文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

日本の伝説:柳田國男(431-459)/2390

そうして仏法の教化とは関係なく、いつもわれわれの常の生活について、善い事も悪い事も共に細かく世話を焼いています。

Therefore, regardless of Buddhism's indoctrination, we always take good care of our daily lives, both good and bad.

杖立て清水をもって百姓の難儀を救うまではよいが、怒って井戸の水を赤錆にして行ったり、芋や果物を食べられぬようにしたというなどは、こういう人たちには似合わぬ仕業であります。

It's okay to save the farmer's troubles with a cane stand Shimizu, but angry things like making the water in the well red rust and making it impossible to eat potatoes and fruits are things that are not suitable for such people. ..

ところが日本の古風な考え方では、人間の幸不幸は神様に対するわれわれの行いの、正しいか正しくないかによって定まるように思っていました。

However, the old-fashioned way of thinking in Japan was that human happiness was determined by what we did to God, whether it was right or wrong.

その考え方が、今でも新しい問題について、おりおりは現れて来るのであります。

That idea is still present in origami about new problems.

だから私などは、これを弘法大師の話にしたのは、何かの間違いではなかろうかと思うのであります。

Therefore, I wonder if it was something wrong when I talked about this with Kobo Daishi.

 そのことは今に皆さんが自分で考えて見るとして、もう少し珍しい伝説の例を挙げて置きましょう。

I will give you a little more unusual example of a legend as you think about it now.

石芋、食わず梨とちょうど反対の話に、煮栗焼き栗というのが方々の土地にあります。

Just like the opposite of stone potato and pears, boiled chestnuts and roasted chestnuts are found in people's land.

これも今では弘法大師の力で、一旦煮たり焼いたりした栗の実が、再び芽を吹いて木になったといって、盛んに実がなっているのであります。

Now, with the help of Kobo Daishi, it is said that the chestnut nuts that have been boiled and baked once again sprout into trees, and are now producing fruit.

越後の上野原などにある焼き栗は、親鸞上人の逸話になっていますが、やはりある信心の老女がさし上げた焼き栗を、試みに土に埋めて、もし私の教えが後の世で繁昌をするならば、この焼き栗も芽を出すであろうといって行かれた。

The roasted chestnuts in Echigo's Uenohara are anecdotal stories of Shinran Jojin, but after all, I buried the roasted chestnuts raised by an old woman of devotion in the soil, and if my teaching passed on, I was told that this roasted chestnut would also sprout if I thrive in.

そうすると果してその言葉の通り、それが成長して大きな栗林となり、しかも三度栗といって一年に三度ずつ、実を結ぶようになったというのであります。

As a result, according to the words, it grew into a big Kuribayashi, and it came to bear three times a chestnut, three times a year.

どうしてこのような話が出来たかというと、この一種の柴栗が他のものよりはずっと色が黒くて、火に焦げたように見えるからでありますが、京都の南の方のある在所では、やはり同じ話があって、これは天武天皇の御事蹟だというのであります。

The reason I was able to talk about this is that this kind of Shiba chestnut is much darker in color than others, and it looks like it has burnt, but in some places in the south of Kyoto After all, there is the same story, and it is a memorial to Emperor Tenmu.

天武天皇が一時|芳野の山にお入りになる時、この村でお休みなされると、煮た栗を献上したものがあった。

When Emperor Tenmu entered the mountain of Yoshino for a while, he took a day off in this village and offered a boiled chestnut.

もう一度帰って来るようであれば、この煮た栗も芽を吹くといって、お植えになった実が大木になって栄えたということで、その種が永く伝わっております。

If you come back again, the boiled chestnuts will also sprout, and the seeds that have been planted have grown into large trees, proving that seed has been transmitted for a long time.

或はまた春日の明神が初めて大和にお移りになったときに、お付きの神主が煮栗の実を播いたともいう者もあります。

Others say that when the Kasuga Myojin first moved to Yamato, the priest accompanied him sowed boiled chestnuts.

こういうように話はぜひとも弘法大師でなければならぬというわけでもなかったのであります。

In this way, the story did not have to be Kobo Daishi.

 それからまた片身の魚、片目の鮒などという話もあります。

Then, there is also talk about single fish, one-eyed salmon, etc.

焼いて食べようとしているところへ大師がやって来て、それを私にくれといって、乞い受けて小池へ放した。

The master came to the place where he was about to bake and asked him to give me it, and he begged me and let it go to Koike.

それから以後その池にいる鮒は、一方だけ黒く焼け焦げたようになっている。

After that, the salmon in the pond has become black and charred only on one side.

または片目がない、もしくは片側がそいだように薄くなっているというのです。

Or it has no one eye, or one side is thin so that it is flat.

動物学の方から見て、そんな魚類があるものとも思われませんが、とにかくに片目の魚が住むという池は非常に多く、それがことごとく神の社、または古い御堂の傍にある池であります。

From the zoological point of view, it is unlikely that there are such fish, but anyway, there are so many ponds that one-eyed fish live in the pond near the shrine of the gods or the old temple. There is.

池と大師とは、またこういう方面においても関係があるのであります。

The pond and Daishi are also related in this respect.

 或はまた衣掛け岩、羽衣の松という伝説もあります。

There is also a legend that there is a rock coat and Hagoromo no Matsu.

これも水の辺で、珍しい形の岩や大木のある場合に、不思議な神の衣が掛かっていたことがあるというので、普通には気高い御姫様などの話になっているのですが、それがまたいつの間にか、弘法大師と入り代っているところもあるのです。

This is also near the water, and when there are rocks or large trees with unusual shapes, it is said that a mysterious god's clothing was hung on it, so it is usually a story of a noble princess, etc. However, sometime before that, it has replaced Kobo Daishi.

備前の海岸の間口という湾の端には、船で通る人のよく知っている裳掛け岩という大岩があります。

At the end of the bay, which is the frontage of the coast of Bizen, there is a large rock called a rock cliff that people familiar with by boat know.

これなども飛鳥井姫という美しい上※の着物が、遠くから飛んで来て引っ掛かったといういい伝えもあるのですが、土地の人たちは、またこんな風にもいっている。

It's also said that the beautiful kimono called Asukaihime* flew from afar and caught on it, but the local people say it again.

昔大師が間口の部落へ来て、法衣を乾かしたいから物干しの竿を貸してくれぬかといわれた。

A long time ago, a master came to the frontage village and asked to lend me a clothesline because I wanted to dry the hogi.

竿はありませんと村の者がすげなく断ったので、大師もしかたなしにこの岩の上に、ぬれた衣を掛けてお干しなされたというのであります。

It was said that the villagers refused without saying that there was no pole, so they were dried by hanging wet clothes on this rock without the help of a master.

おおかたこれも一人の不親切な女の、後で罰が当った話であったろうと思います。

Most of the time, this was probably an unfriendly woman's punishment later.

(邑久郡誌。

(Oku-gun magazine.