancient times since Takeuchi-juku.

 ところが東方に来るとこれが竹の鼻となり、個々の住宅ではなく民居の一集団を遠望から囲おうとしていたかと思われて、古今ともにそういう部落の名は東日本には多いのである。

However, when it came to the east, it became a bamboo nose, and it seems that they were trying to surround a group of private houses rather than individual houses from a distant perspective.

わが邦の現存地名は最少限度二千万はあるが、そうしてまたこれを作為した人間の動機には複雑なる変化はあるが、なお我々はその分類整理によって、大数の一致した現象から、その性質を明らかにし得る十分なる希望を有するのである。

Although there are a minimum of 20 million extant place names in Japan, there is a complex change in the motives of the humans who created this, but we still have a large number of coincident phenomena due to their classification. , They have enough hope to be able to reveal their nature.

 しかるに世間にはちょうどこれと裏返しの推断をもって、日本の地名研究を特色付けようとした人があった。

However, there were some people in the world who tried to characterize the study of place names in Japan with the conjecture of just turning it over.

今はどうか知らぬが大学の地理の教室からも、かつてそういう声の洩れ聞えたことがあった。

I don't know about it now, but I once heard that kind of voice from the geography classroom at the university.

たとえば神保小虎博士などは、アイヌ語に興味をもって北海道の地名をよく調べられたが、おおよそ何が判らぬと言っても日本の地名ほど不可解なものはないということを、しばしば人に向って言われたことがあった。

For example, Dr. Kotora Jimbo was often interested in the Ainu language and looked up place names in Hokkaido, but he often told people that even if I didn't understand anything, there was nothing more mysterious than Japanese place names. I've had it.

私の地名研究は実は神保博士の激励の賜と言ってもよかった。

It could be said that my place name research was actually a gift of Dr. Jimbo's encouragement.

私の感じたところでは、狂人の言といえどもよく聴いていると何か趣意がある。

From what I feel, listening to the words of a madman has a sense of interest.

ましてや正気な人のしかも多数、甲が唱え乙丙丁がこれに賛同した言語の適用にして、理由のなかったもの、無茶を言おうとしたものがあろうはずはない。

Furthermore, there are many sane people, and there should be no reason to say unreasonable things by applying the language that Otsura advocated and Otojo Ding agreed with.

それが知れないというのは歴史の埋没を意味する。

The fact that it is unknown means the burial of history.

今日|汗牛充棟の歴史の書はあるけれども、まだまだ我々には学べば学ばるる新しい過去の知識が、しこたま潜んでいるということをこの地名の不可解が教訓しているのである。

Today | Although there is a history book of Sweat Gourd Building, the mystery of this place name teaches us that we still have new knowledge of the past that we can learn if we learn.

そんならやってみようかという気になったのは、感謝すべき先輩の刺戟であった。

It was the stimulation of seniors who should be grateful to me.

だから私は同じ日本人の血を分った者の、後になって新たに拓いて行ける未開地が、今まで囲われて保存せられていたことを、また一つのこの研究の大なる特徴に算えようとするのである。

Therefore, I made another point of this research that the undeveloped land of the same Japanese who had the blood of the same Japanese man was surrounded and preserved until now. I try to calculate.

そうしてこれがひとり地名という一種の言語芸術に限られたことでないことを知って、いよいよ日本のフォクロアの将来を祝福せずにはおられぬのである。

Then, knowing that this is not limited to a kind of linguistic art of a solitary place name, we cannot help but congratulate the future of Japan's focloa.

Four

 アイヌの地名解は永田方正氏の一著があり、またバチェラア師辞書の旧版の附録にも若干の講説があって、今日ではまず十の八九までおおよそは意味が明らかになったと言ってよい。

Ainu's place name solution was written by Tadashi Nagata, and there are some lectures in the appendix of the old edition of Bachelor's dictionary. ..

そのお蔭に今では内地の地名まで、よくわかっているのにアイヌ化しようと努める人さえできて来た。

Thanks to that, even people who are trying to become an Ainu, even though they know the name of the inland place, are now well understood.

あほらしい話である。

It's a strange story.

アイヌ人地名のわかりやすい理由は明白である。

The obvious reason for the Ainu place name is clear.

彼等の名の付け方は一色しかなかった。

There was only one way to name them.

一言でいえば天然描写法、すなわち子供たちが今でも名を知らぬ土地を言い現わそうとするのに使うもの、これただ一色で用を弁じたのだから、彼の語を知る者にすぐ呑み込めるのは当然である。

In a word, natural portrayal, that is, what children use to describe uncharted lands today, to those who know his word because he used it all in one color. It is natural that you can swallow immediately.

我々の地名にももちろんこれは多い。

Of course, there are many in our place name.

ただ幾分かその用語が古くなっているために、これを日常の間には見出さぬ場合があるのみである。

This is only sometimes not found in everyday life, due in part to the outdated term.

しかもそういう一通りの名を使い切った後に、次に起ったものは単純でなかった。

Moreover, after exhausting all of these names, what happened next was not simple.

たとえばある一つの地点またはわずかなる地積に対して附与した名が後にその場所が重要になったために、これをずっと広い地域に拡張して今はどの辺が元だか不明になった場合である。

For example, if a name given to a point or a small amount of land later became so important that it was expanded to a much larger area and it is now unclear which side is the origin. ..

 古来の六十六国は国号研究の書もいろいろ出ているが、いずれも当て推量の甚しきものになっているのは、つまりはどこが中心で命名したかを知らぬからで、これがことごとく最初から今ある区劃に対して附与した名であったろうことは想像しがたいのに、人は皆各州全体のとりとめもない状態から、説明の手掛りを把えようとしていたのであった。

The ancient sixty-six countries have published various books on national studies, but the reason they are all guesswork is that they don't know where the main name was, so this is the first thing to do. It was hard to imagine that it was the name given to the existing district, but everyone was trying to grasp the clue of the explanation from the irrelevant state of each state.

郡名・郷名のそれよりもさらに後に起ったものなどは、上中下というような区劃名は別として、その他はたいていは今日の切絵図地名のごとく、区内の比較的重要な旧名を採用していたらしい。

Things that happened after the name of the county or the township, etc., apart from the names of the upper and lower parts of the district, other than the names of the paper-cutting plots of today, are usually relatively important within the ward. It seems that it used the old name.