文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

日本の伝説:柳田國男(1235-1267)/2390

しかし実際はそれよりもなお以前から、やはりこれは大昔の話として、語り伝えていたものであったろうと思います。

However, in reality, even before that, I think this was something that was told as an ancient story.

行逢阪

Gyosaka

 境は、最初神々が御定めになったように、考えていた人が多かったのであります。

Many people were thinking about the boundary, as the gods originally set.

人はいつまでも境を争おうとしますが、神様には早く約束が出来ていて、そのしるしにはたいてい境の木、または大きな岩がありました。

People try to contend with each other forever, but God made promises quickly, and the signs were usually trees of boundaries or large rocks.

大和と伊勢の境にある高見山の周囲では、奈良の春日様と伊勢の大神宮様とが、御相談の上で国境をおきめなされたといっております。

It is said that Kasuga in Nara and Ojingu in Ise set up a border after consultation around Mt. Takami on the border of Yamato and Ise.

春日様は余り大和の領分が狭いので、いま少し、いま少しとのぞまれて果てしがない。

Kasuga's area is too small for Yamato, so it's endless and endless.

いっそのこと出逢い裁面として、境をつけ直そうということになりました。

Better yet, as an encounter, I decided to set the boundaries again.

裁面はさいめ、すなわち堺のことで、双方から進んで来て、出おうた所を境にしようというわけであります。

The face is Saime, that is, Sakai, and we are going to come from both sides and use the place where the song came out as the boundary.

そこで春日の神様は鹿に乗ってお立ちになる。

There, the god of Kasuga stands on a deer.

伊勢は必ず御神馬に乗って、かけて来られるに相違ないから、これはなんでもよほど早く出かけぬと負けるといって、夜の明けぬうちに出発なされました。

Ise must ride on a holy horse, and he must come and go, so he said that he would lose if he didn't go out so early, and was departed before dawn.

そのために却って春日様の方が早く伊勢領にはいって、宮前村のめずらし峠の上で、伊勢の神様とお出あいになりました。

For that reason, Kasuga went to Ise territory earlier and met with the god of Ise on the Mezashira Pass in Miyamae Village.

おお春日はん珍しいと声をおかけになった故に、めずらし峠という名前が出来ました。

The name "Mezashirashi Pass" was created because of the unusual voice of Kasuga.

ここを国境にしては余りに伊勢の分が狭くなるので、今度は大神宮様の方からお頼みがあり、笹舟を作って水に浮かべて、その舟のついた所を境にしようということになりました。

Since Ise will be too small for this border, I will ask Ogami Shrine to make a bamboo boat, float it on the water, and make it the border of the boat. became.

 その頃はまだこの辺は一面の水で、その水が静かで、笹舟は少しも流れません。

 At that time, the area was still full of water, the water was quiet, and the Sasafune didn't run at all.

それで伊勢の神様は一つの石を取って、これは男石といって水の中に投げこまれますと、舟はただようて今の舟戸村にとまり、水は高見の嶺を過ぎて大和の方へ少し流れました。

Then, the god of Ise took one stone and said it was a man's stone, and it was thrown into the water, but the boat just stopped in the current Funoto village, and the water passed the ridge of Takami and the Yamato direction. It flowed a little to.

それを見て伊勢の大神が、舟は舟戸、水は過ぎたにと仰せられたので、伊勢の側には舟戸村があり、大和の方には杉谷の村があります。

When I saw it, Ise Okami said that the boat was Funoto and the water had passed, so there is Funoto Village on the side of Ise, and Sugitani Village on the side of Yamato.

二村共に神様のお付けになった古い名だといっております。

Both of the two villages are said to be old names given by God.

その男石は今もめずらし峠の山中にあって、新道を通っても遠くからよく見えます。

The man's stone is still in the mountains of Mezashira Pass, and you can see it from a distance even if you take a new road.

村の家に子供の生れようとする者が、今でもこの石を目がけて小石を打ちつけて、生れる子が男か女かと占います。

Those who want to have children in the village house still hit the stones and hit the pebbles to tell whether the child is a man or a woman.

男が生れる時には、必ずその小石が男石に当るといっております。

When a man is born, it is said that the pebble hits the man's stone.

三十年ほど前までは、この男石の近くに、古い大きな榊の木が、神に祀られてありました。

Up to thirty years ago, a large old Sakaki tree was enshrined by God near this man stone.

伊勢の神様が神馬に乗り、榊の枝を鞭にしておいでになったのを、ちょっと地に※して置かれたものが、そのまま成長して大木になった。

The god of Ise rode a Shinba horse and used the branches of Sakaki as whips, but what was placed on the ground a little* grew into a big tree.

それ故に枝はことごとく下の方を向いて伸びているといいました。

Therefore, all the branches were said to extend downward.

この木をさかきというのも、逆木の意味で、ここが始まりであったと土地の人はいっております。

The people of the land say that this tree was said to be the beginning of this tree, meaning that it is a reverse tree.

(郷土研究二編。

(Two local studies.

三重県|飯南郡宮前村)

Mie Prefecture | Miyamae Village, Iinan District)

 大和と熊野との境においても、これと近い話が伝わっておるそうであります。

It seems that a story similar to this can be heard at the border between Yamato and Kumano.

春日様は、熊野の神様と約束をして、やはり肥前の松浦人と同じように、行き逢い裁面として領分境をきめようとせられました。

Kasuga made an appointment with the god of Kumano and, like the Matsuura people of Hizen, he was forced to set the boundaries of the territory as an encounter.

熊野は烏に乗って一飛びに飛んで来られるから、おそくなっては負けると思って、まだ夜の明けぬうちに春日様は、鹿に乗って急いでおでかけになると、熊野の神様の方では油断をして、まだ家の内に休んでおられました。

Kumano can fly on a crow, so I think I'll lose at a later date. So I was careless and was still resting inside my house.

約束通りにすると、軒の下まで大和の領分にしなければならぬのですが、それでは困るので無理に春日様に頼んで、熊野の烏の一飛び分だけ、地面を返してお貰いになりました。

If you do as promised, you will have to occupy Yamato's area under the eaves, but that's a problem, so I asked Kasuga to forcibly return the ground for one jump of the crow in Kumano. It was

それ故に、今でも奈良県は南の方へ広く、熊野は堺までがごく近いのだといいますのは、まるで兎と亀との昔話のようであります。

Therefore, it is as if it was an old story with rabbits and turtles that Nara prefecture is still wide in the south and Kumano is very close to Sakai.

 これとよく似たいい伝えが、また信州にもありました。

There was another good message in Shinshu that was very similar to this.

信州では、諏訪大明神が国堺を御きめなされるために、安曇郡を通って越後の強清水という所まで行かれますと、そこへ越後の弥彦権現がお出向きになって、ここまで信濃にはいられては、あまり越後が狭くなるから、いま少し上の方を堺にしようという御相談になり、白池という所までもどって堺を立てられました。

In Shinshu, Suwa Daimyojin goes to Kuni Sakai through Azumi-gun to go to Koshimizu in Echigo, where Yahiko Gongen in Echigo goes to Shinano Since I was told that Echigo would be too small, I was asked to go to Sakai with a slightly higher position, and I went back to Shiraike and set up Sakai.