文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

日本の伝説:柳田國男(788-814)/2390

しかしこういう池の主には限らず、神々にも眼の一箇しかない方があるということは、非常に古くからいい伝えていた物語であります。

However, the fact that not only the owner of this pond but also the gods have only one eye is a story that has been told for a long time.

どうしてそんなことを考え出したかはわかりませんが、少くともそれがいけにえの眼を抜いて置いたということと、深い関係があることだけはたしかであります。

I don't know why you came up with such a thing, but at least it's deeply related to the fact that you sacrificed the sacrificial eye.

それだから、また目の一方の小さい人、或はすがめの人が、特別に神から愛せられるように思う者があったのであります。

Therefore, there was also a person who thought that a person with a small eye, or a person with a refreshing eye, could be specially loved by God.

大蛇が眼をぬいて人に与えたという話は、弘く国々の昔話になって行われております。

The story that a large snake blinded and gave it to a person is a long-standing story of the nations of the developing world.

その中でも肥前の温泉嶽の附近にあるものは、ことに哀れでまた児童と関係がありますから、一つだけここに出して置きます。

Of these, the one near Hizen Onsentake is so pathetic that I have a relationship with children, so I will only put one here.

昔この山の麓のある村に、一人の狩人が住んでいましたが、その家へ若い美しい娘が嫁に来まして、それがほんとうは大蛇でありました。

Once upon a time there lived a hunter in a village at the foot of the mountain, and a young beautiful girl came to his house to marry him, and it was a great snake.

赤ん坊が生れる時に、のぞいてはいけないといったので、かえって不審に思ってのぞいて見ますと、おそろしい大蛇がとぐろを巻いて、生れ子を抱えていました。

When a baby was born, he said that he should not look into it, so I looked at it suspiciously, and there was a horrible snake wrapped around his head and holding a baby.

それがまた女になって出て来まして、姿を見られたからもう行かなければならなくなった。

It came out again as a woman and I could see it, so I had to go.

子供が泣く時にはこの玉を嘗めさせてやって下さいといって、自分で右の眼を抜いて置いてお山の沼へ帰って行きました。

When the child cried, he told me to let this ball ridiculous, so I pulled out my right eye and left it, and went back to the mountain swamp.

それを宝物のように大切にしておりましたが、その評判が高くなって殿様に取り上げられてしまい、赤ん坊がお腹がすいて泣き立てても、なめさせてやることが出来ません。

I valued it as a treasure, but it became so popular that it was taken up by the lord, and even if the baby became hungry and cried, I could not lick it.

こまり切って親子の者が山へ登り、沼の岸に出て泣いていると、にわかに大浪がたって片目の大蛇が現れ、くわしい話を聴いて残った左の方の眼の玉を抜いてくれます。

When the parents and children climbed up into the mountains and came out to the shore of the swamp and were crying, a large snake suddenly appeared and a large-eyed snake appeared, and after listening to the detailed story, pull out the left eye ball left. I will.

喜んでそれを貰って来て、子供を育てているうちに、その玉も殿様に取り上げられます。

While I am happy to receive it and raise my child, the ball will be taken up by the lord.

もう仕方がないから身を投げて死のうと思って、また同じ沼へやって来ますと、今度は盲の大蛇が出て来て、その話を聴いて非常に怒りました。

I couldn't help it anymore, so I threw myself and thought I was going to die, and when I came to the same swamp again, a big blind snake came out and I was very angry when I heard the story.

そういうひどいことをするなら、しかえしをしなければならぬ。

If you do such a terrible thing, you have to give back.

二人は早くにげて何々という所へおいでなさい。

Please come and go to what place.

そこでは良い乳を貰うことが出来るからといって、親子の者をすぐに返しました。

I immediately returned the parents because I could get good milk there.

そうしてその後でおそろしい噴火があって、山が崩れ、田も海も埋まったのは、この盲の大蛇の仕返しであったというのです(筑紫野民譚集)。

After that, there was a horrific eruption, and the mountains collapsed, and the rice fields and the sea were buried.

遠州の有玉郷では、天竜川の大蛇を母にして生れた子が、二つの玉を貰ってそれを持って出世をした話が、古くからあったようですが、眼を抜いたということは、そこではいわなかったと思います。

In Aritamago of Enshu, it seems that there was an old story about a child born of a big snake of the Tenryu River, who got two balls and succeeded with them. I think I didn't say there.

(遠江国風土記伝)

(Tourism of Tomi Country Culture)

 何にもせよ、目が一つしかないということは、不思議なもの、またおそるべきもののしるしでありました。

Whatever it was, having only one eye was a mysterious and terrifying sign.

奥州の方では、一つまなぐ、東京では一つ目小僧などといって、顔の真中に眼の一つあるお化けを、想像するようになったのもそのためですが、最初日本では、片目の鮒のように、二つある目の片方が潰れたもの、ことにわざわざ二つの目を、一つ目にした力のもとを、おそれもし、また貴みもしていたのであります。

That's why I came to imagine a ghost with one eye in the middle of the face, saying that one in Oshu, the one in the middle of Tokyo, the first kid in Tokyo, etc. Thus, one of the two eyes was crushed, especially the two eyes, the source of the power of the first eye, fearing and noble.

だから月輪兵部が、大蛇の眼を射貫いたという話なども、ことによると別に今一つ前の話があって、その後の勇士のしわざに、間違えてしまったのではないかと思います。

Therefore, I think that the story of the Moon Ring soldier who pierced through the eyes of the Orochi was another story, and I think that the hero after that had made a mistake.

 飛騨の萩原の町の諏訪神社では、又こういう伝説もあります。

There is also such a legend at Suwa Shrine in the town of Hagiwara in Hida.

今から三百年余り以前に、金森家の家臣佐藤六左衛門という強い武士がやって来て、主人の命令だから是非この社のある所に城を築くといって、御神体を隣りの村へ遷そうとした。

About three hundred years ago, a strong samurai named Rokuzaemon Sato, a veteran of the Kanamori family, came and said that he would build a castle at the site of this shrine because the owner ordered it, so let's move the shrine to the neighboring village. And

そうすると、神輿が重くなって少しも動かず、また一つの大きな青大将が、社の前にわだかまって、なんとしても退きません。

Then, the mikoshi becomes heavy and does not move at all, and one big blue general gets stuck in front of the shrine and cannot withdraw.

六左衛門この体を見て大いにいきどおり、梅の折り枝を手に持って、蛇をうってその左の目を傷つけたら、蛇は隠れ去り、神輿は事故なく動いて、御遷宮をすませました。

Rokuzaemon If you look at this body, you can hold a plum branch in your hand, hurt your left eye by hitting a snake, and the snake hides away. ..

ところがその城の工事のまだ終らぬうちに、大阪に戦が起って、六左衛門は出て行って討ち死をしたので、村の人たちも喜んで城の工事を止め、再びお社をもとの土地へ迎えました。

However, before the construction of the castle was over, a war broke out in Osaka, and Rokuzaemon went out and killed him, so the villagers were happy to stop the construction of the castle and start the company again. We reached the original land.