文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

地名の研究:柳田國男(1306-1334)/3905

ただ稀有の例外を除いては、その選定はいたって自然であって、同時に何人にも合点せらるることを旨とし、いまだかつて茶人が庭園に命名するごとく、唐人の寝言は真似なかった。

However, with the exception of a rare exception, the selection was very natural, and at the same time, it was intended that it could be scored by many people, and as the tea master used to name the garden, he did not imitate Tang's sleep.

それが今日から辿って往っても、これによって昔の生活が推定せられる所以である。

This is the reason why old life can be presumed even if it is traced from today.

 だから単純に言語学の目的より地名を考察し、また今日文字ある人に忘却せられた古語を拾い上げて、再びこれを実地に使用するなり、また比較対照の材料にしようとするならば、第一次にはやや単純なる地点名に就く方がよいのである。

Therefore, if you simply consider the place name from the purpose of linguistics, pick up the old word forgotten by someone who has letters today, and use it again in practice, or if you want to use it as a material for comparison, For the primary, it is better to get a slightly simpler place name.

同じく固有名詞でも、個々の地物に附添したものは、案外にこれを復原しやすい。

Similarly, proper nouns attached to individual features are unexpectedly easy to restore.

同じような土地の形状、たとえば崖の上面を何ハケといい、側面を何ハバといい、急傾斜を何ママというものが、国を連ねても十も十五も発見せられるなら、そのハケ・ハバまたはママは、こういう場所を意味した普通名詞なることが知れるのである。

If you can find similar shapes of land, such as what the top of the cliff is, what the sides are, and the steep slopes are mama, even if you can find more than 15 even if you connect the countries,・It is known that Haba or Mama is an ordinary noun meaning such a place.

これに反して地区名はもとこれから出たものでも、たいていは滑って遠く移っている。

Contrary to this, even if the district name originally came out, it usually slips and moves far.

これは通例の人の心持に、人居のある所が地名の中心のごとく、考える習わしがあるからである。

This is because there is a custom of thinking that the place where a person resides is the center of a place name in the mind of a person.

 東海道でも駿河の吉原、遠江の白須賀などは、住民の都合で何度も町を移している。

Even on the Tokaido, Yoshiwara on the Suruga and Shirasuka on the Toe have moved towns many times due to the residents' convenience.

最初の場処も今では変化してしまった。

The first place has now changed.

ゆえに現在の地について、何ゆえに須賀と名づけ何ゆえにヨシワラといい始めたかを、検してみようとしても無駄である。

Therefore, it is no use trying to find out about the present place, why it was named Suga and why it was called Yoshiwara.

その代りにはまた他の一方で昔我々が駅亭を置き、官道を連結しようとした地点は、現在のごとき場所でなく、馬に秣と水とが供給しやすく、もしくは眺望の開展した平場を求めた結果、必ずしも低湿を避けず、もしくはその弊に心付かなかったという事実を、このような地名から想像し得られるのである。

On the other hand, on the other hand, the place where we used to set up a station and tried to connect the public road was not the place like today, but it was easier to supply horses with water and water, or the view was opened. From such a place name, one can imagine the fact that, as a result of seeking a flat field, it was not always possible to avoid low humidity or pay attention to its bad effects.

 第二段の地名分類はこの意味から必要になって来る。

 The second-stage place name classification is necessary because of this meaning.

すなわち命名当時の事情に基いて、それがまだ占有の前であったか、はたまた占有の後になって始めて附与したものかを差別してみることである。

That is, based on the circumstances at the time of naming, try to discriminate whether it was before occupation, or whether it was granted only after occupation.

これもかりに自分は標前地名、標後地名と名づけておく。

For this reason, I name myself the name of the front place and the name of the back place.

シメ野という語が古くからあるのでこれによったのであるか、あるいは開発前後といった方がもっと実際には適切であったかも知れぬ。

The term "Shimeno" has been around for a long time, so it might have been more appropriate because it was based on it.

開発すなわち農業の目的以外に、人が山野を占有することは、本来はきわめて稀であった。

Except for the purpose of development, that is, agriculture, it was originally extremely rare for people to occupy the mountains.

居住のこれに始まるはもちろんのこと、城砦や社寺のごときさえも、常に農民の所在に附いてまわるべきものであった。

Not only the beginning of residence, but also the forts and shrines and temples should always be attached to the peasants' whereabouts.

ゆえにいわゆる草分けの家が入り込んだ前と後と、命名の気持がまるで一変して、それが痕跡を永く遺留するのであった。

Therefore, the feeling of naming changed completely before and after the so-called pioneer house entered, and it left a trace for a long time.

 しかし以前といえども、短期間の占有は常に行われた。

However, even before, short-term occupation was always done.

それが繰り返されている間には、自然に地名の発生を促す原因が多くなった。

While this was being repeated, there were many causes that naturally encouraged the generation of place names.

つまりは利用度の進むに比例して、地名は単に増加したのみならず、その性質も次第に変って来たのである。

In other words, not only did the place names increase in proportion to the increasing use, but their nature gradually changed.

古くからあった地点の、取捨選択が行われたことも想像に難くない。

It is not difficult to imagine that the old spots were sorted out.

そうしていよいよ区劃が明定せられ、一区ごとに名を与えることになると、どうしても従来の地名の中では最終のものが親しいから、勢いこれを採用する場合が多かったろうと思う。

If we can do so, when the wards are specified and each ward is given a name, the last of the conventional place names is inevitably familiar, so I think that there were many momentum to adopt this.

ゆえに単純な原始風な地名が、村や大字になって残っているのは、よくよく古くから改められぬ因縁のあったものと、懐かしがってみてもよいのである。

Therefore, it may be nostalgic for the simple primitive style place names to remain in villages or in large letters, which often had a long-standing unresolved cause.

 そこで自分はもう一ぺん、日本の地名の難解ということに付いて所感を述べる。

 Therefore, I would like to express my feelings about the difficulty of Japanese place names.

吉田さんの『地名辞書』の索引などを見ると、巨勢とか能勢とか須磨とか那須とかいう類の二音の意味不明な地名が幾種もある。

Looking at the index of Mr. Yoshida's "Place Name Dictionary", there are several place names whose meanings are unknown, such as giants, Nose, Suma, and Nasu.

国郡郷名にも『倭名鈔』以前からのもので、よほどこじつけないと説明のならぬものに、これまた同様に二音のものが多い。

There are many Kuni-gungo names from before the "Waishinsho", and there are also two-tone ones that cannot be explained unless you are very careful.

これをある人の想像のごとく蝦夷起原なりとしても、国巣・土蜘蛛の語だったとしても、はたまた単に古いから忘れたにしても、とにかくそんな地名が口から耳へ、今までも伝わっているということは、日本ばかりの特色である。

Even if this is the origin of Ezo, like the imagination of a person, or even if it is a word of Kokusu / Tsuchigumo, even if you forget it because it is old, anyway, such a place name from mouth to ear, until now Being transmitted is a unique feature of Japan.

たとえば英国のごとくデーンがセルトを逐い、ノルマンがサクソンを殺戮するという歴史であったら、地名はその都度改まらずにはいない。

For example, if the history of Dane slaughtering Sert and Norman slaughtering Saxon, as in the case of Britain, the name of the place cannot be changed.