文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

地名の研究:柳田國男(653-675)/3905

その次に非常に数多くあるのは、樹の名・草の名を地名にしたものであるが、これもそういう植物があればこそそれを注意したのだから、その方面の研究者でなければそれ以上に立ち入って考えずともよかろう。

The next largest number is the place name based on the names of trees and grass, but I also paid attention to such plants if there were such plants, so if you are not a researcher in that direction, You don't have to think about it.

こういう風にして素性のほぼ解った地名を片端からのけてみると、その残りの分はよほど始末がしやすくなる。

In this way, if you try to put a place name whose features are almost understood from one end, it becomes easier to clean up the rest.

もっともこれにも若干は不思議な形のものが交っておろうが、だいたいにおいて同じものの数さえ多ければ、比較によってしまいには意味が判明するにきまっている。

However, there are some strange shapes in it, but if the number of the same thing is large, the comparison will eventually make sense.

ただそのような面倒な仕事を、誰が試みるかが問題となるばかりである。

The only question is who will try to do such a tedious task.

 そこで私のまだやりかけの実験をいささか御参考までに述べておくのであるが、全国の小地名表は、以前集められたものは惜しくも焼失したけれども、その後一地方限りで再び採録したものが、郡誌・村誌の類においてそちこちに印刷せられている。

So, for my reference, I would like to give you a little reference to my experiment that I have not done yet, but the list of small places all over the country was unfortunately burned down. It is printed everywhere in county and village magazines.

また集めてみようとすれば集められぬことはない。

If you try to collect them again, they will not be collected.

長野県の東筑摩郡などは、前年私が勧めて全部の地名を残らずカードに取り、目下しきりにこれを整理している。

Higashi-chikuma-gun, etc. in Nagano prefecture have recommended all the place names on a card that I recommended the previous year, and are organizing them at this moment.

これらをやや離れた土地から持ち寄って突き合せてみるのが、一つの方法であろうと私は思っている。

I think that one way is to bring these from a slightly remote land and try to match them.

そうするとだいたいに三通りの差別が誰にでも必ず目につくであろう。

If you do so, three types of discrimination will almost always be visible to everyone.

すなわちその一つは奥州にも中国にもまたは四国・九州にも、共通して存する地名、これが数において案外に少なくない。

In other words, one of them is a common place name in Oshu, Chugoku, or Shikoku/Kyushu.

第二はそう広い一致はないが、ある地方に限ってはいくらでもある地名、たとえば飛騨でホラといい豊後でツルという類の、これを限定する始めの語には変化があっても、その主語だけは何十となく、わずか一村の内にも並んで存するもの、この二種はわが邦の地名を調べてみようとする人の最初に手を着けてよい部分であってこれが明らかになればまず仕事の半ばである。

The second is not so broad agreement, but there are innumerable place names only in certain regions, such as the Hora in Hida, the Bungo vines, even if there is a change in the initial words that limit this There are dozens of them, and they exist side by side in only one village.These two species are the first part of a person trying to find out the place name of our country, and this is clear. First of all, I am in the middle of work.

 それから今一つ真の突発的の、他ではいっこうに聞いたことがないというものがあって、それに何人も気を取られるのであるが、これには何か特殊な事由があったとすれば、強いて知ろうとしても急に判りもすまいし、あるいは実際はさして珍しい例でもなかったとすれば、後においおい知れて来るだろうから、とにかく当分はそっとしておいてよい。

Then there's another thing that's truly sudden, something I've never heard of anywhere else, and many people are distracted by it. If you don't know what you're trying to do, or if it wasn't a rare case in reality, you'll come to know it later.

前の二通りのものだけは幸いに類例が多いのだから、その共通の点を押えて行きさえすれば、次第に命名の趣意を明確にし得るだけでなく、さらに進んでは日本にはいたって乏しいものと認められている若干の地形語を、今において復活利用し得る見込みさえあるのである。

Fortunately there are many examples of the previous two types, so if you keep the common points in mind, you can gradually clarify the intent of naming, and if you go further, it will be very poor in Japan. It is even possible that some of the recognized topographies will now be resurrected and utilized.

私などの最初の期待では、これほど繁雑を極めた固有名詞だから、これを構成する普通名詞の数も、また相応に豊富なものであろうと思っていた。

In my first expectation, I thought that the number of common nouns that make up this would be reasonably rich, as it is such a pronoun proper noun.

ところが表にこしらえてみた結果、それが存外に少なかったのでがっかりした。

However, as a result of making a table, it was disappointing because it was unexpectedly few.

 我々日本人がその利用地名を作るために、古くから使っていた単語の数は、地方の隅々に近世になってから使い始めたものまで合せても、せいぜい百余り、百五十にはまだ届かなかった。

The number of words that we Japanese have been using since ancient times to make up the names of places of use is at most about one hundred and fifty, even if we start to use them in every corner of the country in the early modern times. Has not arrived yet.

それにいろいろのありふれた形容詞を副えて、この全国の利用地名の半分ばかりこしらえ、それがまた踏襲せられて占有地域の地名ともなっていたのである。

In addition to this, he added only a half of all the names of places of use throughout the country, with the addition of various common adjectives, which were also followed by the names of the occupied regions.

これがむつかしく解しにくいもののように感じられたのは、その数量と新旧の錯綜、及び用法の変化の複雑さに基いた一種の眩惑であった。

What seemed to be difficult and difficult to understand was a kind of dazzlingness based on the quantity, complexity of old and new, and the complexity of changes in usage.

すべての社会現象は皆そうであるが、丹念な分類さえしてみれば事実の把握はそう難事でないのであった。

As is the case with all social phenomena, it was not so difficult to grasp the facts only by carefully classifying them.

Eight

 二三の実例を挙げるに先だって、一応前に述べたことを要約すると、地名の必要には三期があって、一期ごとに若干の新命名は出現したが、人はその煩労を節約すべく、毎回必ず若干の旧地名を採択保存することを心掛けたのである。

Before giving a few examples, to summarize what I said before, the need for a place name has three periods, and a few new names appeared every period, but people saved the trouble. In order to do so, he always tried to adopt and save some old place names.

その結果としてある一つの時代の横断面には、新旧年齢のきわめて区々なる、命名の趣旨の最も著しく相異した地名が、入り組んで頭を出しているのである。

As a result, in a cross section of one era, place names with the most striking differences in naming between old and new ages are intricately exposed.

それを一つの心持でほぼ同じ時期に、地名を附与した異民族の場合と、同様な態度をもって点検したのが誤っていた。

It was wrong to check it with one mind at about the same time, with the same attitude as in the case of the different races that gave place names.