文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

地名の研究:柳田國男(1168-1197)/3905

愛知県が日本一国のために解釈し得る疑問もおそらくは幾つかあろうし、さらにまた予期せざる疑問を提供するものも少なくはあるまい。

There are probably some questions that Aichi Prefecture can interpret for Japan's only country, and there are few that also provide unexpected questions.

私などは実はまだ取りかかったばかりだが、今度この県の『字名調』を一覧することによって、いよいよ好奇心を刺戟せられた点は幾つもある。

Actually, I have just begun work, but by listing the "letter-tones" of this prefecture, I was finally struck by curiosity.

たとえばこの県にも多い膝折とか沢渡とかいう地名は他でもたくさんあってかねてその意味を発見したいと願っているものである。

For example, there are many other place names such as knee folds and Sawatari in this prefecture, and I would like to discover the meaning for a long time.

ギロという地名も近江・美濃・伊勢にかけて多いが、何のことやら今にまだ心当りがない。

There are many places named Giro in Omi, Mino, and Ise, but I don't know what they are.

それから尾参だけに数の多いヒラコとかヨラキという地名、これなどもどうかして諸君とともに早くその由来を明らかにしたいと思っている。

Also, I would like to clarify the origin of the place name such as hirako or Yoraki, which is often found only in Ogosu, with you all.

たった一つや二つの孤立の例ならば、中には永久の不可解というものもあろうが、遠近の各地に同じ例の多い地名ならば、考えて往って判らぬということは万々あるまい。

If there are only one or two examples of isolation, some may be eternally incomprehensible, but if there are many place names that have the same examples in far and near, there is no way to think back and understand. ..

今後この知識と関心とが全国の隅々に及んだ場合を想像してみると、こういう楽しみの多い努力、多くの新発見を約束する不審というものは、他にはちょっと類がないと思う。

Imagine if this knowledge and interest would spread to every corner of the country in the future, I think there is no other kind of fun effort and suspicion that promises many new discoveries. ..

(「愛知教育」昭和九年七月)

("Aichi Education" July 1964)

地名考説

Place name

一 地名の研究

Study of place name

 平民生活史を明らかにせんとする新機運に乗じて、再び地名研究の欄を開設する。

▽ Taking advantage of new motivation to clarify the life history of commoners, open the column of place name research again.

十余年来絶えて継ぐ人のなかった事業である。

It is a business that has not been succeeded for decades.

切に同志諸兄の支持協力を希望せざるを得ないのである。

I have no choice but to hope for the support and cooperation of my brothers.

 地名の研究はすでに諸外国の大切な学問であったが、実は地方によって著しい流行の差がある。

The study of place names has already been an important academic discipline in other countries, but in fact, there is a marked difference in fashion depending on the region.

必ずしも適任の学者が起ってこれを唱導しなかったためではない。

Not necessarily because the right scholars did not come up and advocate.

地名そのものの性質がある区域においてはことに観察者の注意を惹き、他のある方面では必ずしも大なる興味を催すに足らなかったのである。

It attracted the attention of the observer especially in the area where the name of the place itself was characteristic, and did not necessarily cause great interest in other areas.

例をもってこれを説くならば、永田方正翁の『アイヌ地名解』を見ると、ある限りの山中海辺の地名はすべて明々白々にアイヌ語であって、その意味もまたほぼ地形と一致する。

To explain this with an example, if you look at Nagatakata Masao's "Ainu place name solution", all place names on the seaside in the mountains are clearly Ainu, and their meanings are almost the same as the topography.

その上に命名法が必ずしも複雑でない。

Moreover, the nomenclature is not necessarily complicated.

ゆえに金田一京助君の学問が今少しく振作するならば、蝦夷一島の地名は、表によって分類概括することができるかも知れぬ。

Therefore, if Kyosuke Kaneda's scholarship sways a little, the place names of Ezo Ichijima may be classified and summarized by a table.

すなわちこの地方の地名は語学であって、文化史ないしは社会心理学でないのかも分らぬ。

In other words, I do not know that the place names in this region are language, not cultural history or social psychology.

ただわずかに内地人の移住以後、これをいかに変形しまた表示せんとしているかが、次第にやや困難なる知識とならんとするのみである。

However, after the immigrants of the inland people moved a little, how to transform and display it is only a little difficult knowledge.

 これに反していわゆる大八洲の我々の地名は、北の端から南の果てに及ぶまで、使用者の子孫自らがなお解釈を難しとするものいたって多く、これを不可解として放置するを得なかったために、和銅・養老の『風土記』の昔から、力めて幽怪なる小説をもってこれを説明せんとする風があり、しかもその類の古い地名の多くは、千余年間引き続いて今も行われているのである。

Contrary to this, our so-called Daihachi place name is often difficult to interpret by the descendants of the user from the north end to the end of the south, and we have to leave it as a mystery. Since there was no such thing, there has been a wind from the old days of "Fudoki" written by Wado and Yoro to try to explain this with a mysterious novel, and many old place names of that kind have continued for more than a thousand years. It is being done.

その後おいおいに附加せられたものの、年とともに増加したことは言うまでもない。

Although they were added afterwards, it goes without saying that they increased over the years.

つまりは年代の錯綜があり、また命名者の態度動機に、変遷と進化とがはなはだしかったのである。

In other words, there was ambiguity in the age, and the motivation for the attitude of the naming person was such that transition and evolution were unbelievable.

それをほとんと絶望に似たる冷淡をもって吾人の研究に委譲した先輩は、消極的に民俗学の恩人であった。

The senior who transferred it to my research with a coldness that was almost like despair was a benefactor of folklore.

今においては一貫した法則により、全土を比較して精細なる研究を進めることができる。

Now, the consistent law allows us to compare the whole country and carry out detailed research.

その準備はもう具わっているのである。

The preparation is ready.

 地名の大多数がすでにその持主にすら、意味不明になっているという奇なる現象の他に、なお一つの日本の特色は地名が際限もなく豊富なことである。

 In addition to the strange phenomenon that the majority of place names are already unknown even to their owners, another characteristic of Japan is that the place names are endless.

人口の増加が土地の利用を収約ならしめると同じく、区劃を細分して行けば差別の必要が多くなるのみならず、観察が鋭敏となっている命名法がいよいよ適切を加えるのは自然である。

Just as the increase in population will condense land use, subdivision of the district not only increases the need for discrimination, but it is also natural to add appropriate nomenclature, which is sensitive to observation. Is.

神代史に祖神の御姉弟がおのおのその田地に付与せられたという地名はすでにその例であるが、以前は島の名などは単なる遠望をもって青黒大小のごとき印象を表示したものが多かったが、しばしばこれへ渡って日を過し夜を明かすことになればそんな粗笨な形容では自他を分つことができなくなる道理である。

The place name that the brothers and sisters of the gods of God were given to the fields in the history of Jindai is already an example. Often, if one goes to this and passes the day, it will be impossible to distinguish oneself from the other in such a rough description.