文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

地名の研究:柳田國男(805-827)/3905

だから諸君の個々の郷土において、この地名をして歴史を物語らしめようとせられる際には、あらかじめこれが明治九年に新たに設けられたものでないことを確かめないと、しばしば無理な推測をする危険があるのである。

Therefore, when you try to use this place name to tell history in your individual hometown, you often make unreasonable speculations unless you make sure that it is not newly established in 1891. There is a danger.

古い地名はそう乱暴に、棄てたり変えたりはしなかったことと思うのが、切絵図作成の都合上、しばしば区域は削られたり脇へずれているのである。

I think that the old place names weren't roughly abandoned or changed, but the areas are often cut or shifted to the side for the convenience of making the cutout map.

従って池の上という字が池の下に及んだり、長久手という地名が実は短い湫、即ち湿地をしか含まぬということもあり得るので、こういう一見して意味の判るものはよいが、さもなければいよいよどうしてこんな字ができたかを解するに苦しむ場合が多くなるのである。

Therefore, it is possible that the word "upper part of the pond" extends below the pond, or the place name "Nakute" actually contains only a short basin, that is, a wetland. I often have a hard time figuring out why I could write such a character.

それよりも注意しなければならぬことは、こういう人煙の繁く栄えている地方では、古い由緒のある多くの地名が、ほんの偶然のことから公簿の上に載せられず、今はまだ故老の記憶しているものがあっても、後おいおいに公けの知識から消えて行くことである。

More important to note is that in these thriving regions of smoke, many old and historic place names couldn't be put on the public list by accident, and are still dead now. Even if there is something that the old man remembers, it is that it disappears from public knowledge.

それを知られている限り拾い集めておかぬと、村々の地名研究は完成せぬのである。

If you do not collect them as far as you know, the place name research in the villages will not be completed.

そうしてこれがいかなる歴史を教えてくれるかを考えるには、全県の地名調はやはりいつまでも大きな支援を供与することと思う。

Then, to think about what kind of history this teaches, I think the place name tone of all prefectures will continue to provide great support.

Four

 個々の地名の起原に関しては、かつて自分の地理学会で講演した筆記が出ているから(前章参照)それと重複した話はできるだけ避けて、主としてこの県に関係のあることのみをお話しようと思う。

Regarding the origin of each place name, I wrote a lecture that I once gave at my geographic society (see the previous chapter), so I will try to avoid duplicated stories as much as possible and only talk about those that are mainly related to this prefecture. ..

地名はどこの国でも、普通にはまず地形によって附ける。

The name of a place is usually given by the topography in any country.

それが間に合わなくなっておいおいに他の材料を加味して行くのである。

It is too late to add other ingredients.

近い例を引くならば、アイヌなどは耕作がいまだ進まず、居住以外の目的で土地を区劃し、または永くこれを占有することがほとんとないから、地名は数も少なくまたきわめて単純である。

If we draw a close example, since the Ainu and others have not been cultivated yet, and they rarely occupy the land for the purpose other than residence, or occupy it for a long time, the place names are few and very simple. ..

行旅には目標があれば十分であり、狩猟その他の採取経済においては、場処さえ記憶し得られ、かつ他人とその話ができればよいのである。

It is enough to have a goal for a trip, and in hunting and other harvesting economies, all that is necessary is to be able to remember the place and talk to others.

そういう地名には努めて具体的にその土地の性質を指示するものを択び、解説や打合せの入用な、符号式のものを避けるから、誰が聞いてもその意味を捉えやすい。

It is easy to understand the meaning of the place name by choosing the one that specifically indicates the nature of the land and avoiding the coded one that is necessary for explanations and meetings.

これに対して生活機構の複雑になった社会では、原因動機が区々になっているから、そう簡単に地名を理解することができぬのも当り前である。

On the other hand, in societies with a complicated living mechanism, it is natural that the name of a place cannot be understood so easily because the motives for the causes vary.

その中でも日本はことにその点が厄介で、後にはとうてい不可解なものと見切りを付けたり、または勝手放題な地名考を発表する者を制しきれない事情があった。

Among them, Japan was particularly troublesome, and there was a situation in which it was impossible to control those who later gave up as a mysterious thing or announced a place name idea.

アイヌの地名がたくさんに残っているという説なども、実は語音の近似を説き、ないしありもせぬ内容をその土地の上に想像したりするだけでは、実はまだ証明にはならなかったのである。

The theory that there are many Ainu place names remained, but in fact, it was not yet proved just by preaching the approximation of the sound and imagining the improper contents on the land.

現在の住民を北夷の後裔だと認めない以上は、そうしたアイヌ語が伝わって今に至った手順も想像してみなければならなかった。

Without admitting the present inhabitants to the descendants of Beiyang, I had to imagine the procedures that led to the introduction of the Ainu language.

それにはある時代二種の民族が共棲し、一方は他から旧来の地名を教えてもらって、それを採用するだけの交際があったことを示さなければならぬし、さらにまた人の生活がどのように進んでも、以前の名称を以前の土地に付けておいて、差支えがなかったということをも確かめる必要があったのである。

In one era, two races coexisted, and one had to learn from other people the old place name, showing that there was enough companionship to adopt it. Even as he proceeded, he had to give the former name to the former land and make sure that it was okay.

人が新たに土着しまたは開墾をして、地を劃し堺を交えることになると、それにはぜひとも双方の地名が設けられねばならなかった。

When a person newly settled or reclaimed the ground and crossed Sakai, the place names of both sides had to be established.

私はこれを地区名と呼んでいるが、これはたいていの場合、未開人には入用がなかったのである。

I call it the district name, which most of the time did not fit the barbarians.

地区名にはもちろん在来の地点名を、できるだけは承継しようとしたであろうが、それの不可能な場合がいくらもあった。

Of course, we would have tried to take over the name of the local site as the name of the district as much as possible, but in some cases it was impossible.

第一には地点名は、黒岩とか二本杉とかいう類の狭い場処だけしかさしておらぬのを、引き延ばしてずっと広い区域の名とすると、物と名前との関係が不明になって行く。

First of all, if the name of a place is extended only to a narrow place such as Kuroiwa or Nihonsugi, and it is extended to a much wider area, the relationship between objects and names becomes unclear.

長野は山の麓のやや続いた緩傾斜地のことであったろうが、そこに御寺の大きいのが建って繁昌すると、後には市の名となって、谷陰にも大川の岸にも及び、さらに県庁が設置せられると、後には広い信州一国の県名とさえなった。

Nagano may have been a slightly sloping land that continued at the foot of the mountain, but when a large temple was built there and it prospered, it later became the name of the city, reaching the valley and the banks of the Okawa River. When the prefectural office was set up, it became the name of a wide prefecture in Shinshu.