文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

地名の研究:柳田國男(578-603)/3905

これを自分等は家が居住地の地名によって呼ばれる風習の農民に限られ、その他の職業の者は夙くから家号を負うてどこへでも移住していた結果と解している。

We interpret this as a result of the fact that the houses are limited to the customary farmers whose names are called by the place name of the place of residence, and those of other professions have taken the family name and moved to anywhere.

中世以前の武家を始めとし土地と因縁の深い生活をしていた家だけは、ことごとく地名をそのままに家名にしていた。

Only the houses that had a close relationship with the land, such as the samurai family before the Middle Ages, used the place names as they were.

もちろん後々の模倣や冒称もあろうが、少なくとも家の伝説としては、かつてその祖先の者がそういう地名をもつ土地を、経営していた時代のあったことを語っているのである。

Of course, there will be imitations and nicknames later, but at least as the legend of the house, it says that there was a time when the ancestors once managed the land with such a place name.

従って地名の変化の複雑にして、かつ印象的であるということは、同時にまた我々の家の歴史の調査にも、一つの暗示を投げることになるので、それがもし幸いにそうありふれた地名でなく、また発生の時代のほぼ考えられるものであったならば、単に苗字だけからでもある程度までは、自家の生活を今日あらしめた事情を推定し得るのである。

So the complicated and strikingness of the change of place name, at the same time, also throws a hint to the investigation of the history of our home, so fortunately it is a common place name. None, and if it was almost conceivable at the time of the outbreak, it is possible to infer to some extent the circumstances in which one's own life was presented today, from the surname alone to some extent.

 一つの実例を挙げると荘園が新たに設けられ、やや広い平野を区劃分割した場合には、その各区を名と名づけてそれになんらか新しい地名を付与しなければならなかった。

One example is that a new manor was set up, and when a rather wide plain was divided into wards, it was necessary to name each ward and give it a new place name.

名にはその最初の分担開発人、ないしは世襲の権利を認められた名主の名を呼ぶのが普通であった、というよりもそうするからしてこの区劃を名といったらしいのである。

The name was usually the name of the first contributor, or the name of the owner who was recognized for hereditary rights, rather than the name of the owner.

人の実名は諱んで呼ばぬのが礼儀であったが、荘園の名主は領家から見れば目下であるがゆえに、勝手にその名乗を取って土地に名づけた。

It was polite not to call the real name of a person, but since the manor of the manor was the current point of view of the royal family, he took his name and named it on the land.

中部以西には今でも多く見かける人名同様の地名、または貞光とか国重とか徳富とかいう類の、氏名を顛倒したような家の苗字は、まったくこういった順序を踏んで発生したものである。

In the west of the central part of Japan, the place names similar to the names of people that are still often seen, or the family name of a family whose names are overwhelmed, such as Sadamitsu, Kunishige, and Tokutomi, occurred in this order.

これが直接に先祖の本名を家号にしたものでないことは人にいろいろの別称を付して、二字の名乗を口にするを避けた日本人の習性からでも推測することができる。

The fact that this is not a direct name of the ancestor's real name can be inferred from the Japanese habit of avoiding the use of two-letter names by giving people different names.

すなわちいったんは土地の名になって後に、その地に住んだ家が地名として再びこれを家の名に採用したのであった。

In other words, once it became the name of a land, the house that lived in the land adopted it again as the name of the place.

この点にかけては日本の地名は、隣国の支那とはちょうど反対で、かえって北|欧羅巴の国などと似ている。

In this respect, the place name of Japan is exactly opposite to China, which is a neighboring country, and is rather similar to the North|European country.

すなわち土地が居住者の携え来たった家名によって、名づけられる場合はほとんとなく、地名はかえって常に居住者の名前として利用されていたのである。

In other words, the land was rarely named by the name of the resident's family, and the place name was instead always used as the resident's name.

 近頃でも新聞や雑誌に、時折話題となる珍氏名なるものは、半分はこうした偶然に起ったのであった。

/> Half of the newspapers and magazines that are often talked about even nowadays are rare names that happened by accident.

苗字の珍しいのはたいていは地名が珍しかった結果である。

Unusual surnames are usually the result of unusual place names.

人は時々頓狂な通称を付けて喜ぶ癖があったゆえに、家号もその通りに誰かがふざけて附けたのだろうという想像は誤っている。

The imagination that someone could playfully attach the house name to that name is wrong because people sometimes have the habit of giving them crazy names.

地名の方こそこの通り必要が激増して、単純なる在来の式を踏襲してばかりはいられなかったのである。

The name of the place was such that the need increased dramatically, and it was not possible to follow the simple conventional ceremony.

その上に土地利用に関する古い慣習は、消えて不明になった。

Moreover, the old practices of land use have disappeared and become unclear.

どうしてこういう地名ができたのかを知らぬ人が、それを家の名にしてまた誤解しているのだから、何とも合点の行かぬ苗字に出くわすことが多いのである。

People who do not know why such a place name was created are often misunderstood by using it as the name of a house, so they often come across surnames that do not match.

常陸の旧国府は今の石岡の近所であるが、あの辺にしかない苗字に古仁所というのがある。

The former Kokufu of Hitachi is in the neighborhood of Ishioka today, but the last name there is Kunisho.

これが以前の健児所、今の語でいえば警察隊の詰所に所属していた土地の名であったことは『国誌』にもすでにこれを説いている。

The fact that this was the name of the land that used to belong to the former Kenjisho, or, in the present sense, the police station, has already been explained in the National Journal.

健児は『平家物語』などにはコンデイと読んでいるが、関東ではあるいはコンニに近い音で唱えていたことが、今存する家の名からも察せられるのである。

Kenji reads Kondai in "Heikemonogatari," etc., but it can be inferred from the name of the existing house that he was chanting in the Kanto region or with a sound close to Konni.

遠い郡県時代の国司組織の名残までが、なお地方だけには偶然ならず保存せられている。

Even the remnants of the bureaucratic organization in the distant county days are preserved in the local areas without accident.

ましてやその次に起った荘園制の痕跡に至っては、現にその管理者の後裔の近くに住んでいる場合も多いのだから、残っている方が当り前であったと言える。

Furthermore, it can be said that the traces of the manor system that occurred after that were the ones that remained because it often happens that they live near the posterity of the manager.

 歴史を読む者の誰でも知っているのは、鎌倉の幕府の主要なる政略の一つは、全国の荘園に地頭を置いて、主として自分の配下の武士をこれに任じたことであった。

 Everyone who read history knows that one of the main political strategies of the shogunate in Kamakura was to set the ground in manors all over the country and mainly entrust this to the samurai under his control.

在来の領家はその掣肘を受けたのみならず、収入を殺がれるがゆえに地頭との争訟は絶えなかった。

Not only did the traditional royal family receive the elbow, but the income was killed, and the dispute with the ground continued.

その押問答の末は下地の中分と言って、これだけは地頭にやるから残りは手を出さぬようにしてくれということに帰着し、以前一つの開墾地であったものが二つに割かれた。

At the end of the question and answer, I said that it was the middle of the ground, and because this is the only thing that I will do to the ground, I will keep the rest, so I divided the former one cultivated land into two. I was burned.