文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

地名の研究:柳田國男(881-909)/3905

東京近くでクボという地形は、その外側へ出ると多くはヤツまたはヤト、上総・下総等ではサクという語が代りになっていて、これは愛知県にはともにないようである。

The terrain called Kubo near Tokyo is often replaced by the word tsuku or yato when it goes outside, and the word saku is used instead in Kazusa and Shimosa, which seems not to exist in Aichi Prefecture.

サクは九州南部のサコと一つの語であろうと思うが他の地方ではこれをハザマといい、現に大迫と書いて鹿児島地方はオオサコまたはウーザコ、岩手県ではこれをオハザマといっている。

I think Saku is one word with Sako in the southern part of Kyushu, but in other regions this is called Hazama, and in fact it is written as Osako and the Kagoshima region is called Osako or Usako, and in Iwate Prefecture it is called Ohazama.

ハザマは関東などでは全然耳にせぬ地名だが、その分布は存外に広く、西は山口県でも盛んに地名になっており、東北にもまたわずかだが大迫のごとき例がある。

Hazama is a place name that you don't hear in the Kanto region at all, but its distribution is surprisingly wide, and in the west there are many place names in Yamaguchi Prefecture.

むろん東北などのものはこちらが元でもあろうが、何にもせよ甲にあって乙丙の地にはないという地名の幾つかが、ここでまた新しい組合せを見せているということは、いわゆる国内移民の動向を察する上において、ひとりこの土地限りの史料とも言われぬくらいに大切な事実である。

Of course, things from Tohoku and the like may be the original ones, but some of the place names that are in the instep A and are not in the place of Otohei are showing new combinations here again. This is a fact that is so important that no one can say that it is a historical material limited to this land when observing the trends of domestic immigrants.

 畠作の進歩は日本のような旧国でもやはり新しい歴史であって、それがまたいっこう調べられていない。

The progress of Hatakesaku is a new history even in an old country like Japan, and it has not been investigated further.

これも地名の鄭重な取扱いによって、少しずつ事実に近づいて行けるのである。

This is also due to the judicious handling of place names, and you can gradually get closer to the facts.

いわゆる常畠の開け始めた土地は、よっぽどいろいろの条件に恵まれていなければならなかった。

The land where the so-called Tobatake started to open had to be blessed with various conditions.

それで水田適地に次いで人が早くからこれに注意を払い、従うて地形語が地名となる機会は多かった。

Therefore, there was a lot of opportunity for people to pay attention to this and follow the topographical word as a place name, following the suitable place for paddy fields.

この県では全然遺っていない地名であるが、中国全部と四国の片端にかけて、コウゲまたはカッカというのが水のない草生地のことであった。

It is a place name that has not been left in this prefecture at all, but over all of China and one end of Shikoku, koge or kaka was the waterless grass material.

村が山から遠くに独立することになって、こういう土地はまず肥料の補給によって、切替畑の利用法から脱却したのである。

As the village became independent from the mountains, these types of land were removed from the usage of switched fields by first supplying fertilizer.

この地名は遠く飛んで東北の尖端だけにある。

This place name flies far and is only at the tip of Tohoku.

秋田でカッカ、津軽南部でカノガ、カヌガというのがそれらしいが、ここではまだ常畠の域に入らず、単にたびたびの焼畑作りによって、樹林の絶滅して草芝ばかりになった土地をそういっている。

It is probably Kakka in Akita and Kanoga and Kanuga in southern Tsugaru, but here we say that we have not yet entered the area of Jobabata, but the land that has become extinct from trees and grass grass just by frequent slash and burn cultivation. It

そうして両地の中間にはもうその語はなくて、わずかに痕跡かと思う加賀国や足利のカガだけがあるのである。

Then, there is no such word in the middle of the two lands, but only Kaga Kuni and Ashikaga Kaga, which seem to be a trace.

そうすると問題は、中部地方の畠作はまずどういう地形の処に始まったかである。

Then, the problem is what kind of topography the Hatake crop in the Chubu region first started.

これには今日の何野・何原という字名も、一部は必ず参加していることと思うが、私たちの注意している他の重要な一つの地名はハバである。

I think that some of today's Nono and Nohara characters are always participating in this, but another important place name we are aware of is Haba.

ハバの語原はまだ不明だが、その意味だけはほぼ判明している。

The source of Haba is still unknown, but its meaning is mostly known.

そうして西日本にはまったく知られておらぬ語である。

And it is a word that is completely unknown to western Japan.

水の流れなどに接した丘陵地の末端の緩傾斜で、しかも水を引いて田にするまでの便宜のないところ、元はあるいは山腹のわずかな平地の休憩遠望に適し、今日飯場などと書いてハンバといっているものと同じかと思うが、少なくとも近世のハバは居住地に近く、常畠耕作の最も行いやすい地形の名であった。

It is a gentle slope at the end of the hilly area that is in contact with the flow of water, and it is not convenient to draw water to make a rice field. I think that it is the same as what is called "Hamba", but at least in modern times, Haba was close to the place of residence and was the name of the easiest terrain for cultivation of evergreen fields.

辞書には方言としてその重要性を無視しているが、それは単に京畿にその語の存せざるためで、これが現今の農業進歩に、寄与した部分は大きかったのである。

Although the dictionary ignores its importance as a dialect, it is simply because the word does not exist in Gyeonggi, and this contributed greatly to current agricultural progress.

こういうと諸君は多分、名古屋の幅下を聯想せられることであろう。

If you do this, you'll probably be able to think of the breadth of Nagoya.

自分もそのつもりで話をしているのである。

I am talking with that in mind.

ハバの下の居住が単なる自然の地形からでも、なお園圃農業の拡張によって、労力の利用を進めることができる。

Even if the dwelling under the haba is merely natural terrain, the expansion of orchard farming can still be used for labor.

まして城砦の保護があったとすれば、末々繁昌するのは当然であると言ってよい。

Moreover, if the fort was protected, it would be natural to prosper in the end.

ただ考えてみなければならぬことは、ハバが開かれて邑落となるには、焼畑用地の不足、人口の余剰、畠作物の種類の増加、農技術の進歩というがごとき、他にもいろいろの条件を要したことである。

However, it is necessary to consider that there are various other conditions such as lack of slash-and-burn land, surplus population, increase in variety of vine crops, and progress in agricultural technology in order for hava to open and fall. It was necessary.

単に有力なる武家がその岡の上にいたというだけではなかったのである。

It wasn't just that the mighty samurai were above the oka.

Eight

 この点があるいは城廓方式の近世の変遷を促した一つの事由ではないかと私は思う。

 I think that this is one of the reasons that prompted the change of the castle-style method in the modern times.

断崖|険岨の上に建ちまたは周囲を川や湖沢で囲んだものは、自身の出入りに不便であったというだけでなく、日常の用品にも早く欠乏しやすい憾みがあった。

Cliffs | Not only was it inconvenient to get in and out of things that were built on steep slopes or surrounded by rivers and lakes, but they also tended to quickly run out of daily necessities.

ゆえに一方には商工の徒をも城の眼の下に抱え置いたのだが、同時にある程度までの農作をも営ませる必要があったのである。

Therefore, on the one hand, he also held a business man under the eyes of the castle, but at the same time he needed to have some farming.