文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

日本の伝説:柳田國男(1844-1875)/2390

国が全体にまだ年が若く、誰でも少年の如くいきいきとした感じをもって、天地万物を眺めていた時代が、かつて一度は諸君の間にばかり、続いていたこともありました。

There was a time when the whole country was still young, and everyone was looking at all things with a lively feeling like a boy, once only among you.

書物は廻り廻ってそれを今、再び諸君に語ろうとしているのであります。

The book goes around and tries to tell you about it again.

 もとは小さな人たちは絵入りの本を読むように、目にいろいろの物の姿を見ながら、古くからのいい伝えをきいたり思い出したりしていたのであります。

Originally, small people were like reading books with pictures, listening to various things in their eyes and listening to and remembering good old tales.

垣根の木に来る多くの小鳥は、その啼き声のいわれを説明せられている間、そこいらを飛びまわって話の興を添えました。

Many birds coming to the hedgerow trees fluttered around and added to the story while being explained about their whining.

路のほとりのさまざまの石仏なども、昔話を知っている子供等には、うなずくようにも又ほほえむようにも見えたのであります。

The various stone statues on the banks of the road seemed to be nodding and smiling at the children who knew old tales.

其中でも年をとってから後にその頃のことを考える者に、一番懐かしかったのは地蔵様でありました。

Among them, Jizo was the most nostalgic person to think about those days after he got older.

大きさが大抵は十一二の子供くらいで、顔は仏さまというよりも、人間の誰かに似ているので見覚えがありました。

The size is usually about twelve children, and I remember it because my face is more like a human than a Buddha.

そうしてまた多くの伝説の管理者だったのであります。

And so were many more legendary administrators.

 村毎に別の話、一つ一つの名前を持っていたのも、石地蔵に最も多かったようであります。

It seems that Ishijizo had the largest number of stories, each village having its own story.

こういう児童の永年の友だちが、いつの間にかいなくなりそうですから、ここには百年前の子供等に代って、書物に残っている三つ四つの話をしてみましょう。

These children's long-term friends are likely to disappear soon, so let's talk about the three or four stories left in the book instead of the children 100 years ago.

古くから有名であったのは、箭負い地蔵に身代り地蔵、信心をする者の身代りになって、後に見ると背中に敵の矢が立っていたなどという地蔵ですが、これはまだその人だけの不思議であります。

The Jizo that has been famous since ancient times is that it is a Jizo that takes the place of the Jizo, which takes the place of a god of faith, and later sees an enemy arrow standing on its back. Is mysterious.

土地に縁の深い地蔵様になると、特に頼まずとも村のために働いて下さるといって、むしろ意外な出来事があってから後に、拝みに来る者がかえって多くなるので、その中でも、ことに地蔵は、農業に対して同情が厚いということが、一同の感謝するところでありました。

If you become a Jizo who has a deep relationship with the land, you will work for the village without asking for it, and there will be more people coming to worship after a surprising event, so in particular, Jizo was all grateful that he has a lot of sympathy for agriculture.

足洗わずの地蔵というのは、時々百姓の姿になって、いそがしい日に手伝いに来て下さる。

Jizo without foot washing sometimes takes the form of a peasant and comes to help on busy days.

水引き地蔵は田の水の足りない時に、そっと溝を切ってこちらの田だけに水を引き、そのために隣りの村からうらまれるようなこともありましたが、それが地蔵の仕業だとわかると、怒る者はなくなって、ただ感心するばかりでありました。

When Mizuhiki Jizo was running out of water in the rice field, he gently cut the groove to draw water only in this rice field, which sometimes caused him to be upset by the neighboring village. No one was angry, and I was just impressed.

 鼻取地蔵というのもまた農民の同情者で、東日本では多くの村に祀っております。

Nastori Jizo is also a sympathy for farmers and is enshrined in many villages in eastern Japan.

私の今いる家から一番近いのは、上作延の延命寺の鼻取地蔵、荒れ馬をおとなしくさせるのが御誓願で、北は奥州南部の辺までも、音に聞えた地蔵でありました。

The closest thing to my current home is the vow to keep the wild horses calm in the Nasoji Jizo of Enmei-ji in Kamisaku-en, and the Jizo I heard in the sound even to the south of Oshu.

昔この村の田植えの日に、名主の家の馬が荒れて困っていると、見馴れぬ小僧さんがただ一人来て、その口を取ってくれたらすぐに静かになった。

On the day of rice planting in this village, when the horse of the owner's house was in trouble, I was suddenly quiet as soon as an unfamiliar kid came and took his mouth.

次ぎの日、寺の和尚がお経を読もうとして行って見ると、御像の足に泥がついている。

The next day, when Osho of the temple went to read the Sutra, he saw that the feet of the statue had mud.

それで昨日の小僧が地蔵様であったことが知れて、大評判になったということです。

Then, it was known that the little boy yesterday was Jizo-sama, and it became very popular.

(新編武蔵風土記稿。

(New article Musashi culture.

神奈川県|橘樹郡向丘村上作延)

Kanagawa | Sakunobu Kamikoga, Tachibana-gun

 ところがまた八王子の極楽寺という寺でも、これは地蔵ではないが、本尊の阿弥陀様を、鼻取|如来と呼んでおりました。

However, even in the temple called Gokurakuji Temple of Hachioji, this is not Jizo, but the main deity Amida was called Natori | Nyorai.

昔この近所にあった寺の田を、百姓がなまけて耕してくれぬので困っておると、これも小僧が現れて、馬の鼻をとって助けたといっております。

I was in trouble because the farmer didn't cultivate the rice fields in the temple that used to be in this neighborhood in the olden days, but a priest appeared and said he helped him by picking his horse's nose.

どういうわけでかこの阿弥陀如来は、唇が開き歯が見えて、ちょっと珍しい顔の仏様であるので、一名を歯ふき仏とも称えたそうであります。

For some reason, this Amida Nyorai is a Buddha who has a slightly unusual face with open lips and visible teeth, so he said that he also called him a toothpaste Buddha.

(同上。

(Same as above.

東京府八王子市|子安)

Hachioji City, Tokyo Prefecture | Koyasu)

 駿河の宇都谷峠の下にある地蔵尊は、聖徳太子の御作だというのに、これも鼻取地蔵という異名がありました。

Jizoson, located under the Utsugaya Pass in Suruga, was created by Prince Shotoku, but it was also known as Nastori Jizo.

かつて榛原郡の農家で牛の鼻とりをして手伝ってくれられたということで、願いごとのある者は、鎌を持って来て献納したというのは、農業がお好きだと思っていたからでありましょう。

I used to take a sickle and dedicate it to a farmer in Haibara-gun, who helped me with a snout of a cow. Let's

ある時はまた日光山のお寺の食責めの式へ出かけて、盛んに索麪を食べたといって、索麪地蔵という名前も持っておられたそうです。

At one point, he went out to the food-ceremony ceremony at the temple in Mt. Nikko and said he ate so much, and he had the name Sorai Jizo.

(駿国雑志。

(Surugoku magazine.

静岡県|安倍郡長田村宇都谷)

Shizuoka Prefecture|Utsuya, Tamura, Abe District)

 鼻取りというのは、六尺ばかりの棒であります。

 The snout is a stick of only six shaku.