文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

地名の研究:柳田國男(2240-2262)/3905

他の一は八戸方面でいうタイで、明らかに海蝕の成生物であり、従って常に海に接している。

The other is Thailand in the direction of Hachinohe, which is clearly a marine erosion organism and therefore always touches the sea.

利用の上からいえば当然前者の方が一段と困難であるのだが、この地方にまだ多くのカヌカという地名を見出し得ないのは、妙に考えられる。

From the point of view of use, the former is naturally more difficult, but it is strange that we cannot find many place names called Kanuka in this region.

 中国のコウゲに至っては明白にペネプレーンである。

 It is clearly a peneplane when it comes to Chinese kouge.

しかも成因はいずれにもせよ、皆最近上昇した地方である以上は、水に乏しくいつまでも草地の多いのは自然の結果である。

Whatever the cause, it is a natural result that water is scarce and grassland is indefinitely absent in the regions where the prices have risen recently.

 右の一文は『民族』第一巻、第六号発行の翌日に、もう自分の手に達した一無名氏の通信である。

 The one sentence on the right is the communication of Mr. Ichimei, who has reached his hands the day after the issue of Vol. 6, No. 6 of "Ethnicity".

無名氏なるために直接に感謝の意を表し得なかったが、専門の知識ある旅行家から、ほぼカヌカとコウゲの一つの名称なるべきことを是認せられたのは、はからざる好激励である。

Although I could not directly thank Mr. Anonymous, it was an encouraging encouragement that a knowledgeable traveler approved that it should be almost one of Kanuka and Kouge. ..

しかも自分もまた前出種市村の鹿糠を知っていたのである。

Moreover, I also knew about Roku-nuka in Idemura.

大正九年の八月の末に、二人の同志とともに徒歩してこの地を過ぎ、岡の斜面に臨んだ村はずれの旅店に休憩して、静かに観察した小駅の風物は今も目に留っている。

At the end of August of 19th year of Taisho, I walked with my two comrades and passed through this place. I took a rest at a travel shop on the outskirts of the village facing the slope of Oka. Stays in.

今において考えてみると、もしカヌカが前文に自分の想定したような地形であるとしたならば、必ずカヌカと名づくべき草地は、宮古以北の海岸台地にはいたって多くして、しかもその地名は聞くことなくかえって当の鹿糠はすでに半農半商の村で、附近は開き耕され、むしろ言語の意味から空に画いてみる推測とは反するのである。

Considering now, if Kanuka had the terrain that he had assumed in the preamble, there are many grasslands that must be named Kanuka on the coastal plateau north of Miyako, and Instead of listening to the name of the place, Ruka Nuka is a semi-agricultural half-commercial village, and the neighborhood is open and cultivated, which is contrary to the speculation of drawing in the sky from the meaning of the language.

これがおそらく地名研究の困難でもあれば、またその興味でもあろうかと思う。

I think this is probably the difficulty of place-name research, or its interest.

 地名発生の要件としては、単に我々が比較によって意義を明らかにした事実、たとえば「水乏しき草地」などが、眼前に横たわるというだけでは充分でない、必ずカヌカという語の生きて働いている小社会がこれと接触するという第二の事実を伴なわねばならぬ。

The only requirement for the occurrence of a place name is that the fact that we have made clear its significance by comparison, such as "water-poor grassland", is not enough to lie in front of us. Must be accompanied by the second fact that he comes into contact with this.

今日台湾に行き呂宋に渡ってかりにカヌカと名づけてよい地形に無数に出逢ったとしても、もはや我々はこれに対してそう命名する力はもたぬのだ。

Even if we go to Taiwan today and come across Lu Song and encounter countless terrains that we might call Kanuka, we no longer have the power to name them.

それにはその語がお互いの自由に、使用するものなることを条件とするからである。

This is because the words are subject to the freedom of use of each other.

第二段にはかりにこのような地形がすなわち古来の日本語のカヌカに当ることを知らぬ者は一人もない場合でも、走って通り過ぎるかもしくは留ってそこに何事かをする必要がなかったならば、面倒にこれに命名することもなく、したところがすぐ忘れてしまって、永く保存せられる気遣いはないから、つまり最初から字カヌカでなかったのも当然である。

Even if no one knew that the terrain had hit the ancient Japanese kanuka on the second tier, there was no need to run past or stay and do something there. In that case, I didn't have to name it too much, and I forgot what I did, so I didn't care to preserve it for a long time.

これから推論を下すならばコウゲもしくはカヌカという地名の今存在することは、ひとりその場処が水に不自由な草原であるというのみでなく、なおその近傍に引き続いて、人ことにこんな土地をカヌカ・コウゲと呼ぶ人の群が居住していたことと、次にはその土地に対してやや熱心なる注意を払い、住むか耕すか折々来て休むか、少なくとも別の地に在って人々がこれを話題とする必要が生じたことを前提としているのである。

If we make an inference from this, the existence of the place name of Kouge or Kanuka not only means that the place is a grassland that is water-impaired, but it continues to be in the vicinity of it, and people like this place.・The fact that a group of people called kouge lived in, and then paid a little ardent attention to the land, whether it lived, cultivated, or came and took a rest, at least in other areas It is premised that it is necessary to talk about this.

地名が人間生活の小さな歴史であるのはこれがためで、それゆえにいっそう速かにその消滅に先だってこれを集めて考えてみねばならぬのである。

This is why the place name is a small history of human life, and therefore it must be gathered and considered even faster before its disappearance.

陸中海岸の高台は、種市辺よりははるかに南、だいたいに下閉伊郡北端の安家・普代の小さな流れからこちらがことに荒涼たる草原になっている。

The hills on the Rikuchu coast are far south of the Taneichi area, and are mostly desolate grasslands due to the small stream of Anka and Fudai at the northern end of Shimohei District.

いわゆるカヌカの地が今もってこの部分に多く、しかもその地名が少しも分布していないことは、多分まだこれを命名するだけの要件が具足せず、すなわちまた依然として地形のカヌカ的なる所以であろうと思う。

So-called Kanuka land is still abundant in this part, and the name of the place is not distributed at all, probably because it is not enough to name it yet, that is, it is still Kanuka of the terrain. I think

二〇 ナル、ナロ

20 Naru, Naro

 奈良の都を平城とも書くのを見て、ナラは当時の輸入の漢語であるように論ぜられた学者もあったがそれは誤りであろうと思う。

When I saw the writing of the capital of Nara as Heijo, Nara was argued that it was an imported Chinese language at the time, but I think it would be a mistake.

山腹の傾斜の比較的緩やかなる地、東国にては何の平と言い九州南部ではハエと呼ぶ地形を中国・四国ではすべてナルといっている。

The land where the slope of the hillside is relatively gentle, what is called Taira in Eastern Japan and flies in southern Kyushu is called Naru in Chugoku and Shikoku.

この語はナラス(動詞)ナラシ(副詞)ナルシ(形容詞)とも変化して、その本原はとにかく、決して大和の旧都にばかり用いられた語ではない。

This word has changed from Narasu (verb) Narashi (adverb) Narushi (adjective), and the book's original text was never used only in the old capital of Yamato.

地名としては、

As a place name,