文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

母の手毬歌:柳田國男(28-58)/1539

そのためでもあったろうか、ちょうどこの木綿糸を手毬に利用することが始まったころから、だんだんと手毬のあそびが変ってきた。

Perhaps because of that, the play of Temari has gradually changed since the beginning of using this cotton thread for Temari.

近いころの手毬はつくといって、板の間とか土の上とかに打ちつけて、はね揚ってくるのをまた打つという、いくらか間の早い遊戯になって、それを上手につづけてつくおもしろさがまた一段と加わってきたのである。

It's fun to keep playing Temari well in the near future, which is a rather quick game of hitting between boards or on the soil and hitting it again. Has been added again.

 浮世又平の浮世絵などを見ても、もうあの時代から女の子が膝を突いて、手毬をつくところが描いてあるが、これはそのころには、まだ珍らしい遊びだったのであろう。

Even if you look at Ukiyo-e of Ukiyo-e, you can see that a girl has been poking her knees and making a Temari since that time, but at that time, it was probably still a rare play.

麻の機糸の切れはしをつなぎ合わせて、手毬に巻いていたということは、何の本にも書いてないようだが、木綿糸の多くなる以前には、それをしなかったら手毬はないはずであり、またそれがあったゆえに、木綿糸の手毬も、だんだんに流行することになったものと思う。

It seems that no book says that hemp thread pieces were tied together and wrapped around a Temari, but before the number of cotton threads increased, there would be no Temari without it. It should be, and because of that, I think that the Temari of cotton thread has become more and more popular.

つまりは糸を巻く手毬は新らしいものではないけれども、それが木綿の糸にかわったために、きゅうに手毬というものは珍らしく、また女の子のあそびが以前にくらべて、ずっとおもしろいものになったことだけは争えないのである。

In other words, the Temari that winds the thread is not new, but because it has replaced the cotton thread, the Temari is rare, and the girl's play has become much more interesting than before. Only can't fight.

 これは『民謡覚書』という本の中に、くわしく書いておいたから、大きくなってから読んでごらんなさい。

This was written in detail in the book "Folk Song Memorandum", so please read it after you grow up.

われわれの持ち伝えている手毬歌のなかには、気をつけて見ると二通りの種類がある。

There are two types of Temari songs that we carry, if you look carefully.

その一つは、やや間の早いつき毬の歌で、

One of them is the song of Tsukimari, which is a little quick.

とんとん叩くは誰さんじゃ

Who is the one who hits

とか、または

Or

つくつくぼうしはなぜ泣くね

Why does Tsukutsukuboushi cry?

とかいうような、歌の言葉からもそれとわかるものがある。

There is something that can be understood from the words of the song.

今ひとつのほうは揚げ毬といって、空に向かって、二つまたは三つの手毬を投げあげて、手に受けてはまた揚げるという動作をくり返すあそびで、このほうは毬の高低によって、歌の節を長くも短かくもするのがまたおもしろく、これならば弾まぬ手毬でも遊ぶことができた。

The other one is called fried temari, which is a play that repeats the action of throwing two or three temari into the sky, receiving it in the hand, and fried again. This is a song depending on the height of the temari. It was also interesting to make the knots long and short, so I could play with a non-bounce Temari.

わたしなどの小さかったころには、もうこの二通りの遊び方はともに行なわれていたけれども、わたしの母などの楽しんで歌ったのは、主としてこの高く揚げるほうの手毬歌であった。

When I was little, these two ways of playing were already done together, but it was mainly this high-fried Temari song that my mother and others enjoyed singing.

三、母と手毬

Three, mother and Temari

 わたしの母は、今いきていると百六歳ほどになるのだが、もう五十年も前になくなってしまった。

My mother is about 106 years old now, but she disappeared fifty years ago.

男の子ばかりが八人もあって、それを育てるのに大へんな苦労をして、朝から夜までじっとしている時がないくらい、用の多いからだであったのに、おまけに人の世話をすることがすきで、よくたのまれては若い者に意見をしたり、家庭のごたごたの仲裁をしてみたり、とかくりくつめいた話が多く、どちらかというと女らしいところの少ない人であったが、それでいてふしぎに手毬だけを無上に愛していた。

There were only eight boys, and I had a lot of trouble raising them, and I had so much work to do that I didn't have to stay still from morning till night, but I also took care of people. I like to do things, and I often talk to young people, try to arbitrate in the mess of the family, and so on, and there are few people who are rather feminine. There was, yet, mysteriously, I loved only Temari.

うちには女の子はひとりもないのに、あまった木綿糸さえ見ればきっと自分で手毬をかがって、よその小娘にもやれば、またうちにも置いたので、わたしたちの玩具箱には、いつも二つも三つもごろごろしていた。

Even though we don't have any girls, if we look at the extra cotton thread, we'll surely squeeze ourselves, and if we do it for another little girl, we'll put it in our toy box, so in our toy box There were always two or three temari.

そうして、わたしたちがたまたまついて見たりしていると、そばへ寄ってきて正月でない時にも、自分で上手にあそんで見せてくれた。

Then, when we happened to see it, he came by and showed me well even when it wasn't New Year.

しかし母のはいつでも揚げ毬のほうであった。

But my mother was always fried.

そうして、その歌が村の女の子たちの歌っているのとは、大分にちがっていた。

Then, it was very different from the song sung by the girls in the village.

それをなんべんも聴いているうちに、わざは真似ることができなかったが、歌だけはわたしも大よそ覚えてしまったのである。

While listening to it all the time, I couldn't imitate it, but I remembered the song.

 明治の御代のなかごろに、大和田建樹さんという国文の先生が、日本全国の手毬歌を集めて、大きな本にして出されたことがある。

Around the middle of the Meiji era, a Japanese teacher named Tateki Owada collected Temari songs from all over Japan and published them as a big book.

その時にはもう母はいなかったのだが、わたしはこの書物を読んで見るたびに、母を思い出してなつかしかった。

I didn't have a mother anymore at that time, but every time I read and read this book, I remembered my mother and missed her.

そうしていつか一度は「母の手毬歌」というような文章を書いて見たいものと思っていた。

Then, one day I wanted to write a sentence like "Mother's Temari Song".

母がうたっていた手毬歌は三通りほどあったが、その中の二つ、

There were about three Temari songs that my mother sang, but two of them,

とのは丹波の助三さまよ……

This is Mr. Sukezo from Tanba ...

というのと、

I mean

寺へさしゃげて手習させて……

Let's go to the temple and learn ...

という歌とは、文句は少しずつかわっていても、日本の東にも西にもあった。

The song was in the east and west of Japan, even though the complaints changed little by little.

しかし、もう一つの「鎌倉の椿」というのだけは、その大和田氏の『歌謡類聚』の中にも、またほかの色々の本にも、そっくり同じというものがまだ出ていない。

However, the other "Tsubaki of Kamakura" is not exactly the same in Mr. Owada's "Kayokyokuju" and in various other books.